【DESC(デスク)法】承諾率を高めるフレームワーク

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

DESC(デスク)法とは、承諾率を高めるトークの型(フレークワーク)のことです。

  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

これら4つの頭文字を取って「DESC(デスク)法」と呼ばれています。

この順番でトークをすることで、承諾率を高めることができるようになるのです。

もちろん、これはトークのみならずライティングにも応用できますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

DESC(デスク)法とは

DESC(デスク)法
  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

ではそれぞれの要素を詳しくみていきましょう。

 

Describe(描写)

  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

 

「描写」では、客観的な事実を伝えます。

たとえば、

先日、日本で合計100名の人たちが〇〇ウイルスに感染したという報告を受けました。

そして本日、さらに70名の人たちが〇〇ウイルスに感染したとのこと。

という感じですね。

 

Express(表現)

  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

 

「表現」では、主観的な意見を伝えます。

たとえば、

このままでは、感染者が増えていく一方です。

つまり、死亡者もどんどん増え、経済も回復に向かいません。

という感じですね。

 

Suggest(提案)

  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

 

「提案」では、上記の解決法を提案します。

たとえば、

だから、日本では「外出自粛」を本格的に始動するべきだと考えます!

という感じですね。

 

Consequence(結果)

  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)

 

「結果」では、上記の解決法を取り入れたことによる未来を伝えます。

たとえば、

このように一人ひとりが「外出自粛」を意識することで、

〇〇ウイルスによる被害を圧倒的に減らすことができますし、それが景気回復に繋がるのです!

という感じですね。

 

文章をまとめる

先日、日本で合計100名の人たちが〇〇ウイルスに感染したという報告を受けました。そして本日、さらに70名の人たちが〇〇ウイルスに感染したとのこと。(描写)

 

このままでは、感染者が増えていく一方です。つまり、死亡者もどんどん増え、経済も回復に向かいません。(表現)

 

だから、日本では「外出自粛」を本格的に始動するべきだと考えます!(提案)

 

このように一人ひとりが「外出自粛」を意識することで、〇〇ウイルスによる被害を圧倒的に減らすことができますし、それが景気回復に繋がるのです!(結論)

 

DESC(デスク)法の作り方

ではここからは、どのようにしてDESC(デスク)法でトークを作っていくのかを解説していきます。

 

DESC(デスク)法を作る順番

  • S:Suggest(提案)
  • C:Consequence(結果)
  • D:Describe(描写)
  • E:Express(表現)

 

Suggest(提案)

なぜ「提案」から考えるのかというと、ここが一番伝えたいことだからです。

先のどのウイルスを引き合いに出すと

だから、日本では「外出自粛」を本格的に始動するべきだと考えます!

という部分ですね。

 

この「提案」を通すために、「Consequence(結果)」「Describe(描写)」「Express(表現)」を使っているわけです。

なので、まず「あなたは何を伝えたいのか?」を明確にするようにしましょう。

 

Consequence(結果)

次は、「提案によってどうなるか?」を考えましょう。

 

先のどのウイルスを引き合いに出すと

このように一人ひとりが「外出自粛」を意識することで、

〇〇ウイルスによる被害を圧倒的に減らすことができますし、それが景気回復に繋がるのです!

という部分ですね。

「提案」を受け入れることによる「結果」を具体的に伝えるほど、承諾率を高めることができます。

 

Describe(描写)

次は、上記の「提案」に説得力を持たせるための「客観的な事実」を集めましょう。

 

先のどのウイルスを引き合いに出すと

先日、日本で合計100名の人たちが〇〇ウイルスに感染したという報告を受けました。

そして本日、さらに70名の人たちが〇〇ウイルスに感染したとのこと。

という部分ですね。

 

「客観的な事実」とは

ちなみに、「客観的な事実」には様々な種類があります。

たとえば、

  • 科学的根拠
  • 専門家の意見
  • テレビのニュース
  • 成功者の言葉
  • 自分の経験

などですね。

特に上記の太文字の情報を使うと、かなり説得力を高めることができます。

 

Express(表現)

そして、最後に「描写」による自分の意見を考えましょう。

 

先のどのウイルスを引き合いに出すと

このままでは、感染者が増えていく一方です。

つまり、死亡者もどんどん増え、経済も回復に向かいません。

という部分ですね。

 

先ほどの「結果」の部分ではポジティブな未来について語りましたが、「表現」ではネガティブな未来を具体的に語りましょう。

なぜなら、「表現」を具体的にすることで、恐怖を与えることができるので、聞き手は「いますぐ行動しよう!」と考えるようになるからです。

 

DESC(デスク)法とアサーション

アサーションとは、「自分のことも考えながら、相手のことも考える」といったコミュニケーションスキルの一つになります。

実は、DESC(デスク)法は、アサーションで非常によく使われる型なのです。

というわけで、ここからはアサーションで使われるDESC(デスク)法について解説していきます。

 

アサーションで使うDESC(デスク)法

DESC(デスク)法(アサーションver)
  • D:Describe(描写)
  • E:Explain(説明)
  • S:Suggest(提案)
  • C:Choose(選択)

赤文字の部分を説明します。

 

Explain(説明)

「説明」では、自分の気持ちを伝えます。

 

Choose(選択)

「選択」では、「受け入れてもらった場合」と「受け入れてもらえなかった場合」の結果を伝えます。

 

具体例を見てみよう

 

遅刻を直してもらいたい

15分遅れだね(描写)

いつも心配しちゃうよ(説明)

遅れるようであれば、そう思った時点で連絡くれると助かるな(提案)

そうしてもらえると、どこかの喫茶店で時間潰せるし。(受け入れてもらった場合)

もしも、それが難しいなら、きちんと時間通りに来てもらいたいな。(受け入れてもらえなかった場合)

 

タバコをやめてもらいたい

最近タバコの量が増えてきたね。(描写)

もう子供も生まれるし、ちょっと心配だよ(説明)

だから、子供も生まれることだし、タバコやめてみない?(提案)

そうしてもらえると、私もお腹の中の子供も助かるな(受け入れてもらった場合)

もしも、それが難しいんだったら、タバコはベランダで数ようにしてもらえる?(受け入れてもらえなかった場合)

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. DESC(デスク)法とは
  2. DESC(デスク)法の作り方
  3. DESC(デスク)法とアサーション

というテーマでブログを執筆しました。

 

オススメ記事

もしも、論理的な文章を書くフレームワークについて理解を深めたいという方は、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

prep法

【PREP(プレップ)法】論理的な文章を書くフレームワーク

2019年5月22日

 

さらに、消費者を購入に導くフレームワークについて理解を深めたい方は、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

【PASONA(パソナ)の法則】人の行動を操るフレームワーク

2019年5月23日
let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。