【SMARTの法則】達成率を高める目標設定のコツ

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

SMARTの法則とは、目標達成率を最大化するためのフレームワークのことです。

 

ところで、あなたは設定した目標を、毎回達成することができているでしょうか?

きっと、この質問に正々堂々と「もちろん!」と答えることができる人はそう多くないでしょう。

なぜなら、いつも目標が未達で終わってしまう人たちのほとんどは、そもそも目標設定の仕方を間違っているからです。

 

世の中には、様々な目標設定の方法が存在しますが、

今回はその中でもモチベーションを高め、目標達成率を高めるフレームワークについて解説していこうと思います。

この記事を読みながら目標設定して、確実に目標達成できるようにしましょう。

 

本日のテーマ

  1. SMARTの法則とは
  2. SMARTの法則の具体例

 

SMARTの法則とは

SMARTの法則

目標達成率を最大化するためのフレームワーク

SMARTの法則は、アルファベットの頭文字からなる目標設定のフレームワークになります。

  • Specific=具体的な
  • Measurable=計測可能な
  • Achievable=達成可能な
  • Result-based=成果に基づいた
  • Time-bound=時間制限

 

SMARTの法則の提唱者

1981年にジョージ・T・ドランの論文により発表されました。

元々は、経営コンサルタントがクライアントの目標達成率を高めるために作られたフレームワークになります。

しかし、他にも、仕事、勉強、筋トレ、禁煙などにも使うことができるので、非常に再現性が高いフレームワークと言えるでしょう。

 

SMARTの法則が定着しない理由

これは余談なのですが、SMARTの法則を知っている人はそう多くはないと言えます。

目標設定術で注目されるのはいつも、「PDCAサイクル」です。

 

PDCAサイクル

Plan(計画)→Do(実行する)→Check(評価)→Act(改善)というフレームワーク

 

では、なぜSMARTの法則はそこまで普及していないのでしょうか?

結論からいうと、SMARTの法則には、様々な解釈が存在しているからです。

 

「A」の解釈

SMARTの法則の「A」を今回は「Achievable(達成可能な)」という定義をしましたが、実は、これ以外にも様々な解釈がされているのです。

  • Achievable(達成可能な)
  • Action-oriented(結果重視の)
  • Attainable(達成できる・到達できる)
  • Agreed upon(同意している)
  • Accountable(確認可能な)

 

かなりややこしいですよね。

後ほど、「R」や「T」についてもお伝えしますが、

このように、SMARTの法則は1981年に提唱されてから、様々な人たちが改良したことで、分かりにくくなっているのです。

だから、Googleで「SMARTの法則」と検索してみてください。

きっと、様々に解釈されていると思いますので。

 

しかし、安心してください。

本記事では、非常に分かりやすく、再現性が高いSMARTの法則について解説していきますので。

 

SMARTの法則を徹底解説する

ではここからは、SMARTの法則を構成する下記の5つの要素についてそれぞれ解説していこうと思います。

  • Specific=具体的な
  • Measurable=計測可能な
  • Achievable=達成可能な
  • Result-based=成果に基づいた
  • Time-bound=時間制限

 

Specific(具体的な)

目標は具体的に設定するようにしましょう。

 

ではどうすれば具体的にすることができるのでしょうか?

「5W・1H」を使うのです。

  • Who(誰が?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • What(何を?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

 

「5W・1H」を使って目標設定することで、これから取る行動が具体的にすることができます。

たとえば、ある会社が下記のような目標を設定したとする。

見込み顧客を集めるためにマーケティングの仕組みを強化する

 

見た目はものすごく素敵な目標なのですが、この目標にはいくつかの疑問が浮かんできませんか?

たとえば、下記のような疑問です。

  • マーケティングの仕組みを強化するのはですか?
  • いつから?いつまでに?マーケティングの仕組みを強化するのですか?
  • マーケティングの仕組みを強化すると言っても、SNS・ブログなどを強化するのですか?
  • そもそも、なぜマーケティングに力を入れる必要があるのですか?

 

このように、抽象的な目標では、具体的な行動に繋がりにくくなるので、

目標は必ず「5W・1H」を使った具体的なものにするようにしましょう。

 

Measurable(計測可能な)

これは、1つ目に紹介した「Specific(具体的な)」というところにも繋がる話なのですが、

計測可能な数字を使うことで、さらに目標を具体的にすることができます。

 

たとえば、下記のような目標の達成可能性ってどれくらいでしょうか?

先月よりも売上をあげる!

かなりふざけた目標設定ですが、このような抽象的な目標の多くは未達で終わるでしょう。

 

だから、下記のような形で、目標設定するようにしましょう。

今月の目標売上=150万円

しかし、プラスαでお伝えすると、もっと数字を使って目標を立てた方がいいですね。

 

たとえば、

先月の売上=100万円(契約率50%、商品単価20万円)
  • 契約数=5件
  • 集客数=10件

 

今月の売上目標=150万円(目標契約率=50%、商品単価20万円)
  • 目標契約数=8件
  • 目標集客数=16件

 

具体的なアクション
  • 集客数をプラスで6件増やすために、クライアントに紹介依頼を促す。
  • 今後も、継続的に売上150万円を達成するため、今月中にSNS(Twitterを検討)の運用を開始する。

ここまでできると、かなり行動が具体的になるので、目標達成率を高めることができます。

 

Achievable(達成可能な)

あまりにもかけ離れた目標を立てると、

達成できなかった時にショックを受け、モチベーションを維持することができなくなってしまうので注意しましょう。

 

目標設定の理想的な難易度は「50:50」と言われています。

つまり、達成できるか?できないか?すれすれのところを攻めるのです。

 

たとえば、下記のような目標の場合どうすればいいのでしょうか?

読書を習慣化したい!

間違った目標設定としては、「今日から毎日1冊の本を読む!」ですね。

今までほとんど本を読んで来なかった人にとっては、100%無理な目標設定と言えるでしょう。

 

しかし、これだったらどうでしょうか?

月に最低5冊の本を読む!

これだったらできそうじゃないですか?

もちろん、1ヶ月続けてみて難しいようであれば、また目標を設定しなおせばOK。

 

このように、達成可能性が不明確な場合は、過去の経歴から推定するのもいいのですが、

一番大切なことは「まずやってみる」ことです。

とりあえず、大きすぎない目標を設定し、行動してみる。

それで楽勝だったらプラスで難易度をあげればいいのですし、ちょっと難しいようであれば難易度を下げればいいだけです。

 

その他の「A」

  • Achievable(達成可能な)
  • Action-oriented(結果重視の)
  • Attainable(達成できる・到達できる)
  • Agreed upon(同意している)
  • Accountable(確認可能な)

 

Result-based(成果に基づいた)

実は、5つの因子の中で、この「R」が一番大切だと言えます。

というのも、成果(理想と解釈してもOK)に基づいた目標であるかどうかで、モチベーションに大きな差が出るからです。

 

極端な例を出します。

たとえば、「42.195キロ走ってください」と言われたとする。

あなただったら走りますか?

きっと、あなたのみならず、多くの人は走らないという選択をするでしょう。

なぜなら、走るモチベーションがないからです。

 

しかし、「42.195キロを走りきったら、1億円あげます!さぁ走ってください!」と言われたら、ほぼ確実に走りますよね?

なぜなら、お金というモチベーションがあるから。

このように、「成果」を設定しておかないと、そもそも目標を達成するモチベーションが高まらないのです。

 

オータニの例

たとえば、この記事の執筆者でもあるオータニは、毎日ブログ・YouTubeを更新しているのですが、それは達成したい成果があるからです。

ノマドライフ(場所・時間を選ばない生活)を手にする!

たとえ、海外に旅行に行ったとしても、パソコン一台で仕事ができる姿を想像すると、早く叶えたいという欲望が爆発するほど。

これがモチベーションとなっているから、立てた目標をなんとしても達成しようと思えるのです。

 

その他の「R」

  • Result-oriented(結果重視の)
  • Relevant(価値観と一致する)
  • Realistic(現実的な)
  • Result-based(成果に基づいた)
  • Relation(価値のある)
  • Resonant(エネルギーが動いている)

 

Time-bound(時間制限)

目標に期限を設定することで、目標へのパフォーマンスを高めることができます。

なぜなら、「締め切り効果」という心理効果が発動するからです。

 

たとえば、夏休みの宿題を、夏休みが終わる3日前のギリギリまで一度も手に付けていなかったとする。

その時の残りの3日間の集中力って物凄いですよね。

もちろん、夏休みの宿題の場合は、適当になったりすることもありますが、実際に全ての宿題を片付けることができたりします。

このように、われわれは期限によるストレスを受けると、集中力が高まるようにできているのです。

 

なので、目標を設定する際は、下記のような形にしましょう。

  • 12月31日までに、ブログのアクセス数を5万PVにする
  • セミナー3日前までには、スライド資料の作成を終える
  • 今日の18:30までに、10名のクライアントに紹介依頼の連絡をする

 

その他の「T」

  • Time-bound(期限付の目標)
  • Time-line(いつまでにやるのか)
  • Timely(今取り組むべき)
  • Trackable(追跡可能な)
  • Tangible(有形の)
  • Thrilling(ハラハラ、ドキドキする)

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. SMARTの法則とは
  2. SMARTの法則の具体例

というテーマでブログを執筆しました。

 

参考図書

let's share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。