【ビジネス本】あなたの人生を変えるオススメ本5選

let's share

あなたには、人生を変えた本ってありますか?

 

もしも、まだそのような本と出会っていないのであれば、

この記事を最後まで読んでもらえればと思います。

 

サロン生からの要望

というわけで先日、

オンラインサロン生から下記のような要望をいただきました。

オータニさんがオススメするビジネス本を5つほど教えてもえますか?

普段、ブログやYouTubeを楽しませてもらっているのですが、正直、共感することばかりです。

私もオータニさんのような思考にちょっとでも近づければと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

嬉しい要望ありがとうございます。

 

そこで本日は、

オータニの人生を変えたビジネス本5選

を解説付きで紹介しようと思います。

 

あなたの人生を変えるオススメ本5選

もう早速、第1位から発表しちゃいますね?

 

第1位:嫌われる勇気

ぶっちぎりの1位ですね。

 

「嫌われる勇気」はアドラー心理学について書かれた本なのですが、

これはビジネス書というよりも、

 

「人生を幸福に生きるための辞書」と言えるでしょうね。

>>アドラー心理学をまとめた記事はこちら

【アドラー心理学】幸福になるための5つの基礎理論【勇気付け】

2019年12月10日

 

悩みが激減する

アドラー心理学では、

全ての悩みは対人関係の悩みである

と説いています。

 

われわれは、社会的な生き物である限り、

人との接触を避けることができないわけですが、

その中で生まれるのが悩みです。

 

たとえば

  • ウザすぎる上司・・・
  • いつも人の悪口しか言わない〇〇ちゃん・・・
  • もしかしたら、浮気をされているかもしれない・・・

などなど・・・

あなたも上記のようなことで悩んでいませんか?

 

では、これらの悩みから解放されるためには、一体どうですれば良いのでしょうか?

それは、アドラー心理学を学び実践することです。

 

対人関係の悩みから解放され、

自由で!幸福な!人生を生きるために必要な心理学・・・

それがアドラー心理学なのです。

 

第2位:小さな習慣

僕は毎日

  • Twitter
  • ブログ
  • YouTube

というタスクをこなしています。

 

もうこれを200日ほど連続でやっているのですが、

これは「小さな習慣」のおかげです。

モチベーション不要論

多くの人たちは、ある特定の行動を

モチベーションという燃料で行おうとします。

 

たとえば、

毎日3000文字のブログ記事を執筆する

という行動目標があった時に

「よし!今から記事を執筆するぞ!!!」

とやる気を高めることをします。

 

しかし、、、こんなことやっているから、

いつまで経っても習慣にならないんですよね・・・

 

なぜなら、モチベーションは上がったら、

必ず・・下がるものだからです。

 

つまり、

「昨日はできたけど、今日はできない・・・」

という事態が発生してしまうのです。

 

「小さな習慣」では、

モチベーションで行動するのではなく、

習慣化された行動を作る方法について

脳科学の視点から詳しく書かれています。

 

習慣化が苦手な方は、必ず読むようにしましょう。

 

第3位:影響力の武器

「影響力の武器」は、

営業・マーケティングの両方で役に立つ本なので、

営業マン・ビジネスマンは必ず購入するべきですね。

心理学の全てがまとまっている

「影響力の武器」を書いた

社会心理学者ロバート・チャルディーニは、

「人に影響を与える方法は、大きく分けると6つある」

と言います。

 

  1. 返報性の原理
  2. コミットメントと一貫性の原理
  3. 社会的証明
  4. 好意
  5. 権威
  6. 希少性

>>これら6つの心理法則について簡単に解説した記事はこちら

【影響力の武器】営業で使える6つの心理学

2019年12月11日

 

僕は仕事柄、

心理学や脳科学の本を読むことが多いのですが、

それらを読んでいると、あることに気付くんですよね・・・

 

それは、

結局、チャルディーニの提唱する
6つの心理法則のどれかに当てはまっている!

ということです。

 

つまり、「影響力の武器」は、

世の中にある心理法則を全て包括した最強の1冊と言えるのです。

 

繰り返しにはなりますが、

営業でもマーケティングでも使えるので、

お金に困りたくない方は、ぜひ一冊どうぞ。

 

基本的には、上記の「影響力の武器」だけで問題はありませんが、

より詳しく6つの心理法則を理解したいという方は

こちらも参考にしていただければと思います。

 

第4位:ファスト&スロー

僕は、行動経済学という概念をこの本で知りました。

>>行動経済学についてはこちらの記事をチェック

【行動経済学】をビジネスに応用する方法を解説

2019年8月9日

 

二重システム理論

人間の脳には、2つのシステムが備わっているとされています。

  • システム1:速い思考(自動システム)
  • システム2:遅い思考(熟考システム)

 

たとえば、

「1+1=?」と言われたら、

すぐに「2!」と答えることができると思います。

 

しかし、

「57×83=?」と言われたら、

すぐに答えを出すことができないですよね?

 

このように、人間にはある情報を処理するために

2種類のシステムを使っているといえます。

 

この「二重システム理論」から言えることは、

人間は「システム1」での処理を好むということです。

 

「システム2」での処理には、エネルギーを使うので、

脳はそれを好みません。

 

だから、なるべく「システム1」で処理できるように

こちらで工夫すれば、

他者から好意を獲得することができるようになるのです。

 

たとえば、専門用語を省いて、分かりやすい話し方をすれば

それだけで他者から好意を得ることができます。

 

このように、「ファスト&スロー」は、

人間の脳の構造を理解し

それに合わせて戦略や戦術を練ることができる

最強の本と言えるでしょう。

ファスト&スロー-上-
ファスト&スロー-下-

 

第5位:人を操る説得術

この本のすごいところは、

世の中にありふれているただのテクニックではなく、

人間の無意識にアプローチした

テクニックを7ステップで解説しているところです。

 

著者が最強

この本の著者はニック・コレンダという

マインドリーディング(読心術)のスペシャリストです。

 

人の心を読んだり、

こちらの望む方向へ相手を自然と誘導したり〜

メンタリストDaiGoさんみたいな感じですね。

 

多くの人たちは、

言葉で相手を説得しようとしますが、

言葉での説得って、

実は、そこまで効果がなかったりします。

 

では、どのようにすれば、

相手をこちらの望む方向に

コントロールすることができるのでしょうか?

 

そんな方法を学びたい方にオススメなのがこの1冊です。

人を操る説得術
let's share
科学の営業塾
科学のビジネスサロン
個別指導型オータニ営業塾
Positive Life達成スクール
信頼獲得全集
営業職への転職はこちら