ポモドーロ・テクニックとは|集中力を最大化させる仕事術

作業に集中できない…

こんな悩みを抱えていませんか?

「よし!仕事をするぞ!」と張り切っていても、ついダラダラ仕事をしてしまうことってありますよね。

しかし、「ポモドーロ・テクニック」を使うことで、その悩みは全て解決します。

ポモドーロ・テクニックは、誰でも簡単に使える最強のメソッドなので、ぜひ今後のワークライフに使っていきましょう。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. ポモドーロ・テクニックとは
  2. ポモドーロ・テクニックはなぜ最強なのか
  3. ポモドーロ・テクニックのルール
  4. ポモドーロ・テクニックを効果的に使うポイント

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

\\大富豪の仕事術//

ポモドーロ・テクニックとは

ポモドーロ・テクニック

25分の集中と5分の休憩を交互に繰り返すメソッド

「25分+5分」を1セットとして、これを「1ポモドーロ」と表記する

ポモドーロ・テクニックの由来

ポモドーロ・テクニックは、1992年に起業家であるフランチェスコ・シリロにより提唱された仕事術になります。

「ポモドーロ」は、イタリア語で「トマト」という意味があり、シリロが愛用していた「トマト型のキッチンターマー」が由来です。

\\どんな仕事も「25分+5分」で結果が出る ポモドーロ・テクニック入門//

ポモドーロ・テクニックの具体例

ではいくつか具体例を見ていきましょう。

例1:ブログの執筆

ブログ執筆の手順
  1. 「FOCUS」というMacBook専用のアプリを起動
  2. アラームが鳴るまで、25分間ひたすらブログを書き続ける
  3. アラームが鳴ったら、途中でもストップして5分間の休憩をとる
  4. 5分間の休憩が終わったら、25分間またブログを書き続ける

>>「FOCUS」〜MacBook専用アプリ〜

例2:読書(学術書)

読書の手順
  1. 「ポモドーロ-作業25分に焦点を当てる-」というスマホアプリを起動
  2. アラームが鳴るまで、25分間ひたすら読書
  3. アラームが鳴ったら、途中でもストップして5分間の休憩をとる
  4. 5分間の休憩が終わったら、25分間また読書

>>「ポモドーロ-作業25分に焦点を当てる-」〜スマホアプリ〜

ポモドーロ・テクニックはなぜ最強なのか

ポモドーロ・テクニック
  1. 締め切り効果
  2. ツァイガルニク効果

理由1.締め切り効果

締め切り効果

期限を決めることで集中力が最大化されるという心理効果

例:夏休みの宿題

たとえば、「夏休みの宿題」が想像しやすいと思いますが、期限が決められていなければ、いつまで経ってもやらないですよね?

あくまでも、締め切りがあるから、集中して取り組むことができるわけです。

例:ポモドーロ・テクニック

「25分間」という締め切りがあることにより、目の前のタスクへの注意力・集中力が最大化されるのです。

理由2.ツァイガルニク効果

例:いいところで終わるドラマ

ドラマって基本モヤモヤした感覚を残して終わりますよね?

これにより視聴者を「続きが気になる!!!」と思わせ、継続的にドラマを視聴してもらうことができるようになるのです。

他にも、テレビ番組の途中でCMが入るのも、全く同じですね。

誰でも一度は、番組の途中でCMが入り「早く続きをみせろよ!」と荒ぶれたことがあるのではないでしょうか?

例:ポモドーロ・テクニック

ポモドーロ・テクニックのルールの1つに、「25分間の集中が終わったら、強制的に作業をストップさせる」というものがあります。

理由としては、人は作業を途中で中断されることで「続きがやりたい!」と感じるようになるからです。

つまり、25分間の作業が途中で終わったことにより、次の25分間の集中力が最大化されやすくなるわけです。

ポモドーロ・テクニックの3つのルール

3つのルール
  1. 25分が経過したら、作業を中断する
  2. ポモドーロは中断できない
  3. 4回のポモドーロごとに15〜30分の休憩を取る

ルール1:25分が経過したら作業を中断する

ポイントは、キリの悪いところでも、作業を中断させることです。

前述した「ツァイガルニク効果」の影響を使うことができるからです

すると、ツァイガルニク効果により、次の作業への集中力が高まりますので、最初は気持ち悪いと思いますが、意識してみてください。

ルール2:ポモドーロは中断できない

25分間の作業を始めたら、途中で中断することはできません。

もちろん、他のタスクに注意を向けることもNGです。

ポモドーロを中断させる要因は大きく分けると2つ存在します。

ポモドーロを中断させる2つの要因
  • 内的中断
  • 外的中断

内的中断

  • 別件の仕事を思い出してどちらの作業に向かう
  • 返信し忘れたメールがあるのでメールの返信をする
  • キリがいいところで終わったから、残り5分あるけど中断する

>>解決策

内的中断は、「意志力(ウィルパワー)」を鍛えることで改善されます。

外的中断

  • 上司からの電話が来る
  • LINEの通知が鳴る
  • 周りから話しかけられる

>>解決策

外的中断は、予めそういった環境を設計することで解決します。

たとえば、オータニの場合は、LINEは非通知にしていますし、ビジネス仲間にも急な電話はしないようにお願いしています。

このように、外的中断は自分でコントロールすることができますので、ぜひ意識してみてください。

ルール3:4回のポモドーロごとに15〜30分の休憩を取る

「25分+5分」×4が終わったら、15〜30分の休憩を取るようにしましょう。

なぜなら、何セットもポモドーロを行うと、単純に疲れてくるからです。

休憩中にはコレ!

休憩中には、瞑想をやるのがオススメです。

というのも、瞑想には、集中力の源である意志力(ウィルパワー)を回復させる力があるからです。

なので、休憩で意志力(ウィルパワー)を回復させ、それを次のポモドーロに使うことができるようになります。

もしも、瞑想のやり方などについて詳しく知りたい方は、『瞑想の効果とやり方|脳疲労を改善する瞑想法とは』を参考にしてください。

瞑想の効果とやり方|脳疲労を改善する瞑想法とは

動画にしました

ポモドーロ・テクニックを効果的に使う2つのポイント

2つのポイント
  1. 5分の休憩は「想起」の時間にする
  2. ポモドーロで生産性を高める

ポイント1. 5分の休憩は「想起」の時間にする

想起

思い出そうとすること

想起→記憶強化

たとえば、何かを思い出そうとすることってありますよね?

そんな時に、すぐにググって調べてしまうと、記憶強化の機会を奪ってしまうことになります。

しかし、「あれ〜なんだっけ〜…」と頭の中で検索することで、記憶に強く刻まれるようになるのです。

なので、どうしてもわからなければ、ググって調べるのはOKですが、15〜30秒くらいは脳内検索するようにしましょう。

例:ブログの内容を想起する

オータニの場合、前回のポモドーロ(25分の作業)で執筆したブログの内容を想起するようにしています。

これが意外と思い出せないんですよね。。。なので、めちゃめちゃ頭を使うことになります。

「ブログを執筆する」という形でアウトプットし、「想起する」という形でもアウトプットすることで、かなり記憶に強化されるようになります。

もしも、記憶強化にふさわしい勉強法について詳しく知りたい方は、記憶力が悪いのはやり方に問題があった!?科学的に正しい勉強とはを参考にしてください。

記憶力が悪いのはやり方に問題があった!?科学的に正しい勉強とは

ポイント2.ポモドーロで生産性を高める

あるタスクが、どれくらいのポモドーロで達成することができたか?を記録するようにしましょう。

なぜなら、この作業により、ポモドーロ数を減らし、人生を最大化することができるようになるからです。

成果:ポモドーロを減らすことができた

現在オータニがブログを1記事書くために必要なポモドーロはです。

実は、最初は6〜7くらいだったのですが、

「もっと短いポモドーロで達成するためには、どうすればいいのか?」と考えることで、そのための戦略を立てた結果、ポモドーロを減らすことに成功したのです。

「6→4」ということは1時間近くも節約できているわけです。

例:記事のテンプレートを作った

ブログのポモドーロを減らした戦略をちょこっとお伝えすると、「記事のテンプレート」を作りました。

記事のテンプレート
  1. 定義
  2. 具体例
  3. 実験内容
  4. 理由
  5. 〇〇に活用する方法

このようなテンプレートを作ったことにより、書くべき内容が視覚化され、ブログ記事をスムーズに執筆できるようになりました。

まとめ:ポモドーロ・テクニック

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. ポモドーロ・テクニックとは
  2. ポモドーロ・テクニックはなぜ最強なのか
  3. ポモドーロ・テクニックのルール
  4. ポモドーロ・テクニックを効果的に使うポイント

というテーマでブログを執筆しました。

ポモドーロ・テクニックは、誰でも!簡単に!使えるメソッドなので、ぜひあなたのワークライフに導入するようにしましょう。

もしも、その他の仕事術について知りたい方は、下記の記事なども参考にしてもらえればと思います。

シェア嬉しい!

➡︎オータニに質問する
➡︎オータニに質問する