【どうにでもなれ効果】失敗の悪循環を生む悲惨な心理学

「どうにでもなれ効果」とは、一度失敗するともっとダメになりやすくなるという心理現象のことです。

 

たとえば、禁酒をしていたけど、ある日友達と遊んでいる時についつい飲んでしまったとする。

次の日、それに罪悪感を感じ「もうどうにでもなれ!」と禁酒の誓いを破り、ガブガブお酒を飲んでしてしまう…

こんな経験をしたことはありませんか?

このように、われわれは、一度の失敗によって罪悪感を抱き、さらに失敗してしまうという悪循環に陥ることがあります。

 

しかし、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. どうにでもなれ効果とは
  2. どうにでもなれ効果を克服する方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

どうにでもなれ効果とは

どうにでもなれ効果

一度失敗するともっとダメになりやすくなるという心理現象

 

どうにでもなれ効果の提唱者

トロント大学の心理学者ジャネット・ポリヴィC・ピーター・ハーマンにより明らかにされました。

後ほど彼らの実験を紹介します。

 

どうにでもなれ効果の具体例

ではいくつか具体例をみていきましょう。

 

例1.タバコ

禁煙を頑張っていたが、友達の「1本くらい吸っても大丈夫でしょ〜」という誘惑に負けて、タバコを吸ってしまったとする。

すると、「うわぁ…吸っちゃった…」と罪悪感を抱き「もうどうにでもなれ!」とタバコをぷかぷか吸ってしまうことがあります。

 

例2.ダイエット

A子ちゃんは、痩せてキレイになるために、甘い物(ショートケーキ、チョコレート、フレンチトーストなど)を我慢していたとする。

しかし、ランチに行った時に、友達が「おいし〜〜」と甘い物を食べていました。

A子ちゃん、はそれに耐えることができず「やっぱり私も食べる!」ダイエットの誓いを破ってしまいます。

「うわぁ…食べちゃった…」と罪悪感を覚え、「え〜い!どうにでもなれ!」といつまで経ってもダイエットに成功することはできませんでした。

 

例3.ブログの毎日更新

オータニは、ブログを毎日更新しているのですが、

たとえば、ある日ブログ更新のモチベーションが上がらず「今日は記事を書くのを止めよう…」と更新しませんでした。

すると、次の日に「うわぁ…昨日やっぱり更新しておけばよかった…」と罪悪感と後悔が混ざり合った感情を抱きます。

結果、そこから不定期の更新になってしまうのです。(または、一切更新しない)

 

どうにでもなれ効果はなぜ発動するのか

しかし、なぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか?

 

結論:罪悪感を埋めようとするから

一度失敗することで、罪悪感(負の感情)を抱き、それを別の誘惑物で埋めようとするからです。

簡単に説明すると

  • 失敗
  • 罪悪感(負の感情)
  • どうにでもなれ効果
  • 負の感情を埋める

 

禁煙

たとえば、禁煙に失敗してしまったとする。

すると「吸っちゃった…」と罪悪感を抱きますが、この負の感情を別のもので埋めようとするのです。

それが「タバコ」なんですよね。

脳内の神経伝達物質であるドーパミン「目の前のタバコをもっと吸ってしまえ!」と過剰に反応します。

すると、その誘惑に屈してしまい、結果「どうにでもなれ!」と思うようになるのです。

 

タバコの警告表示は意味がない

「タバコの警告表示」が禁煙者を減らすことに全く貢献しません。

なぜなら、「タバコの警告表示」を見た喫煙者は、さらに恐怖に苛まれ、それを埋めるためにタバコを吸うようになるからです。

 

どうにでもなれ効果の実験

では、どうにでもなれ効果の2つほど紹介します。

 

実験1

ニューヨーク市立大学とピッツバーグ大学は、18~55歳までの144名の成人に携帯端末を配布し、お酒を飲んだ記録を付けてもらいました。

 

実験の結果

結果、前の晩にお酒を飲んで酷く落ち込んだ人ほど、その日の夜も、また翌日の夜も、罪悪感の反動で飲み過ぎてしまうということが分かったのです。

 

実験2

「どうにでもなれ効果」の提唱者であるトロント大学の心理学者ジャネット・ポリヴィC・ピーター・ハーマンは、ダイエット中の被験者を対象に実験を行いました。

体重計に細工をして、被験者の体重が実際よりも2キロ多めに表示されるようにしました。

 

実験の結果

結果、被験者は、落ち込んで自己嫌悪に陥り、憂さ晴らしにやけ食いをするようになってしまったのです。

(めちゃめちゃ意地悪な実験ですよね…)

 

どうにでもなれ効果を克服するには

ではここからは、「どうにでもなれ効果」を克服する方法について解説していきます。

 

方法.自分を許す

何かに失敗した時は、自分を許してあげるようにしましょう。

なぜなら、自己嫌悪などのネガティブな感情が生まれなくなるからです。

 

実験

ルイジアナ州立大学のクレア・アダムズとデューク大学のマーク・リアリーは、体重に気をつけている若い女性を対象に、ドーナツとお菓子を食べさせます。

参加者の女性たちにはあらかじめ説明が行われます。

実験は全部で2種類あり、ひとつは①「食べ物が気分に与える影響」で、もうひとつは②「色々な味のお菓子の試食」です。

 

1つ目の実験

1つ目の実験では、全ての女性にシュガーシロップをかけたドーナッツかチョコレートドーナッツのどちらかを選ばせ、4分以内に食べ終えてもらいます。

また、グラス1杯の水も飲み干すように指示しました。(お腹を満たすため)

 

2つ目の実験

二つ目の実験では、被験者の女性を2つのグループに分けます。

  1. 罪悪感を和らげるための温かい言葉をかけられたグループ
  2. 特になんの言葉もかけられないグループ

そして、被験者にはお菓子の試食をしてもらったのですが、その時それぞれのグループが、平均でどれくらいの量のお菓子を食べるのかを調べます。

 

実験の結果

結果、①のグループでは食べたお菓子の量が平均で28グラムだったのに対し、②では70グラム近くという結果となりました。

このように、罪悪感を感じたままだと「どうにでもなれ効果」が働き、どか食いしてしまう可能性が高くなりますが、

慰めの言葉をかけることで、自分を許すことができ、「どうにでもなれ効果」を克服することができるということがわかりました。

 

自分を責めるのはよくない

何かに失敗した時に、自分を責める人がいますが、これは科学的にはよくないことだということが分かっています。

なぜなら、自分を責めることで、自己嫌悪などのネガティブな感情が生まれてしまい、それを埋めるために誘惑に負けやすくなるからです。

 

実験

カナダのカールトン大学は、学期の最初から最後までの試験を先延ばしにする学生たちを記録したのですが、

多くの学生は最初の試験ではギリギリまで試験勉強を始めませんでした。

 

実験の結果

最初の試験で直前まで勉強しなかったことで自分を責めた学生たちは、自分を許した学生たちに比べて、その後の試験でも先延ばしにする傾向がみられました。

このように、自分を慰めることができると、自己嫌悪などの感情が生まれにくくなるので、それを埋めるための行動を取りにくくなるのです。

一方で、自分を責めてしまうと、ネガティブな感情が生まれてしまうために、それを埋めるため、さらに先延ばしにしてしまうのです。

 

動画にしました

 

「どうにでもなれ効果」と「いつわりの希望シンドローム」

しかし、自分を許すと言っても、ただ「変わろう!」と思うだけでは意味がありません。

むしろ、このように思うことはかなり厄介なことなのです。

なぜなら、人は変わろうと思っただけで満足してしまう性質があるからです。

 

いつわりの希望シンドローム

いつわりの希望シンドローム

「変わろう!」と決断して負の感情を満たし、また失敗して〜というループのこと

トロント大学の心理学者ジャネット・ポリヴィC・ピーター・ハーマンが提唱しました

 

タバコ

たとえば、タバコを例にして解説しますね。

「どうにでもなれ効果」で負の感情を埋める場合

  • 失敗
  • 罪悪感(負の感情)
  • どうにでもなれ効果
  • 負の感情を埋める

 

希望を持つことで負の感情を埋める場合

しかし、別の方法でこの負の感情を埋めようとすることもあります。

それが、「変わろう!」と決断するという方法です。

  • 失敗
  • 罪悪感(負の感情)
  • 「変わろう!」と決断する
  • 負の感情を埋める

 

このように、「変わろう!」と決断するだけで、負の感情を取っ払うことができてしまいます。

「別の自分に生まれ変わったんだ!」と思い込むことで、一時的に気分を高揚させることができるのです。

しかし、実際に自分を変えるための努力をし始めたら、「あら?こんなはずじゃなかったのに…」と挫折してしまいます。

そして、また「変わろう!」と決断することで、負の感情を埋めようとするのです。

 

自分を上手に許す方法

では、どうすれば上手に自分を許すことができるのでしょうか?

 

結論:失敗した後の計画を立てる

なぜなら、失敗した後の計画を立てておくことで、軌道修正することができるからです。

これにより、「変わろう!」で終わらなくなるので、先延ばしを克服することができます。

 

計画の具体例

  • もしもタバコを吸ってしまったら、友達に連絡をいれる
  • もしも甘い物を食べてしまったら、今週は1回多めにジムに通う
  • もしもブログを書かなかったら、次の日の記事内容だけでも決めて寝る

 

もしも、失敗した時の計画の立て方について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてもらえればと思います。

 

 

まとめ:どうにでもなれ効果

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のまとめ

  1. どうにでもなれ効果とは
  2. どうにでもなれ効果を克服する方法

というテーマでブログを執筆しました。

 

どうにでもなれ効果を知っただけでも、あなたの目標達成率はかなり高まるでしょう。

なぜなら、何かに失敗した時に、「これはどうにでもなれ効果が発動している!」と客観的に判断できるからです。

なので、まずは、どうにでもなれ効果に陥ったら、それを自覚することから始めていきましょう。

 

もしも、その他の先延ばしを克服する方法について知りたい方は、下記の記事なども参考にしてもらえればと思います。

 

参考図書

スタンフォードの自分を変える教室

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。