YouTubeトーク力を高める5つの方法【←登録者1万人までにやったこと】

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

“お悩みくん”
YouTubeにチャレンジしてみたけど、なかなか上手く話せない…

こんな悩みを抱えてはいませんか?

 

実は、人前で話した経験が豊富なオータニでも、YouTubeのトークにはかなり苦戦しました。

というのも、「人前で話すスキル」「カメラの前で話すスキル」は全く別物だからです。

(分かる人には分かると思います)

 

しかし、今ではチャンネル登録者1万人を達成し、視聴者からは嬉しい言葉をたくさんいただけるようになりました。

  • 分かりやすいです!
  • ためになります!
  • オータニさんみたいになりたいです!

 

というわけで、本日は、

本日のテーマオータニ直伝YouTubeトーク力を高める5つの方法

というテーマで、ブログ記事を書いていこうと思います。

 

YouTubeトーク力を高める5つの方法

YouTubeトーク力を高める方法は下記の5つです。

  1. トークが下手だと認める
  2. スモールアウトプット
  3. 台本を作る
  4. フレームワークを意識する
  5. 毎日更新する

それぞれ具体的に解説していきますね。

 

①トークが下手だと認める

これは、マインド面の話なのですが、あなたにひとつ質問があります。

トーク力に変な自信を持っていませんか?

これは、今まで人前で話した経験が豊富であればあるほど「はい」と答える質問なのではないでしょうか。

(オータニは、自信満々でした。。。)

 

「現状」と「理想」のギャップ

しかし、結論からいうと、そのような自信はすぐに捨てるべきですね。

なぜなら、「理想」と「現状」のギャップに苦しむことになるからです。

 

これは、オータニも陥った現象なのですが、

「上手く喋れるだろう!」と高を括ってYouTubeにチャレンジしたのですが、結果は惨敗でした。

たった5分の動画コンテンツを作成するのに、30分もかけてしまいました。

正直、心が折れましたね。

 

トークは下手に決まっている

しかし、これはそもそも論なのですが、我々のトークは下手に決まっているんですよね。

なぜなら、カメラの前でトークをした経験なんてないからです。

つまり、やったことがないのに、練習もせず上手くできると考えるなんて、虫が良すぎるんですよね。

 

結論

「上手く喋れなくてOKだから、とりあえず練習し〜よおっと!」という気楽な感じで撮影するようにしましょう!

 

②スモールアウトプット

スモール・アウトプットとは、本番前の練習のことです。

ここで、あなたにひとつ質問があります。

撮影前に、トークの練習していますか?

 

きっと、多くの人はしていないでしょう。

なぜなら、面倒臭いからです。

 

本番前の練習は当たり前

しかし、撮影前にトークの練習は必ずやるべきです。

なぜなら、これは言うまでもないのですが、練習してからの方が上手くトークできる可能性が高くなるからです。

たとえば、スポーツ選手は運動前に必ずウォーミングアップをしますが、これと全く一緒だと考えてもらってOKです。

 

オータニのスモール・アウトプット

  • スライド作成
  • ブログ執筆
  • モゴモゴ言う

 

スライド

いつも動画などで使っているスライドのことです。

ブログ執筆

オータニは、「スライド作成→ブログ執筆→動画撮影」という順番で仕事をしています。

モゴモゴ言う

ブログを執筆し終わったら、独り言のようにモゴモゴトークの練習をしています。

 

このように、撮影前には必ず練習を行っているので、オータニの動画は基本的に「無編集&一発撮り」です。

 

結論

撮影前には、スモール・アウトプットをしよう!

 

③台本を作る

台本とは、先ほど紹介した「スライド」をさします。

この台本はめちゃめちゃ大切です。

なぜなら、トークの流れをスムーズにできるからです。

つまり、トークの最中に迷子になることが少なくなるのです。

 

たとえば、お笑い芸人さんの漫才やコントを考えてみてください。

あれは、本番前に予めしっかりとした台本が作成されているから、スムーズにトークを進めることができているんですよね。

 

台本をみながらでもOK

オータニの場合は、台本をみながらトークを進めています。

別の言い方をするのであれば、カンニングペーパーがある感じです。

だから、ほとんど迷子になることなく、目的地に到着することができています。

 

方法としては、オータニのようにテレビを使うのもアリですし、ヌーボードを使うのもアリです。

トークに全く自信がない人は、ぜひ台本をみながらトークをしてみてください。

 

結論

台本を作ってから撮影に挑もう!

(台本をみながらでもOK。)

 

④フレームワークを意識する

ここでは、先ほど触れた台本作りで意識するべきことについて触れます。

フレームワークとは、簡単に言うと、「話す順番」のことです。

フレームワークを意識することで、さらに流れるトークを作り出すことができるようになります。

 

PRREP法

オータニが採用しているフレームワークは「PREP法」です。

これは、下記の順番で話すというフレームワークになります。

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 結論

>>PREP法の詳しい内容はこちらの動画をチェック

 

実際のスライドをみてみる

たとえば、先ほど③で解説したフライドをちょっとみてみましょう。

他の動画もぜひチェックしてみてください。

動画の多くはこのような順番になっているかと思います。

 

結論

フレームワークを意識して台本を作ろう!

 

⑤毎日更新をする

先ほど紹介した①〜④を意識して、毎日更新をしましょう。

そして、さらにもうひとつ言いたいことがあります。

それは、毎日更新しないとトーク力は上がらないということです。

 

毎日の行動がスキルを高める

なぜなら、ある特定のスキルを高めるには、それなりの練習が必要だからです。

たとえば、野球のイチロー選手は、毎朝すぶりををしていたというのは有名な話ですよね?

 

あと、オータニの例でいうのであれば、YouTubeトーク力ももちろんのことですが、

毎日ブログ記事を執筆し続けた結果、素早くブラインドタッチができるようになりました。

 

毎日更新じゃなくてもOKだけど…

もちろん、毎日更新じゃなくても大丈夫ですが、それだとそれなりの速度でしかYouTubeトーク力が高められないということは理解しておいてください。

サッカーで言うと、

毎日練習をしているプレーヤーと、週に2回しか練習しないプレーヤーでは、どちらの方が上達スピードは早いでしょうか?

明らかに、前者ですよね。

トーク力を高めるのであれば毎日更新からスタート!

 

まとめ

本日は

本日のまとめオータニ直伝YouTubeトーク力を高める5つの方法

というテーマでブログ記事を執筆しました。

 

まとめると、下記の5つの方法ですね。

  1. トークが下手だと認める
  2. スモールアウトプット
  3. 台本を作る
  4. フレームワークを意識する
  5. 毎日更新する

 

少しでもYouTubeを始めたての人たちの力になればと思い執筆しました。

ぜひ、これら5つの方法を実践していただければと思います。

 

オススメ図書

let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。