【AIDMA(アイドマ)の法則】マーケティングに活用する方法を解説

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

AIDMA(アイドマ)の法則とは、消費者が商品を購入するまでのプロセスのことです。

 

AIDMA(アイドマ)モデル

AIDMA(アイドマ)モデル
認知段階 A:Attention(注意)
感情段階 I:Interest(興味・関心)
D:Desire(欲求)
M:Motive(動機)
行動段階 A:Action(行動)

 

AIDMA(アイドマ)の法則を意識することで、消費者に対して取るべき行動が具体的になり、スムーズに売上をUPすることができるようになります。

 

こんな人は読むべき

  • 見込み顧客を集客をしたい!
  • アフィリエイトで稼ぎたい!

 

本日のテーマ

  1. AIDMA(アイドマ)の法則とは
  2. AIDMA(アイドマ)の法則の具体例

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

AIDMA(アイドマ)の法則とは

AIDMA(アイドマ)の法則
AIDMA(アイドマ)モデル
認知段階 A:Attention(注意)
感情段階 I:Interest(興味・関心)
D:Desire(欲求)
M:Motive(動機)
行動段階 A:Action(行動)

これら5つの頭文字を取って「AIDMA」と名付けられました。

 

AIDMA(アイドマ)の法則の提唱者

1920年代に、アメリカのサミュエル・ローランド・ホールにより提唱されました。

 

AIDMA(アイドマ)の法則を具体的に解説する

ではここからは、AIDMA(アイドマ)の法則のそれぞれのプロセスをより具体的に解説していきます。

 

AIDMA(アイドマ)の法則を具体的にした図

AIDMA(アイドマ)のプロセス
プロセス A(注意) I(興味) D(欲求) M(動機) A(行動)
顧客の状態 知らない 興味がない 欲しくない 動機がない 買う機会がない
行動 認知 問題 未来 根拠 購入機会の提供

 

Attention(注意)

A(注意)→I(興味)→D(欲求)→M(動機)→A(行動)

 

消費者に商品を購入してもらうためには、まず「知ってもらう」ということが大切になります。

そのために、下記のような戦略を取ることが多いですね。

  • SNSを強化する
  • 広告をうつ
  • 口コミをしてもらう
  • チラシをまく

 

接触回数を増やす

接触回数を増やすことで、消費者に好意を感じてもらうことができるようになります。

これを「ザイアンス効果」といいます。

 

たとえば、パーソナルトレーニング業界でいうと「RIZAP」が有名ですよね。

最初あのCMを見た時は「なんじゃこれ?」と疑問をもった方もいると思うのですが、いつしかわれわれの心を掴み、そのような懐疑心はなくなりました。

これは、「ザイアンス効果」による影響が大きいと言えるでしょう。

ザイアンス効果の具体的な解説はこちら

 

オータニの場合

オータニの場合は、下記のような形で認知を拡大しています。

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • ブログ(SEOがメイン)
  • YouTube

 

昨今では、YouTubeなどを使った動画マーケティングが流行ってきていますが、動画は必ずやるようにしましょう。

なぜなら、動画で情報を発信することで、消費者に判断してもらう材料が増えるからです。

 

たとえば、発信者の「表情・声・ボディーランゲージ」などですね。

このような、「非言語コミュニケーション」は消費者に好印象を持ってもらううえで非常に大切なので、積極的に行うようにしましょう。

メラビアンの法則についてはこちら

 

Interest(興味)

A(注意)→I(興味)→D(欲求)→M(動機)→A(行動)

 

認知してもらった後は、消費者に興味を持ってもらうようにしましょう。

その方法は下記の2つです。

  1. ターゲットを明確にする
  2. 問題提起

 

①ターゲットを明確にする

あなたの販売する商品のターゲットを明確にしましょう。

たとえば、ダイエット食品を販売しているのであれば、

「痩せたい人」

ですよね?

 

もっとターゲットを狭めてもいいですね。

なぜなら、あまりにもターゲットが広すぎてしまうと、消費者の欲求にガッツリ刺さらなくなる可能性があるので。

たとえば、

「今まで数々のダイエットにチャレンジしてきたけど、ことごとく失敗してきた女性」

みたいな感じで。

 

②問題提起

問題提起をすることで、消費者の興味を一気に引きつけることができます。

問題提起とは、「〜な悩みはありませんか?」「〜と思ったことはありませんか?」という感じで、想定される消費者の問題を提示することです。

 

たとえば、ダイエット食品を販売しているのであれば、

「ダイエットはしたいけど、運動するのは面倒くさい…」と思ったことはありませんか?

みたいな感じですね。

 

このように、消費者に「あるある!」と思わせる問題を提示することで、一気に興味を持たせることができるようになるのです。

問題提起が上手くなりたい方は「PASONA(パソナ)の法則」をチェック

 

Desire(欲求)

A(注意)→I(興味)→D(欲求)→M(動機)→A(行動)

興味を持ってもらったら、消費者の欲求を最大化させましょう。

 

しかし、どのようにすれば欲求を最大化させることができるのでしょうか?

その方法は、「未来を見せること」です。

 

たとえば、ダイエット食品を例に出すと

Aという商品を使うことで、自宅にいながらでも、健康的に体重を落とすことができます!

そのため、今までダイエットに挫折してきた方でも、心配することはありません!

みたいな感じですね。

 

このように、「商品を手にした後の未来の姿」を想像させることで、よりコンバージョン(成約率)を高めることができるのです。

 

Motive(動機)

A(注意)→I(興味)→D(欲求)→M(動機)→A(行動)

 

消費者はここまでのプロセスで「欲しい!」と思っても、「今すぐ買いたい!」とはなっていないので、それを後押しするようにしましょう。

その方法としては、「権威・希少性・保証」です。

 

たとえば、

  1. あの〇〇さんも使っている〜(権威)
  2. ハーバード大学の研究によると〜(権威)
  3. 限定100個の〜(希少性)
  4. 12月31日まで限定で〜希少性)
  5. 全額返金保証(保証)

という感じですね。

このように、動機付けをすることで「今すぐ購入しよう!」と感じてもらうことができるようになるのです。

 

Action(行動)

A(注意)→I(興味)→D(欲求)→M(動機)→A(行動)

 

ここで意識するべきことは2つです。

  1. 購入の仕方を具体的にする
  2. 購入へのストレスを与えない

 

①購入の仕方を具体的にする

動機付けが完了したら、すぐに購入できる状態にしておく必要があります。

たとえば、「購入はこちら」というボタンを設置しておくなど。

メルマガや公式LINEの登録であれば、「無料PDFのお受け取りはこちら」みたいな感じですね。

 

②購入へのストレスを与えない

「購入へのストレス」とは、「決済が面倒…」という問題です。

たとえば、

  • 別のページに飛ばされる機会が多い
  • 入力事項が極端に多い

たったこれだけのことが離脱に繋がってしまうのです。

なので、決済面はかなり整えておく必要がありますね。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. AIDMA(アイドマ)の法則とは
  2. AIDMA(アイドマ)の法則の具体例

というテーマでブログを執筆しました。

 

AIDMA(アイドマ)の法則のまとめ

AIDMA(アイドマ)モデル
AIDMA(アイドマ)モデル
認知段階 A:Attention(注意)
感情段階 I:Interest(興味・関心)
D:Desire(欲求)
M:Motive(動機)
行動段階 A:Action(行動)

 

AIDMA(アイドマ)の法則を具体的にした図
AIDMA(アイドマ)のプロセス
プロセス A(注意) I(興味) D(欲求) M(動機) A(行動)
顧客の状態 知らない 興味がない 欲しくない 動機がない 買う機会がない
行動 認知 問題 未来 根拠 購入機会の提供

 

オススメ記事

AIDMA(アイドマ)の法則と同様に、消費者行動のプロセスとして使われている

  • AISAS(アイサス)の法則
  • PASONA(パソナ)の法則

について詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしていただければと思います。

【AISAS(アイサス)の法則】マーケティングに活用する方法を解説

2020年5月4日

【PASONA(パソナ)の法則】人の行動を操るフレームワーク

2019年5月23日
let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。