無料のオンラインサロンはこちら

【仕事術】集中力を高める3つの方法【←生産性を高めよう】

 

“お悩みくん”
目の前のタスクに集中したいけど、なかなか集中できない…

こんな悩みをお持ちではありませんか?

 

集中力が低いと、ある大切なものを失ってしまうことにつながります。

それは、「時間」です。

 

「時間」は人間みな平等に与えられているものであり、これをどうコントロールするかで、人生の質が大きく変わってきます。

それゆえ、集中力を高めることはものすごく大切なことであると言えますね。

 

オータニの集中力

自分で言うのもなんですが、オータニは非常に集中力が高いです。

というのも、オータニは毎日下記のタスクをこなしています。

  • サブチャンネル×1
  • Instagram×1
  • TikTok×1
  • ブログ×1
  • メインチャンネル×1

 

さて、これらのタスクをこなし切るのに、どれくらいの時間がかかっていると思いますか?

答えは、3〜4時間です。

めちゃめちゃ早いですよね?

 

これは、別にオータニが頭が良いとかそういったお話ではありません。

あくまでも、集中力の問題なのです。

 

では、どのようにして、オータニは集中力を高めているのでしょうか?

というわけで、本日は

本日のテーマ集中力を高めるための3つのギミック(仕掛け)

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

【仕事術】集中力を高める3つのコツ

では、早速内容に入っていきましょう。

集中力を高めるための3つのギミックはこちらになります。

  1. マルチタスクをやめる
  2. 誘惑物を排除する
  3. ルーティン化する

それぞれ詳しく解説していきますね。

 

①マルチタスクをやめる

マルチタスクとは、複数の作業を同時に行うことです。

たとえば

  • 音楽を聴きながらブログを執筆する
  • パソコンをしながら人の話を聞く
  • 音楽を聴きながら読書をする

などですね。

 

われわれはマルチタスクができない

マサチューセッツ工科大学の研究の結果、「マルチタスクはただの勘違い」ということが分かりました。

 

「勘違い」とはどういうことかというと、脳の中でシングルタスク(モノタスク)を高速で行っているということです。

たとえば、音楽を聴きながらブログを執筆しているのであれば、

ブログ⇄音楽

という感じで何度も行き来しているということです。

 

マルチタスクは集中力を低下させる

ミシガン州立大学の研究の結果、マルチタスクは集中力を低下させるということが分かりました。

実験の内容としては、

被験者が作業をしている最中に、携帯のポップアップが表示されるのですが、これによりどれくらい集中力が低下したのかを調べたのです。

 

すると、下記の結果となりました。

  • 2.8秒作業が中断されると作業速度は半分まで低下
  • 4.4秒作業が中断されると作業速度は1/3まで低下
  • 作業速度が元に戻るまで25分もかかる

 

このように、一度何かに注意が逸れてしまうと、タスクへの集中力が低下してしまうのです。

 

結論

マルチタスクはせずに、ひとつのタスクに集中するようにしましょう!

 

②誘惑物を排除する

誘惑物とは、

たとえば

  • スマホ
  • ゲーム機
  • テレビ
  • おもちゃ

などですね。

 

これらの誘惑物は、集中力を低下させる原因となります。

なぜなら、誘惑物が目に見えたり聞こえたりすると、そちらに注意が逸れてしまうからです。

 

補足説明

誘惑物が見えたり、聞こえたりすると、脳からドーパミンという脳内ホルモンが分泌され、それに注意が逸れてしまうのです

 

ブログ執筆とLINEの通知

たとえば、ブログの執筆中に、スマホからLINEの通知が、見えたり・聞こえたりしたとします。

すると、LINEの内容が気になってしまいますよね?

結果、LINEの方に注意が完全に逸れて、集中力が低下してしまうのです。

 

オータニはこうしている

①自宅で仕事をしない

なぜなら、自宅には基本的に誘惑物が多いからです。

たとえば、その日に届いた本や布団などがあります。

つまり、自宅は誘惑物の宝庫なわけですよ。

だから、もしも部屋を分けることができるのであれば、自宅で仕事をするのもアリです。

②スマホの電源は切る

ブログを執筆している時は特に、スマホの電源を切るようにしています。

なぜなら、前述しましたが、LINEや電話が来たら、そっちに注意が逸れてしまうからです。

③スマホはバックにしまう

テキサス大学の研究では、デジタルデバイスが視野に入っただけで、集中力が低下するということが分かっています。

 

被験者を2つのグループに分けました。

  1. 電源を切ったスマホをテーブルに置いたグループ
  2. スマホを視界から遠ざけたグループ

 

その結果、①の集中力は平均して50%低下していたのです。

この実験の面白いところは、電源を切った携帯でも、集中力が低下するというところです。

 

結論

誘惑物は目に見えないところへ!

 

③ルーティン化する

ルーティン化とは、意思決定がゼロの行動にするということです。

 

たとえば、オータニのルーティンで解説しますね。

  • 起床したら
  • サブチャンネル
  • ガストに到着したら
  • チキンサラダのLサイズを注文
  • 朝食が終わったら
  • スライドを作成

 

オータニは毎日、これらの行動を意思決定することなく、行っています。

「よし!〇〇するぞ!」がゼロなのです。

ゾンビのように行動することができているんですよね。

 

集中力と意思決定の関係

それは、意思決定をすると、集中力の資源である「意志力」が減少するという関係があります。

>>意志力の詳しい内容はこちら

【意志力(ウィルパワー)】自己コントロール力を高める秘訣を公開

 

どういうことかを、図を使って説明すると下記のような感じです。

理解 判断 集中 意思決定 計算

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

意志力

 

つまり、無駄な意思決定をしまくっていると、集中力に必要な資源である意志力が浪費されてしまうのです。

 

図でまとめるとこんな感じです。

  1. ルーティン化
  2. 意思決定を減らす
  3. 意志力を節約
  4. 集中力に使える

 

ルーティン化の方法

ルーティン化の方法について詳しく知りたい方は、こちらのブログ・動画をチェックしてもらえればと思います。

 

>>【習慣化のコツ】ブログを280日連続更新できる理由【←if thenプランニング】

【if thenプランニング】目標達成率3倍の秘訣とは

 

結論

意志力を節約して集中力を高めましょう!

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ集中力を高めるための3つのギミック

というテーマでブログを執筆してきました。

 

3つのギミックはこちらになります。

  1. マルチタスクをやめる
  2. 誘惑物を排除する
  3. ルーティン化する

これらのギミックを日々の生活に組み込むことで、

時間を作り出し、人生を最大化させることができるようになります。

ぜひ、何度もチェックして、日々の生活に活かしてもらえればと思います。

 

参考図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。