無料のオンラインサロンはこちら

【AISAS(アイサス)の法則】マーケティングに活用する方法を解説

 

AISAS(アイサス)の法則とは、消費者が商品を購入するまでのプロセスのことです。

 

AISAS(アイサス)モデル

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

AISAS(アイサス)の法則を意識することで、消費者に対して取るべき行動が具体的になり、スムーズに売上をUPすることができるようになります。

 

こんな人は読むべき

  • 見込み顧客を集客をしたい!
  • アフィリエイトで稼ぎたい!

 

本日のテーマ

  1. AISAS(アイサス)の法則とは
  2. AISAS(アイサス)の法則の具体例

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

AISAS(アイサス)の法則とは

AISAS(アイサス)の法則
  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

これら5つの頭文字を取って「AISAS」と名付けられました。

 

AISAS(アイサス)の法則の提唱者

1995年に電通により提唱されました。

 

AIDMA(アイドマ)の法則との違い

AIDMA(アイドマ)の法則AISAS(アイサス)の法則と同様に消費者行動のプロセスなのですが、

AISAS(アイサス)の法則は、電通が、よりネット社会に適応した形に修正を加えた法則になります。

今や「SNSをやっていない…」なんて人ほとんどいませんよね?

そんな時代に適応した法則になります。

【AIDMA(アイドマ)の法則】マーケティングに活用する方法を解説

 

AISAS(アイサス)の法則を具体的に解説する

ではここからは、AISAS(アイサス)の法則のそれぞれのプロセスをより具体的に解説していきます。

 

AISAS(アイサス)モデル

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

Attention(注意)

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

消費者に商品を購入してもらうためには、まず「知ってもらう」ということが大切になります。

そのために、下記のような戦略を取ることが多いですね。

  • SNSを強化する
  • 広告をうつ
  • 口コミをしてもらう
  • チラシをまく

 

接触回数を増やす

接触回数を増やすことで、消費者に好意を感じてもらうことができるようになります。

これを「ザイアンス効果」といいます。

 

たとえば、パーソナルトレーニング業界でいうと「RIZAP」が有名ですよね。

最初あのCMを見た時は「なんじゃこれ?」と疑問をもった方もいると思うのですが、いつしかわれわれの心を掴み、そのような懐疑心はなくなりました。

これは、「ザイアンス効果」による影響が大きいと言えるでしょう。

ザイアンス効果の具体的な解説はこちら

 

オータニの場合

オータニの場合は、下記のような形で認知を拡大しています。

  • Twitter
  • Instagram
  • TikTok
  • ブログ(SEOがメイン)
  • YouTube

 

昨今では、YouTubeなどを使った動画マーケティングが流行ってきていますが、動画は必ずやるようにしましょう。

なぜなら、動画で情報を発信することで、消費者に判断してもらう材料が増えるからです。

 

たとえば、発信者の「表情・声・ボディーランゲージ」などですね。

このような、「非言語コミュニケーション」は消費者に好印象を持ってもらううえで非常に大切なので、積極的に行うようにしましょう。

メラビアンの法則についてはこちら

 

Interest(興味)

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 


認知してもらった後は、消費者に興味を持ってもらうようにしましょう。

その方法は下記の2つです。

  1. ターゲットを明確にする
  2. 問題提起

 

①ターゲットを明確にする

あなたの販売する商品のターゲットを明確にしましょう。

たとえば、ダイエット食品を販売しているのであれば、

「痩せたい人」

ですよね?

 

もっとターゲットを狭めてもいいですね。

なぜなら、あまりにもターゲットが広すぎてしまうと、消費者の欲求にガッツリ刺さらなくなる可能性があるので。

たとえば、

「今まで数々のダイエットにチャレンジしてきたけど、ことごとく失敗してきた女性」

みたいな感じで。

 

②問題提起

問題提起をすることで、消費者の興味を一気に引きつけることができます。

問題提起とは、「〜な悩みはありませんか?」「〜と思ったことはありませんか?」という感じで、想定される消費者の問題を提示することです。

 

たとえば、ダイエット食品を販売しているのであれば、

「ダイエットはしたいけど、運動するのは面倒くさい…」と思ったことはありませんか?

みたいな感じですね。

 

このように、消費者に「あるある!」と思わせる問題を提示することで、一気に興味を持たせることができるようになるのです。

問題提起が上手くなりたい方は「PASONA(パソナ)の法則」をチェック

 

Search(検索)

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

消費者は興味を持った対象の情報を集めようとします。

たとえば、

  • Google検索
  • Yahoo!検索
  • YouTube検索
  • Amazon・楽天
  • 食べログ
  • 価格.com(一番安いお買い物ができるサイトを紹介してくれる)

などでですね。

 

実績

ここでのポイントは、ホームページ内に下記のことを記載しておくことです。

これら2つの要素によって、消費者は商品・会社を信頼し、コンバージョン(成約率)を高めることができるようになるのです。

 

動画

これは前述しましたが、必ず動画をやるようにしましょう。

たとえば、あなたがブログしかやっていないのであれば、消費者は「文字・写真・ライティング」による評価しかできませんが、

動画だったら、発信者の「表情・声・ボディーランゲージ」などの非言語コミュニケーションなども評価することができるからです。

 

メラビアンの法則によると、人は「好き・嫌い」の9割を「非言語コミュニケーション」で評価しているということが分かっています。

つまり、ブログやSNSなどの文字・写真ベースでは伝えられない情報を動画によって伝えることができるのです。

だから、「対談動画」などは激アツですね。

 

Action(行動)

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

ここで意識するべきことは2つです。

  1. 購入の仕方を具体的にする
  2. 購入へのストレスを与えない

 

①購入の仕方を具体的にする

動機付けが完了したら、すぐに購入できる状態にしておく必要があります。

たとえば、「購入はこちら」というボタンを設置しておくなど。

メルマガや公式LINEの登録であれば、「無料PDFのお受け取りはこちら」みたいな感じですね。

 

②購入へのストレスを与えない

「購入へのストレス」とは、「決済が面倒…」という問題です。

たとえば、

  • 別のページに飛ばされる機会が多い
  • 入力事項が極端に多い

たったこれだけのことが離脱に繋がってしまうのです。

なので、決済面はかなり整えておく必要がありますね。

 

Share(共有)

  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

購入してもらって終わりではなく、商品を使ってみた感想をシェアしてもらうようにしましょう。

なので、シェアしてもらう仕組みを作っておくことが大切になります。

 

たとえば、

  • 商品レビューを書いてもらう
  • お客さま実績・感想をSNSで拡散してもらう
  • 友人を紹介してもらう

などですね。

 

このように、拡散をしてもらうことで、「〇〇ちゃんがやってるなら、私もよろ〜」という友人が現れたり、

直接的な友人ではなかったとしても、SNS上の同じ境遇の人たちがそれに触発されて、お店に足を運ぶなんてこともあります。

 

つまり、このように共有してもらうことで、さらにAttention(注意)を強化することができるようになるのです。

さらに、直接的な友人からの紹介であれば、「ウィンザー効果」により、コンバージョンも一気に高まります。

 

まとめ

本日は

  1. AISAS(アイサス)の法則とは
  2. AISAS(アイサス)の法則の具体例

というテーマでブログを執筆しました。

 

AISAS(アイサス)の法則のまとめ

AISAS(アイサス)モデル
  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

 

オススメ記事

AISAS(アイサス)の法則と同様に、消費者行動のプロセスとして使われている

  • AIDMA(アイドマ)の法則
  • PASONA(パソナ)の法則

について詳しく知りたい方は、下記の記事をチェックしていただければと思います。

【AIDMA(アイドマ)の法則】マーケティングに活用する方法を解説

【PASONA(パソナ)の法則】人の行動を操るフレームワーク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。