【クリティカル・シンキング(批判的思考)】本質を発見する思考法とは

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)とは、健全な批判精神を持ちながら、物事を論理的に考える思考法のことです。

 

たとえば、あなたのビジネスの集客が思うようにいかない時に「動画を始めるべきか?」という前提を作ったとする。

しかし、そもそも「集客力を高めること」と「動画を開始すること」には関係性があるのでしょうか?

もっと、他にもっと最適な案があるのではないでしょうか?

このように、良い意味で物事を批判的に思考していくことで、本質的な答えにたどり着くことができるようになるのです。

 

しかし、クリティカル・シンキング(批判的思考)をすることで、一体どのようなメリットがあるでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. クリティカル・シンキング(批判的思考)とは
  2. クリティカル・シンキング(批判的思考)と論理的思考の違いとは
  3. クリティカル・シンキング(批判的思考)の具体例

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)とは

クリティカル・シンキング(批判的思考)

健全な批判精神を持ちながら、物事を論理的に考える思考法

具体的な言葉としては、「なぜ?」「本当にそう?」などですね。

このような感じで、一見「真」だと思われる事象に対して疑いの目を向けるのです。

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)の具体例

 

ステップ1:論点は?

まずは「論点」を明確にしましょう。

  • YouTubeを開始するべきか?

 

ステップ2:結論を決める

立てた論点への結論を出しましょう。

  • YouTubeを開始するべき!

 

ステップ3:理由を決める

結論の理由をいくつも書き出しましょう。

もちろん、無理して書き出す必要はありません。

  • 競合が参入しているから
  • テキストベースよりも、動画の方が影響力があるから

 

ステップ4:事実・データをあげる

立てた理由の根拠となる事実・データをあげましょう。

  • A社、B社、C社はYouTubeによって売上を上げ続けている
  • 与える要素の数は信頼につながる

 

以上、このような形でロジックツリーを作っていきます。

ここで知っておいてもらいたいのが、PREP(プレップ)法ですね。

PREP(プレップ)法とは、説得力を高めるフレームワークなのですが、

クリティカル・シンキング(批判的思考)にも効果的に使うことができますので、ぜひチェックしてみてください。

prep法

【PREP(プレップ)法】論理的な文章を書くフレームワーク

2019年5月22日

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)のメリット

クリティカル・シンキング(批判的思考)のメリットは、本質的な答えにたどり着くことです。

たとえば、先ほどの例を引き合いに出して解説しますね。

 

集客力を高めるために、「YouTubeを始めるべきか?」という論点からスタートしていますが、

それって本当に、YouTubeをやることで解決するのでしょうか?

ポジショニング、キャラ作り、ブログでのライティングなどなど、様々なところに問題があるだけかもしれないですよね。

このように、どれが正解か分からないからこそクリティカル・シンキング(批判的思考)が大切になるのです。

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)とロジカル・シンキングの違い

ではここからは、クリティカル・シンキング(批判的思考)とよく勘違いされやすいロジカル・シンキングの違いをについて解説していきます。

 

ロジカル・シンキングとは

ロジカル・シンキングとは、結論と根拠(理由)の繋がりを明確にし、客観的かつ合理的に考えるための思考法のことです。

先ほどの例で説明すると、灰色の部分は論理的思考になります。

つまり、ロジカル・シンキングは、「結論→根拠(理由)→具体例」というプロセスを考えることで、

一方、クリティカル・シンキング(批判的思考)は、それらの前提やプロセスに「?」を付ける思考法と言えるでしょう。

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)で意識するべき3つのポイント

ではここからは、クリティカル・シンキング(批判的思考)で意識するべき3つのポイントについて解説していきます。

  1. 目的を常に意識する
  2. バイアスを意識する
  3. 問い続ける

 

①目的を常に意識する

常に物事の目的を意識するようにしましょう。

今回は「YouTubeを開始するべきか?」という論点をあげましたが、そもそもその目的はなんなのでしょうか?

この場合、多くは「集客力を高める」という目的になるでしょう。

 

たとえば、「毎朝、ウォーキングをするべきか?」という論点をあげた場合、人によって目的が違ってきますよね。

「痩せるため!」「仕事のパフォーマンスを高めるため!」「生活習慣病を治すため!」など。

 

このように、目的が違ってくると、前提が全ておかしくなってしまいます。

もしも、「痩せるため!」という目的であるなら、別にウォーキングじゃなくて、筋トレでもOKですからね。

なので、目的は必ず意識するようにしましょう。

 

②バイアスを意識する

われわれは、バイアスという「思考のクセ」または「偏見」を持っています。

これは生まれた環境によって変わってくるのですが、このバイアスにより、客観的な判断ができなくなることが多々あります。

たとえば、メガネをかけている人に「頭がいいに違いない!」というイメージを持ってしまったり(ハロー効果)、自分に都合がいい情報ばかりを集めてしまったり(確証バイアス)

 

なので、大切なことは「われわれはバイアスに支配されているんだ!」と考えること。

そうすることで、自分の考えが全て正しいわけではないという判断ができるので、客観的な視点を失わずに済むようになります。

常に、自分を疑う姿勢を持つようにしましょう。

【バイアス 】あなたの邪魔をする13のバイアス 【←人生をイージーにする】

2020年4月13日

 

③問い続ける

先ほどの例をみてみましょう。

常に「なぜ?」「本当に?」という思考をしているのが分かるでしょうか?

このように、問い続けることで、普段は意識しないような発想が生まれるようになったり、より本質的な解答を得ることができるようになります。

 

クリティカル・シンキング(批判的思考)のその他の具体例

ここまでで、クリティカル・シンキング(批判的思考)についえ詳しく解説してきましたが、

さらに詳しく理解してもらうために、さらにいくつか具体例を紹介していきますね。

  1. WindowsからMacBookに買い換えるべきか
  2. 会社員からフリーランスになるべきか
  3. 毎日読書をするべきか

 

①WindowsからMacBookに買い換えるべきか

目的:生産性を高める

 

②会社員からフリーランスになるべきか

目的:ストレスレスな人生を送る

 

③整形をするべきか

目的:モテるため

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. クリティカル・シンキング(批判的思考)とは
  2. クリティカル・シンキング(批判的思考)と論理的思考の違いとは
  3. クリティカル・シンキング(批判的思考)の具体例

というテーマでブログを執筆しました。

 

参考図書

let's share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。