【近況報告】TikTokを再開することを誓います【サボってました】

let's share

TikTokを再開することになりました。

理由は、後ほど解説しますね。

 

オータニのTikTokは今こんな感じ

  • 開始日:2019/11/22(1ヶ月くらい動画を更新していない)
  • 2020/01/08現在のフォロワー:1152
  • 2020/01/08現在の動画総数:25

投稿をサボっても、フォロワーだけ増えている状態です。

 

というわけで先日、下記のツイートをしました。

本日の積み上げ
✅ブログ1本(3300文字)
✅動画1本(13分)
✅TikTok×2本
今年はTikTokに時間をぶん投げますか☺️
まだどうなるか分からないけど、とりあえずYouTubeを伸ばすためにやれるだけのことはやります。
📺買ってよかったわ。

 

本日はこのツイート文を深掘りして

今後どのようにTikTokを活用していくのか?

というところを解説していこうと思います。

 

TikTokを再開することを誓います

繰り返しにはなりますが、2020/01/08よりTikTokを再開します。

これ以降では、その理由を解説しますね。

 

理由①:YouTubeのチャンネル登録を増やす

実は、これが一番の理由です。

YouTuberとしてご飯が食べられるようにするためには、

YouTubeへのアクセスを増やさないとダメですからね。

 

TikTokのユーザーをYouTubeに取り込もうと考えています。

TikTokのユーザー数は多いので、かなり激アツです。

 

ちなみに、

YouTubeに取り込むための、現在のフローはこんな感じになります。

  • Twitter・ブログ
  • YouTube

ここに、TikTokを入れていく感じですね。

 

もちろん、Twitterやブログの手を緩めることはしません。

これらをコツコツ継続しつつ、TikTokも取り入れていく感じですね。

 

理由②:時間が節約できたから

新年に入って、YouTubeの撮影スタイルを大幅に変更しました。

 

テレビにスライドを映して、動画を撮影するというものです。

その結果、編集時間を60分近くもカットすることに成功。

>>編集時間をカットしたい方はこちら

【ビジネス系】YouTubeの毎日投稿は労力を最小限にすることが大切

2020年1月6日

 

正直このおかげもあり、かなり暇になることができました。

そんな中、「何か新しいことをしよう!」と考えていた時に

「そういえばTikTokやってたなぁ〜」という感じで再開することにしたのです。

理由③:コンテンツの作成に時間がかからない

先日さっそく1本の動画を作成したのですが、かかった時間は10分ほどでした。

というのも、YouTube用に作成された動画から、

大切なところだけを抜き出して作っているだけだからです。

 

しかも、TikTokってアップできる動画の時間が1分なんですよね。

ということは、YouTube用に作った動画から、

大切な1分を抜き出すという作業だけなんですよね。

 

YouTubeの動画

 

TikTokの動画

@sales.youtuber頭の回転を速くするための方法について♬ オリジナル楽曲 – セールスについて呟くチャンネル@オータニ

そして、最後の方に「続きはYouTubeから」みたいなテロップを入れるだけです。

 

理由④もったいない

いうて、1ヶ月間は全力でTikTokをやっていたので、

ちょっともったいないという感情もありました。

 

最初のうちは「炎上マーケティング」を使って

身を粉にしてフォロワーを増やしていたので、なおそのように感じたわけです。

>>炎上マーケティングでフォロワーを増やした方法はこちら

【悲報】炎上マーケティングにチャレンジしたら終わった件【もうヤメます】

2019年11月30日

 

理由⑤:わりと資産性あり

動画を1ヶ月くらい更新していなかったのですが、

フォロワーはどんどん増え続けていたんですよね。

 

そう言う意味では、

TikTokって資産としてみることもできそうですよね。

 

アルゴリズムがどうなっているのかは分かりませんが、

フォロワーが増えているということは

更新頻度が多少落ちても、視聴してもらえる仕組みであることには間違いなさそうです。

 

2020年はTikTokに全力を尽くす

2020年からは、TikTokの毎日投稿をコミットメントします。

ここからは、情報発信をする上で大切なことを解説しますね。

 

とにかくコツコツ積み上げる

Twitter・ブログ・YouTubeなんでもそうなのですが、

長い目で見て、コツコツ積み上げていきましょう。

 

Twitter民などを見ていると、

成果を出す人たちの多くは1年は継続しています。

なので、焦らずコツコツ積み上げですね。

 

もちろん、改善を意識する

ただコツコツ積み上げるだけでは成果を出すことはできません。

マッチョになりたい人が、ランニングし続けても筋肉はつかないですよね?

それと一緒です。

だから、常に数字を見つつ、改善していくのが大切になります。

 

アンチコメントを見ない

コツコツ積み上げるコツとして、

「アンチコメントを見ない!」というのは

すごく大切な戦略だと考えています。

 

というのも、

アンチコメントを見ると、

多少なりともテンション下がるからです。

 

このように、

モチベーションが下がってしまうと、

行動やパフォーマンスに悪影響を与えることがありますので、

なるべくコメント欄を見ないようにするべきですね。

 

しかも、わりとTikTokってユーザーの質が悪かったりするので、

コメント欄を見てみるとほぼ100%アンチがいます。

 

僕調べではありますが、

どんなに質の高い動画を出しているクリエイターにも

最低1名はアンチがいますね。

 

まぁでもそれくらいのレベルしかアンチがいないのであれば、

ミュートしちゃえばいいので問題ないですが。

 

2020年は大きな変化を起こす

というわけで本日はこれくらいにしようと思います。

 

もしも、TikTokについてより理解を深めたいという方は

下記の記事たちもチェックしてみてください。

【TikTok】ビジネスで参入するのはアリ?ナシ?【最近始めました】

2019年11月24日

【悲報】炎上マーケティングにチャレンジしたら終わった件【もうヤメます】

2019年11月30日

 

いちおう参考図書も紹介しておきますね。

TikTok最強のSNSは中国から生まれる
let's share
有料サービス