【マインドセット】人生を左右する2つのマインドセット

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

あなたに下記のできごとが起こりました。

さて、どのように思考するでしょうか?

必死で受験勉強をしてきたが、残念なことに結果は「不合格」。

お金がなく浪人をすることもできなかったため、結局、志望大学よりも2ランク下の大学に入学することになりました。

 

もちろん、この事実を知った直後は、誰でも残念な気持ちになるでしょう。

なんせ必死で頑張ってきたわけですから。

しかし、大切なことはこれより後の話です。

 

受験勉強に失敗して「もう私に未来はない…私には能力がないんだ…」と感じ、もう努力することをやめてしまうでしょうか?

それとも「志望校に通うことはできなかったが、これから努力して有名企業に行けるように勉強しよう!」と感じるでしょうか?

 

このように、あるできごとをどのマインドセットで見るかによって、思考が大きく変わってきます。

  • できごと
  • マインド(フィルター)
  • 思考

 

これはたとえるなら、どのメガネをかけて世界をみているか?ということと全く一緒なんですよね。

たとえば、赤いレンズのメガネをかけているのであれば世界は赤く写りますし、サングサスのような黒いレンズのメガネをかけているのであれば世界は黒く写ります。

つまり、ポジティブ色のマインドセットにすることができれば、人生をポジティブに見ることができるようになり、人生を幸福なものにすることができるようになるのです。

 

ではそのポジティブ色のマインドセットとは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. 人生を変える2つのマインドセット
  2. しなやかマインドセットの3つのメリット
  3. マインドをしなやかにする方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

2つのマインドセット

2つのマインドセット
  • 硬直マインドセット
  • しなやかマインドセット

 

提唱者

「硬直マインドセット」「しなやかマインドセット」は、心理学者のキャロル・S・ドゥエックにより提唱されました。

もしも、これら2つのマインドセットについて詳しく知りたい方は、彼女の著書『マインドセット-やればできる!の研究-』を参考にしてもらえればと思います。

 

マインドセット-やればできる!の研究-

 

硬直マインドセット

これは、知的能力や人間的資質は生まれた時から決まっているもので、変えることができないというマインドセットのことです。

 

しなやかマインドセット

これは、知的能力や人間的資質は努力によって、変えることができるというマインドセットのことです。

 

知的能力・人間的資質

頭の良さ、運動能力、芸術的才能、ビジネススキル、性格など

 

2つのマインドセットの目的

では、それぞれのマインドセットの人たちは、それぞれどのような目的を持っているのでしょうか?

 

硬直マインドセットの人の目的

「賢さを証明すること」にあります。

ゆえに、別名「証明型のマインドセット」と名付けます。

 

たとえば「赤点を取る」「試合に負ける」「会社をクビになる」「人から拒絶される」などのできごとは、彼らにとって失敗なのです。

 

しなやかマインドセットの人の目的

「自分を向上させること」にあります。

ゆえに、別名「習得型のマインドセット」と名付けます。

 

以前よりも成長できていなければ、それは彼らにとって失敗なのです。

 

マインドセットと脳波

コロンビア大学は、被験者に脳波を測定する機械を装着してもらい、難しい問題に答えさせ、それが正解か否かを伝えて脳がどのような反応を示すのかを調べました。

 

実験の結果、硬直マインドセットの人たちの関心が高まるのは、「あなたは正解です」と言われた時で、答えが正解か否かを告げられる瞬間に最大の注意が払われることがことが分かりました。

しかし、学習に役立つ情報が提示されても、興味を示す気配はありませんでした。

答えが間違っていた時でさえ、正しい答えに興味を示さなかったのです。

 

一方で、しなやかマインドセットの脳波を調べると、知識を広げてくれる情報にしっかりと注意を向け、学習に重きをおいていることが分かりました。

 

しなやかマインドセットのメリット

ここまで見ていただければ分かると思いますが、「硬直マインドセット」よりも「しなやかマインドセット」の方が人生を前向きにするといえます。

しかし、「しなやかマインドセット」によって、どのようなメリットを得ることができるのかがいまいち分からないと思います。

そこでこれ以降では、「しなやかマインドセット」のメリットをいくつか紹介していこうと思います。

  • メリット1:困難に粘り強くなる
  • メリット2:積極的に助けを求めるようになる
  • メリット3:抑うつ的な感情を持ちにくい

 

メリット1:困難に粘り強くなる

習得型のマインドセットの人は、困難に直面しても粘り強くモチベーションを維持し続けることができますが、

証明型のマインドセットの人は、困難に直面した時、モチベーションが大きく下がる傾向があります。

 

実験

ローラ・ゲレティとハイディ・ラグラント・ハルバーソンは、被験者を2つのグループに分けて、問題を解かせるという作業をさせます。

  1. 「課題の得点は、被験者の分析力を表すものであり、目標は高得点をあげること」と伝えられたグループ(証明型)
  2. 「課題は被験者の分析力を高めるための演習であり、目標は分析の向上だ」と伝えられたグループ(成長型)

 

さらに、それぞれのグループの半分には、正解の無い問題を混ぜ(被験者には告げない)、さらに、被験者が問題を解いている時に話しかけて、作業を妨害したのです。(困難な状況を作った)

 

実験の結果

実験の結果、成長型のマインドセットの人たちは、困難な状況に直面したのにも関わらず、そうでない時と同じように課題に取り組むことができました。

一方で、証明型のマインドセットの人たちは、困難な状況に直面すると、得点が著しく低下したのです。

 

なぜこのような結果になったのかを考察すると、

成長マインドセットの人たちの目的は、成長することなので、たとえ困難に直面して得点が低かったとしても、そこまで問題にならないからです。

しかし、証明型のマインドセットの人たちの目的は、あくまでも高得点を取り、それを他者に証明することなので、困難に直面するとモチベーションが下がってしまうのです。

 

メリット2:助けを求める人間になる

困難にぶつかった時に、積極的に誰かに助けを求めることは大切なことです。

 

しかし、証明型のマインドセットの人たちは、それをすることができません。

なぜなら、他者に頼ることは、自分の能力の無さを露呈させる恥ずべきことだからです。

一方、習得型のマインドセットの人は、それを積極的に行います。

なぜなら、自分が成長することが目的なので、他者からのアドバイスをもらうことを厭わないからです。

 

実験

心理学者のルース・バトラーは、約320名の小学生から高校の教師を対象にマインドセットによる支援の求め方の違いについて実験を行いました。

 

バトラーは支援の仕方を2つに分けます。

  • 便宜的な支援(お腹を空かせた人に魚を渡す)
  • 自律的な支援(魚の釣り方を教える)

 

たとえば、不良の生徒が悪さをした時のアドバイスを他の教師からもらう場合、「校長先生に叱ってもらう」というアドバイスは便宜的なもので、「不良生徒との向き合い方」は自律的なもとなる

教師たちを調査したところ、習得型のマインドセットの人と習得型のマインドセットの人の両方の傾向が見られました。

 

実験の結果

さらに、それぞれの教師たちが、周りからどの程度支援を求めているかを調べたところ、習得型の教師の方がより多くの支援を求めていることが分かりました。

そして、習得型の教師たちは「自律的な支援」を求める傾向にあったのです。

 

メリット3:抑うつ的な感情を持ちにくい

もちろん、習得型のマインドセットであっても、何かに失敗した時などはネガティブな感情を抱くことはあります。

しかし、習得型のマインドセットの人は、証明型のマインドセットの人よりも、ネガティブな感情を持ちにくくなるということが分かっています。

 

実験

ハイディ・グラント・ハルバーソンとキャロル・S・ドゥエックは、約100名の大学生に3週間日記をつけさせました。

日記の内容としては、その日の最悪な出来事とそれをどう対処したかを書かせます。

また、様々な活動が記載されたリスト(「お皿洗い」「掃除」「選択」など)からその日に行ったものを選択させました。

日記を付けさせる前に、被験者をあらかじめ「習得型のマインドセット」と「証明型のマインドセット」のグループに分けます。

そして、3週間が過ぎたら彼らの日記を調べ、最悪の出来事にどう対処したのかを調べました。

 

実験の結果

「証明型のマインドセット」の人は、「習得型のマインドセット」と比べて落ち込む頻度が多く、ひどい抑うつを感じても、それを解決するための行動をとっていませんでした。

さらに、ネガティブな感情は生活の他の側面にも、影響を及ぼしていまたのです。

たとえば、流しにお皿をため込んだり、洗濯物を山積みにしたりなど。

つまり、ネガティブな感情に襲われると、問題を解決する意欲がなくなったのです。

 

一方で、「習得型のマインドセット」の人は、ネガティブな感情が生じると、何らかの行動を取ろうとしていたのです。

さらに、ネガティブな感情が他の側面に影響を与えることはほとんどなかったのです。

ある目標にぶつかったとしても、流しにお皿をため込んだりすることはありませんでした。

 

しなやかマインドセットにする方法

ではここからは、あなたのマインドをしなやかにするための方法をお伝えしていきます。

ここでお伝えする方法は、キャロル・S・ドゥエックが実際に行った全部で8回のワークショップの内容なので、かなり信ぴょう性があります。

 

脳の構造について理解する

これは特に、「記憶力が悪い…」「毎日継続できない…」「先延ばし癖がある…」などの硬直マインドセットの人にはものすごく参考になるかと思います。

 

記憶力の悪さは生まれつき?

この記事の執筆者であるオータニは昔、記憶力は生まれ持っての才能だと考えていました。

他の人たちと比べると、暗記するのにかなりの時間がかかるし、学生時代はそれに苦しみ、苦痛な日々を送っていました。

 

脳について勉強した

しかし、今ではそれもただの勘違いだったと気づき、現在は「しなやかマインドセット」になることができました。

なぜでしょうか?

それは、脳について勉強したからです。

 

オータニは、日々、心理学や脳科学について学んでいるのですが、そのおかげもあり、記憶の構造をほぼ完璧に理解することができました。

「どうすれば人間の記憶力は強化されるのか?」を徹底的に調べたのです。

 

アウトプット(出力)

ではどうすれば記憶は強化されるのか?

それは、アウトプットなんですよね。(問題集を解くなど)

学生時代のオータニは、とりあえず参考書を読むだけで、ほとんど問題を解いていませんでした。

つまり、、、間違った勉強をしていたから、記憶も強化されていなかったのです。

 

しかし、今では周りから「記憶力いいですね!」「頭がいいですね!」なんて、

学生時代には想像もしなかったような言葉をかけてもらうことが増えました。

そのきっかけは、隔週で行っているYouTubeライブ配信です。

視聴者の質問に対して、素早くレスポンスしている姿をみて「オータニさんみたいになりたい!」と言ってくれる人が増えました。

これも全部、脳の構造を理解し、それに合わせて行動したからなのです。

 

なので、もしも記憶における脳の構造について知りたいと思っている方は、下記の記事を参考にしていただければと思います。

科学的に正しい勉強法【知らないと損】

2019年8月11日

 

これは、「毎日継続できない…」「先延ばし癖がある…」などの悩みがある人も一緒ですよ。

マインドが硬直している人は、いますぐ脳の構造を知り、あなたのマインドをしなやかにしましょう。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. 人生を変える2つのマインドセット
  2. しなやかマインドセットの3つのメリット
  3. マインドをしなやかにする方法

というテーマでブログを執筆しました。

 

この記事を読んで「うわぁ〜硬直マインドセットになってたわぁ…」と思った方は、

ぜひキャロル・S・ドゥエック著の『マインドセット-やればできる!の研究-』を読んでもらえればと思います。

本日お伝えしたマインドセットの方法以外のものも書かれていますので。

 

マインドセット-やればできる!の研究-
let's share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。