【メタ思考】行動の質を高める最強の思考法とは

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

メタ思考とは、物事を1つ上のレベルで俯瞰して思考することです。

もっと簡単に説明するのであれば、「思考への思考」のこと。

 

たとえば、下記のようなテーマを掲げたとします。

どうすればお店の売上が2倍になるのか?

 

もちろん、上記のような思考をすることは非常に大切なことです。

しかし、メタ思考をすることで、本質的な答えを出すことができるようになります。

 

たとえば、先ほどの問いに下記のような質問をして見るのです。

そもそもどうして人はモノを買うのか?

これがメタ思考になります。

 

図にするとこんな感じになります。

 

きっとここまでで、何となくメタ思考のイメージは持ってもらえたと思います。

しかしで、メタ思考をすることで、一体どのようなメリットを手にすることができるのでしょうか?

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. メタ思考とは
  2. メタ思考のメリット
  3. メタ思考の考え方

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

メタ思考とは

メタ思考
  • 物事を1つ上のレベルで俯瞰して思考すること
  • 「思考への思考」のこと

「メタ(meta)」には「高次な」という意味があります。

 

2つの思考

ここでは、「メタレベルの思考」「対象レベルの思考」の2つの思考について説明していきます。

  • メタレベルの思考=思考を対象とする思考
  • 対象レベルの思考=具体的なアウトプット(行動・思考)を対象とする思考

 

イメージとしては下記のような感じです。

 

たとえば、先ほどの例を引き合いに出すのであれば、こんな感じになります。

そもそもどうして人はモノを買うのか?(メタレベルの思考)
↑ ↓
どうすればお店の売上が2倍になるのか?(対象レベルの思考)
↑ ↓
今流行りのInstagramを使って認知を拡大させる(アウトプットの内容)

 

メタ思考のメリット

ではここからは、メタ思考のメリットについて詳しく解説していきます。

 

アウトプットの質が高まる

メタ思考をすることで、アウトプットの質を高めることができるようになります。

たとえば、あなたがパンケーキのお店を経営しているとします。しかし、なかなか思うように売上が上がりません。

そんな時に、あなたは下記の命題を掲げたとする。

どうすれば売上が上がるのか?

そして、いろいろ調べた結果、どうやらSNSが集客には効果があるようだ。

そこであなたは「じゃあ私もSNSやろう!まずは拡散力があるって言うしTwitterを始めよう!」と判断するのです。。。

つまりまとめると、

  • どうすれば売上が上がるのか?(対象レベルの思考)
  • Twitterを始める!(アウトプットの内容)

 

メタ思考をすると…

では次にメタ思考をした際のアウトプットについてみていきます。

  • そもそもなぜ人はパンケーキを食べるのか?(メタレベルの思考)
  • どうすれば売上が上がるのか?(対象レベルの思考)
  • Instagramを始める!(アウトプットの内容)

 

調査をした結果、どうやらパンケーキを食べる人たちの多くは「パンケーキのビジュアル」を意識しているようです。

なぜなら、「インスタ映え」を意識している消費者が増えているからですね。

 

その結果、あなたはInstagramを使うことにしました。

(さっきはTwitterだったのに…)

お店のラインナップをInstagramに載せることで、「パンケーキのビジュアル」を最大限に表現することができるからです。

さらには、定期的にビジュアルが変わったパンケーキなどをリリースし、それをInstagramにアップすることで、リピート客も飽きさせないようにします。

 

メタ思考でアウトプットの質を上げる

このように、メタ思考を積極的に取り入れることで、本質的な答えを導き出すことができるようになるのです。

多くの人たちは、対象レベルの思考しかしないため、なかなか物事の本質にたどり着くことができません。

つまり、前提が間違っている行動をし続けても、大切な時間を無駄に消費するだけの結果となってしまうわけです。

 

先ほどの例で言うのであれば、

Twitterでパンケーキの情報を発信し続けるよりも、ビジュアルを最大限に活用できるInstagramで発信し続けた方が勝算がありますよね。

 

メタ思考をしてみる

ではここからは、どうやってメタ思考の考え方について解説していきます。

  1. 対象レベルの思考を書き出す
  2. メタレベルで考える
  3. 対象レベルの思考に反映する

 

①対象レベルの思考を書き出す

現在、直面している問題について書き出します。

どうすれば売上が上がるのか?

時間を決めてとにかく何も考えずに書き出しましょう。

 

②メタレベルで考える

①であげた対象レベルの思考を、高い視点から考えます。

  • そもそもなぜ人はパンケーキを食べるのか?(メタレベルの思考)
  • どうすれば売上が上がるのか?(対象レベルの思考)

 

メタレベルの思考をするポイント

それは、「そもそも論」で思考することです。

たとえば、「どうすれば売上が上がるのか?」と思考する時、そもそも、売上って何で上がるのか?」という感じで対象レベルの思考の大前提を考える。

「具体的な視点」ではなく、「より抽象どの高い視点」から物事を捉えることが大切ということです。

 

③対象レベルの思考に反映する

メタ思考をしたら、それを元にして対象レベルの思考をします。

すると、メタ思考をしなかった時とは、別のアウトプット内容が出てくるのです。

(もちろん、出ない時もあります)

 

対象レベルの思考だけ

  • どうすれば売上が上がるのか?(対象レベルの思考)
  • Twitterを始める!(アウトプットの内容)

 

メタ思考あり

  • そもそもなぜ人はパンケーキを食べるのか?(メタレベルの思考)
  • どうすれば売上が上がるのか?(対象レベルの思考)
  • Instagramを始める!(アウトプットの内容)

 

メタ思考をしなかった時は、Twitterで運用しようとしていたのにも関わらず、

メタ思考をすることで、「ビジュアル」という概念に視点を向けた状態で「どうすれば売上が上がるのか?」という対象レベルの思考をすることができました。

その結果、Instagramを運用するという勝算が高い結論を導き出すことができたのです。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. メタ思考とは
  2. メタ思考のメリット
  3. メタ思考の考え方

というテーマでブログを執筆しました。

 

参考図書

let's share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。