成功と失敗を分ける2つのマインドセット

let's share

マインドセットで、成果は大きく変わる。

あなたは、努力によって、

能力や資質を変えることが出来ると思っていますか?

 

もしも、これに対する答えが「No」であれば、

これ以降の内容を必ず読んでもらえればと思います。

 

というわけで、先日下記のツイートをしました。

マインドセットで、成果って大きく変わりますよね☺️

僕は努力をすることで、人間の能力や資質を変えることができると思っています。

しかし一方で、これとは逆の考えをする人たちもいます。

きっと、能力や資質を変えられないと思っている人たちには、そう思いたい理由があるんですよね。

 

本日は、このツイート文を深掘りして

  • 努力によって、能力や資質は変えることができるのか?
  • そのように考えられるようにするための方法とは?

という2つについて解説して行こうと思います。

成功と失敗を分ける2つのマインドセット

スタンフォード大学心理学教授

キャロル・ ドゥエックをご存知でしょうか?

 

彼は自身の著書である

『マインドセット「やればできる!」の研究』

で下記のように記しています。

人間の能力や資質は、努力によって変えることができる

マインドセット「やればできる!」の研究

結論を言うと、僕もキャロル・ ドゥエックと同意見です。

 

成功を分ける2つのマインドセット

キャロル・ ドゥエックは、「マインドセットには2種類ある」と言います。

  1. 硬直マインドセット
  2. しなやかマインドセット

 

⑴硬直マインドセット

「人間の能力や資質は、努力で変えることができない・・・」
というマインドセット

 

⑵しなやかマインドセット

「人間の能力や資質は、努力で変えることができる!」
というマインドセット

 

2つのマインドセットの特徴

これら2つのマインドセットの人たちには、それぞれ特徴があります。

 

⑴硬直マインドセット

  1. 失敗を恥と捉える
  2. 努力をしない
  3. チャレンジしない
  4. 成功しにくい

 

⑵しなやかマインドセット

  1. 失敗を成長と捉える
  2. 努力をする
  3. チャレンジする
  4. 成功しやすい

 

では、それぞれを詳しく解説して行こうと思います。

 

失敗は恥なのか

「硬直マインドセット」の人たちは、失敗に対してものすごく敏感です。

なぜなら、失敗すると他者からあバカにされると考えているからです。

 

つまり、「硬直マインドセット」の人たちは、承認欲求が強いと言えます。

いつも「誰にどう思われているか?」を気にして、それに怯えているのです。

 

そのため、積極的に何かにチャレンジすることが少ないと言えます。

なぜなら、「もしも失敗したら、それを誰かに笑われるかも・・・」と考えるからです。

ゆえに、「硬直マインドセット」は成功しにくい考え方と言えます。

 

失敗は成長の促進剤

しかし、「しなやかマインドセット」の人たちは、そのようには考えません。

「失敗は成長の促進剤」と考えており、何事にも積極的にチャレンジします。

 

だから、「硬直マインドセット」の人たちと比べると、成長スピードが半端じゃないわけです。

ゆえに、「しなやかマインドセット」は成功しやすい考え方だと言えます。

 

オータニは「しなやかマインドセット」

僕は、完全なる「しなやかマインドセット」の人間です。

よくこんなことを言う人っていませんか?

「成功するかしないかって結局、才能だよねぇ〜」

 

先ほどの話にもなりますが、

このような発言をする人たちの多くは、

チャレンジすることによって、恥をかきたくない人たちです。

つまり、やったこともないくせに、口だけ達者な人たちですね。

 

ブログとYouTubeを毎日更新する

僕は、毎日下記のタスクをこなしています。

  • Twitter
  • ブログ
  • YouTube

 

これらのことを毎日できるのも、

僕が「しなやかマインドセット」である証拠と言えますね。

 

仮に、僕が「硬直マインドセット」だったら、

「どうせ毎日ブログ記事を書いても、成功しないし〜」

と諦めて、毎日更新することはできていないでしょう。

 

環境も関係ない

僕は別に起業家の家に生まれたわけではないですし、

そのような人たちが、

すでに周りにいる環境でもありませんでした。

 

  • 「絶対に成功してやる!!!」と大学を中退して〜
  • mixi(当時流行っていたSNS)でMLM(ネットワークビジネス)と出会い〜
  • 自己啓発の営業マンをして〜
  • 起業して〜

という感じで、現在に至っているだけです。

 

「成功する」という決断をしてから、

ただやみくもに行動し続けただけなんですよね。

 

そういう意味において

「人間の能力や資質は、努力で変えることができない・・・」

という「硬直マインドセット」の意見には、全くもって賛成できません。

「しなやかマインドセット」になる

ここまでの内容をしっかり読んでいただければ、

「しなやかマインドセット」

に魅力を感じてもらえたのではないでしょうか?

 

しかし問題は

どのようにすれば「硬直マインドセット」から「しなやかマインドセット」になれるか?

ですよね。。。

 

その「目的」は?

その方法は、

「硬直マインドセット」を選択をしている目的を明確にする

という方法です。

 

これは、アドラー心理学の「目的論」という概念になります。

>>目的論についてはこちら

 

では多くの人たちが、「硬直マインドセット」というメガネをかけている目的とは一体なんなのでしょうか?

それは前述した通り、失敗することへの恐怖です。

 

なかなか起業しない人

たとえば、

会社を辞めて起業したいと思っているけど、

なかなか決断できない人がいます。

 

そのような人は大抵

「起業して、失敗して、
会社の人たちにバカにされたらどうしよう・・・」

という心配ばかりしています。

 

セルフモニタリング

このように、「硬直マインドセット」を選択している目的を考え、

自分のことを客観的に見つめることで、

「バカバカしい」と捉えることができるようになるのです。

 

たとえば、

先ほどの起業を例に取るのであれば、

「え!?俺って会社の人たちから、
バカにされることなんて気にしてたのかよ〜。
そんなことで夢を諦めるって馬鹿げてるなぁ〜」

といった感じですね。

 

まとめ

では、ここまでの内容をまとめると

  1. 「しなやかマイドセット」の方が成果を出しやすい
  2. 「しなやかマイドセット」になるためには?
  3. 「硬直マインドセット」を選択している目的を考える
  4. 「硬直マインドセット」を選択していることを
    バカバカしく感じることができる

  5. 「しなやかマイドセット」にチェンジ

という感じですね。

 

繰り返しにはなりますが、

人間は、努力によって能力や資質を変えることができます。

 

「しなやかマインドセット」を選択して、

ぜひ自分のやりたいことにチャレンジし、人生を謳歌しましょう!

 

参考図書

マインドセット「やればできる!」の研究
let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
個別指導型オータニ営業塾
Positive Life達成スクール
信頼獲得全集
営業職への転職はこちら