【メル・ロビンスの5秒ルール】やる気を高め人生を変えるコツ

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

“お悩みくん”
  • 行動したいけど、行動できない…
  • やめたいけど、やめられない…

こんな悩みを抱えていませんか?

そんな時は、5秒ルールというメソッドを使うことをオススメします。

 

5秒ルールとは、とにかく5カウントで行動するというシンプルなメソッドになります。

これは元弁護士であり、テレビ司会者であるメル・ロビンス氏が提唱したメソッドになります。

 

TEDでのトーク

 

早起きを習慣化させる

たとえば、早起きをしたいのであれば、目が覚めた瞬間、「5・4・3・2・1」で飛び起きるのです。

この5秒ルールを実践することで、それいこう目覚めてスヌーズボタンを押すことはなくなるでしょう。

 

というわけで、本日は、

本日のテーマ

  • 5秒ルールとは
  • 5秒ルールが最強である理由
  • 5秒ルールを実践する具体的な方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

5秒ルールが人生を変えることができる理由

5秒ルール

「5・4・3・2・1」と数えてから、行動するというメソッド

※人生のあらゆる場面で応用することが可能

 

では、なぜ「5秒ルール」には、人生を変える力があるのでしょうか?

それは、行動することで、「やる気」が生まれるからです。

  1. 行動
  2. やる気

 

これは一貫性の原理によるもので、人間は行動と一致した態度を取るようになります。

 

歌うから、楽しくなる

世界的心理学者のベンジャミン・フランクリンは、この現象を下記のように表現しています。

楽しいから歌うのではない。

歌うから楽しい気分になるのだ。

 

分かりやすくまとめると、下記のような感じですね。

  1. 歌う(行動)
  2. 楽しい(態度)

 

このように、人間は行動とは矛盾しない態度を取るようになるわけです。

 

脳がブレーキをかける

人間の脳は、何か新しいことをすると、無意識のうちにその行動にブレーキをかけようとします。

これは、恒常性維持機能(ホメオタシス)によるもので、人間は本能的に「新しいこと=危険」と判断してしまうんですよね。

つまり、現状維持を選択してしまうわけです。

 

ランニングが習慣化できない理由

たとえば、ランニングを習慣化させたいと思っているとします。

 

すると、脳は無意識のうちに行動しないための言い訳を探し始めます。

  • 今日は仕事をいつもより頑張ったし、ランニグはしなくてもいいか…
  • 昨日は1キロも走ったし、今日は走らなくてもいいか…

 

だから、多くの人たちはランニングを習慣化させることができないわけですね。

 

つまり、まとめるとこんな感じです。

  1. 脳が反応する(ホメオタシス)
  2. 心が言い訳をする
  3. 行動しない

 

もちろん、このことは「ブログ・筋トレ・早起き」などにも同じようなことが言えます。

 

ブレーキがかかる前に行動する

前述した通り、我々の脳は、新しいことに対してブレーキをかけようとします。

 

では、どうすればこのブレーキから逃れることができるのでしょうか?

その方法こそが「5秒ルール」なのです。

 

なぜなら、「5秒ルール」によって、脳にブレーキがかかる前に行動することができるからです。

脳が言い訳をする前に、5カウントで行動することで、やる気を高めることができるのです。

 

オータニも5秒ルールで人生を変えた

ここまでの内容で、「5秒ルール」が持つ力については理解してもらえたのではないでしょうか?

 

しかし、まだ実際にどのように使えばいいのか分からない方もいらっしゃると思いますので、

これ以降では、実際にオータニがどのように「5秒ルール」を使っているのかを解説します。

 

①ブログ・YouTubeを毎日更新できるように

現時点でオータニは、ブログ・YouTubeを300日連続更新できているわけですが、これは「5秒ルール」のおかげと言えるでしょう。

 

オータニは、ブログやYouTubeなどのコンテンツを作る作業があまり好きではないのですが、

やる気が起きない時は、「5・4・3・2・1」と数えて、作業に取りかかるようにしています。

 

作業興奮

人間の脳は面白いもので、

一度手をつけ始めると、脳の側坐核という部分が活性化され、やる気を高めるドーパミンという脳内ホルモンが分泌されます。

その結果、作業に集中できるようになるんですよね。

 

つまり、一度手をつけてしまえば、あとは自然と集中するようになるということです。

 

②感情的にならなくなった

感情的になってしまったがゆえに、大切な仲間を失ってしまった…なんて経験はないでしょうか?

オータニにもそのような経験がちょこちょこあります。

 

「怒り」という感情は、人と人とを離反させる感情と言えでしょう。

理性の力をもって、冷静に問題解決することが大切ですよね。

 

しかし、そうは分かってはいるものの、ついつい感情的になってしまうこともあるかと思います。

そんな時は、「5秒ルール」です。

ちょっと「ムカっ!」としたら、「5・4・3・2・1」とカウントするのです。

すると、その瞬間、理性的になることができるのです。

 

「怒り」について

こんな話をすると、「怒りはコントロールできないもので不可抗力なんです!」と怒鳴り散らす人がいるのですが、

それについて、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

【アドラー心理学】幸福になるための5つの基礎理論【勇気付け】

2019年12月10日

 

③早起きできるように

つい2年ほど前までは、オータニの起床時間は昼の12時でした。

というのも、朝早く起きようとしても、すぐに携帯のスヌーズボタンを押して、二度寝しまうんですよね。

この気持ち分かりますよね?

 

しかし、そんな時にもやはり「5秒ルール」は役に立ちます。

目が覚めたら「5・4・3・2・1」とカウントするだけ。

すると、すぐに起床できるようになるのです。

 

アラームは、ベットに設置しない

これは、早起きをする上でかなり効果的な方法になります。

というのも、携帯のスヌーズを簡単に押せなくなるからです。

 

なので、携帯を台所などの手に届かないところにおいておくのがオススメです。

すると、アラームがなった後、それを止めるために起床するようになります。

 

二度寝をすると、生産性が低下する

科学者による最近の研究によると、

スヌーズボタンを押して二度寝をすると、脳の機能と生産性に悪影響を及ぼし、その影響は4時間にもおよぶことがあるそうです。

 

二度寝をした後に、起床しても頭がボーッとしてしまいますよね?

二度寝にはこのようなリスクがあるので、目が覚めたら「5秒ルール」でしっかり起床するようにしましょう。

 

④夜食をやめることが

オータニは12時を過ぎてから近くのコンビニに行き、おにぎりやパンを買って帰るのが習慣になっていました。

そのおかげで、3キロほど太ったんですよね。

 

しかし、このような悪習慣をやめるうえでも「5秒ルール」は役に立ちます。

夜食を食べたいと思ったら、「5・4・3・2・1」でやめるのです。

 

というよりも、オータニの場合は5カウントで別の作業をするようにしていました。

たとえば、読書ですね。

すると、夜食から注意が逸れるし、勉強もできるし一石二鳥って感じです。

 

⑤先延ばしがなくなった

引っ越し当初、家賃や水道代、光熱費などの支払いが遅れることが多々ありました。

その度に、携帯に「お支払いはまだでしょうか?」と取り立ての電話が来たり、支払いが遅れることにより、利子を支払うことになっていました。

 

しかし、そんな時も「5秒ルール」が活躍します。

月末になったら携帯カレンダーから通知が来ますので、

それを確認したら「5・4・3・2・1」とカウントし、家賃や水道代、光熱費などを全て支払うのです。

 

「5秒ルール」のおかげで、それいこう無駄な電話に出る必要がなくなり、無駄なお金を支払う必要もなくなりました。

 

まとめ

本日は、

  • 5秒ルールとは
  • 5秒ルールが最強である理由
  • 5秒ルールを実践する具体的な方法

というテーマでブログを執筆してきました。

 

5秒のカウントをして行動するというシンプルなことですが、たったこれだけのことで、あなたの人生は180度変わること間違いなしです。

オータニの例が「5秒ルール」で変わった例を5つ紹介しましたが、それを見てもらえたら一撃で分かりますよね?

ぜひあなたの人生にも「5秒ルール」を取り入れてもらえればと思います。

 

参考図書

let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。