【厳選】営業職のメリット・デメリット|ベスト5

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

“お悩みくん”

営業にチャレンジしてみたいけど、ちょっと不安だなぁ〜

営業って辛いし、そろそろ辞めたいなぁ…

 

このような不安や悩みを抱えていませんか?

本日は、これらの不安・悩みを解決するために、

僕の6年の営業キャリアをもとに、

  • 営業職のメリット:ベスト5
  • 営業職のデメリット:ベスト5

をそれぞれ解説して行こうと思います。

 

大谷の実績

  • MLM時代:年収600万円達成
  • 自己啓発の営業マン時代:最高売上280万円を達成
  • 起業家のプロデュース時代:最高売上320万円を達成
  • ブロガー・YouTuber時代(現在):YouTubeライブにて1000名以上にアドバイス

 

営業職のメリット|ベスト5

下記の5つについてそれぞれ解説していきますね。

  1. メンタルが鍛えられる
  2. 会話力が鍛えられる
  3. 心理学を学ぶきっかけになった
  4. 達成感がある
  5. 頑張った分だけ報酬がもらえる

 

①:メンタルが鍛えられる

僕は営業を6年ほど経験してきましたが、メンタルがかなり鍛えられました。

もう少し具体的にお話しすると、

  • 人から嫌われることが平気になった
  • 色々なことにチャレンジできるようになった

という感じですね。

 

だから、Twitter・ブログ・YouTubeにもチャレンジすることができるようになりましたし、それによるアンチなどにも全く凹むことがなくなりました。

なので、もしも将来、

  • フリーランスになりたい!
  • 起業したい!

という方は、営業を経験してみるのもアリなのではないかと思います。

 

②:会話力が鍛えられる

営業職ほど、人と会話をしなければならない仕事はないかと思います。

人と会話をしているうちに、感覚で会話力が高まったり、

そうじゃないにしても、営業で成果をあげるために、心理学などを学ぶことで、会話力が高まります。

だから、営業活動をしているだけで、会話力は上達すると言ってもいいでしょう。

  1. 営業職に就く
  2. 感覚・論理で会話の仕方を学ぶ
  3. 会話力が鍛えられる

 

ちなみに、会話力は、営業だけではなく交友・恋愛などにも応用することができるので、人生の幸福感を高めることにもつながります。

アドラー心理学では、「全ての幸福の源泉は対人関係の中にある」と説いています。

気になる方はチェックしてみてください。

 

③:心理学を学ぶきっかけになった

これは、僕だけでしょうか?

きっと、営業力を高めたいと思う方は、最終的に心理学を勉強すると思うのですが。

 

営業って、人間を扱う仕事なので、分からないことだらけなんですよね。

時には理不尽なことも起こるわけです。

 

そこで、僕が手をつけたのが心理学でした。

そして、心理学を学ぶことで、「人間の構造」をある程度、理解できるようになりました。

すると、営業マンとしてこちらがとるべきアクションが、どんどん具体的になって行ったんですよね。

簡単なところで言うと下記のような感じです。

  • 自分のことについて話をすると、人間の脳は快楽になる(人間の構造)
  • 質問をする(具体的なアクション)

もちろん、心理学は、営業でも使えますし、交友・恋愛でも、応用可能なスキルになります。

>>営業で使える心理学についてはこちらをチェック

 

④:達成感がある

営業は辛い面もありますが、達成感が半端ないですね。

言い方は悪いですが、他の仕事って、「上から言われたことをただやる」といった受動的な作業であることが多いのですが、

営業に関しては、「自分で考えて、自分で行動する!」といった能動的な仕事になります。

 

そのため、成果が出た時の達成感が半端ではありません。

1日の中で大きな気づきがあったりする仕事は、営業職の特権ですね。

さらに、営業ではある一定の成果が出ると、「さらに頑張るぞ!」さらに上を目指す中毒性もあったりするので、充実感もありますよね。

 

⑤:頑張った分だけ報酬がもらえる

これは、フルコミッション営業に限りですね。

僕は自己啓発の営業を2年間していたのですが、マックス収入は140万円でしたね。

(売上280万円の半分が、コミッションでした)

普段でも、毎月50~100万円は稼いでいたのですが、当時24才でこれだけの報酬がもらえるのは最強ですよね。

 

つまり、フルコミッション営業は夢のある仕事といえるでしょう。

ちなみに、これは僕の知人の話ですが、28才で年収3000万円の外資系保険の営業マンもいたりします。

最強ですよね。

 

営業職のデメリット|ベスト5

下記の5つについてそれぞれ解説していきますね。

  1. メンタルが折れる
  2. 毎日、大変
  3. 人と関わらなければならない
  4. 売上のプレッシャーがある
  5. 売れなかったら報酬なし

 

①:メンタルが折れる

営業には、メンタルが鍛えられるというメリットも存在しますが、

それまでは、メンタルが折れることが多々あります。

というのも、営業とは、拒絶されることが多い仕事だからです。

 

だから、これに耐えることができない人は、営業職をドンドン辞めていきますよね。

ただ、安心してもらいたいのは、営業はいつかは慣れます

 

なぜなら、人間は、同じ刺激を何度も受け続けていると、その刺激に慣れるようにできているからです。

僕は、何度も拒絶という刺激を受け続けることで、最初は辛かったかけど、徐々にその刺激に慣れていきました。

 

その刺激に慣れることができれば、あとは勝ちですね。

なぜなら、訪問回数を増やすことができるようになるからです。

営業で成果を挙げるためには、多く拒絶されて、拒絶されることに慣れて、訪問回数を増やすことだといえるでしょう。

 

②:毎日、大変

これは、営業の種類によってもまた違ってくるのですが、

僕の例でいうと、

  • アポどり(SNS、交流会、紹介など)
  • 営業(1日5名)
  • フォロー
  • 勉強(読書・コンサル)
  • 会議

などですね。

これもフルコミッション営業の話にはなりますが、1日が過ぎるのがとにかく早かったですね。

なぜなら、毎日忙しいからです。

 

まぁ上手くタイムマネジメントできれば、そこまで忙しくなることもありませんが、

営業始めたての時は、覚えることも多々ありますので、ほぼ時間がないと思っておいた方がいいかと思います。

 

③:人と関わらなければならない

これは、「自分が好きでもない人と」ということです。

やっぱり顧客の中には、自分と合わない人もいるわけですよ。

そのため、そのような人と商談・フォローをしている時は、大変ですよね。

 

その他にも、1日複数の商談をしていると、顧客が合う合わないに関わらず

脳の資源や感情など、様々なものを投資しなければならないので、めちゃめちゃ疲れますね。

 

現在の僕は、少数の好きな人としかつるんでいないのですが、正直、営業をやっていた時と比べ物にならないくらいハッピーです。

それは、初対面の人に会って気を遣ったりする必要が一切ないからですね。

人と関わるのは非常に大切なことですが、毎日毎日、多くの人と会い続けることは逆にストレスになったりするということですね。

 

④:売上のプレッシャーがある

これは、上司などによるプレッシャーですね。

  • 「今月はどれくらいいけそうだ?」
  • 「やる気はあるのか!」
  • 「もう辞めてしまえ!」

など、クソ上司から様々なプレッシャーを受けるんですよね。

逆に、そのような上司からのプレッシャーがない職場は最高ですね。

 

今回の記事とは関係ないのですが、この記事を読んでいるクソ上司に一言あります。

それは、そんなことやっても営業マンの成果は上がりません。

 

なぜかというと、動機付けが外発的なものになるからです。

人間は、動機が外からのものになると、長期的なモチベーションが下がるんですよね。

つまり、「売上をあげるぞ!」という内発的動機が「上司に怒られないようにするために…」となった瞬間に終わるということですね。

 

営業マン個人の内発的動機に委ねて、援助を求められた時に、応援してあげるのが上司の役割ですよ?

>>自分のことを「クソ上司」だと思う人はこれを読むんだ

 

⑤:売れなかったら報酬なし

これは、フルコミッション営業にいえることですね。

フルコミッションということで、売れなければ、もちろん報酬はなしです。

 

しかし、安心してもらいたいのが、最初の1年間くらいは、研修期間として固定給が入ることがありますので、

その1年間で営業力を身に付けて、フルコミッションでの報酬がもらえるように頑張れば良いわけです。

 

ちなみに、僕の自己啓発の会社はガチガチのフルコミッションで、

固定給がゼロの代わりに、フルコミッション報酬がめちゃめちゃ高いという感じでしたね。

だから、最初の3ヶ月間は報酬がゼロでした。笑

 

まとめ

以上、本日は、

営業職のメリット・デメリット|ベスト5

についてお伝えしてきました。

 

営業職のメリット|ベスト5

  1. メンタルが鍛えられる
  2. 会話力が鍛えられる
  3. 心理学を学ぶきっかけになった
  4. 達成感がある
  5. 頑張った分だけ報酬がもらえる

 

営業職のデメリット|ベスト5

  1. メンタルが折れる
  2. 毎日、大変
  3. 人と関わらなければならない
  4. 売上のプレッシャーがある
  5. 売れなかったら報酬なし

 

  • 営業に不安を抱えている人
  • 営業を辞めよかと思っている人

に届けば幸いです。

let's share
有料サービス