ファネル分析とは|コンバージョンを向上させる分析法

毎日ブログやSNSを更新し続けても、なかなか集客が上手くいかない…

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

ファネル分析は、マーケティングにおいて非常に大切な分析法になります。

なぜなら、ファネル分析によってボトルネック(購入につながらない原因)が抽出できるからです。

その結果、それを改善することで、理想的な集客を実現し、売上UPに繋げることができるようになります。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. ファネル分析とは
  2. ファネル分析のやり方
  3. 3つのファネル

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

ファネル分析とは

ファネル分析

消費者が商品を購入するまでのプロセスを漏斗ろうとの形にした分析法

液体を何かの容器に移し替える際に使われる器具のこと

※ファネルのイメージ

簡易編:ファネル分析してみる!

消費者が商品を購入するまでに、いくつかのプロセスを通過していくのですが、多くの場合それぞれのプロセスに移るごとに消費者は離脱していきます。

たとえば
プロセス割合人数
プロセス1=ブログ
100%500人
プロセス2=メルマガ
20%100人
プロセス3=セミナー
10%10人
成約30%3名
月間の訪問者数

このように、格プロセスを数値化していき、ボトルネック(購入につながらない原因)を抽出していきます。

ここで抽出したボトルネックを改善することで、クリック率やコンバージョンレート(成約率)を高めることができるのです。

ファネル分析の例

では、ここからはオータニが運営している『CHANGE』を例にして、ファネル分析をさらに詳しく解説していこうと思います。

CHANGEは、徹底個別のコミュ力養成プログラムのこと

この場合、ウェブサイトからLINEへの登録者数が少ないので、LINE登録のLPを改善する必要がありですね

プロセス1:WEBサイト

知のブログのトップ
目的

公式LINEのLPへの誘導

LPのバナーの設置場所ですが、トップページコミュニケーション系の記事の中に設置しています。

改善策

もしも、LPへの誘導が上手くいっていないのであれば、下記のような改善策が考えられます。

改善策
  • ターゲットを改善する
  • ページビューを増やす(SEO対策やSNSなど)
  • バナーの改善(位置、デザインなど)

プロセス2:LP(公式LINE)

LINEコミュ力講座のLP
目的

公式LINEへの登録

>>公式LINEはこちら

改善策

もしも、公式LINEの登録者が増えないようであれば、下記の改善策が考えられます。

改善策
  • デザインの改善
  • 訴求の改善(期限、保証など)

プロセス3:登録

目的

CHANGEのLPへの誘導

公式LINEに登録すると、Lステップの機能を使った教育のプロセスに入っていきます。

教育の質が高ければ、その後に売り込みをした際の成約率が高まります。

>>教育のやり方についてはこちら

LINEコミュ力講座のカリキュラム

公式LINEのキャリキュラム
講座内容講座目的講座日数添削
第1講座PREP法説得力UP3日
第2講座質問力会話力UP1日
第3講座フォローアップ
クエスチョン
会話力UP1日
第4講座自己開示信頼力UP1日
第5講座無限ループ話法会話力UP1日
LINEコミュ力講座のカリキュラム

オンライン上で、オータニに宿題を提出してコミュ力を鍛えていくプログラムとなっています

改善策

もしも、CHANGEのLPへの誘導が少ないようであれば、下記のような改善策が考えられます。

改善策
  • 教育の改善
  • 訴求の改善

プロセス4:LP(CHANGE)

CHANGEのLP
目的

CHANGEの購入

公式LINEで行ったカリキュラムが全て終わったら、まだ満足度の高いうちに売り込みを開始していきます。

改善策

もしも、CHANGEの購入率が低いようであれば、下記のような改善策が考えられます。

改善策
  • LPの改善
  • 売り方の改善(たとえば、zoom面談を挟むなど)

マーケティングを攻略する3つのファネル

3つのファネル
  1. パーチェスファネル
  2. インフルエンスファネル
  3. ダブルファネル

ファネル1:パーチェスファネル

パーチェスファネルの図
パーチェスファネル

ここまでで紹介した一般的なファネルのこと

※「パーチェス(purchase)」は、「購入」という意味がある

パーチェスファネルは、消費者が商品を購入するまでのプロセスである「AIDMA(アイドマ)モデル」を発展させた概念になります。

AIDMA(アイドマ)モデル

AIDMA(アイドマ)の法則
AIDMA(アイドマ)モデル
認知段階A:Attention(注意)
感情段階I:Interest(興味・関心)

D:Desire(欲求)

M:Motive(動機)
行動段階A:Action(行動)

>>AIDMA(アイドマ)の法則の詳細はこちら

ファネル2:インフルエンスファネル

インフルエンスファネルの図
インフルエンスファネル

消費者が購入した後のファネルのこと

※「インフルエンス(influence)」は、「影響を与える」という意味がある

ファンになってくれた顧客が、さらに商品をリピートしたり、それを口コミSNSなどで拡散したりすることで、さらに売上を作ることができます。

例:有名人による宣伝

たとえば、有名人が宣伝した商品ってすぐに完売してしまったりしますよね?

これはまさにインフルエンスファネルを効果的に使った戦略と言えるでしょう。

インフルエンスファネルは、

先ほど紹介した「AIDMA(アイドマ)モデル」をネット社会に適応した形にアレンジした「AISAS(アイサス)モデル」のことだと言えます。

AISAS(アイサス)モデル

AISAS(アイサス)の法則
  • A:Attention(注意)
  • I:Interest(興味・関心)
  • S:Search(検索)
  • A:Action(行動)
  • S:Share(共有)

>>AISAS(アイサス)の法則の詳細はこちら

ファネル3:ダブルファネル

ダブルファネルの図
ダブルファネル

「パーチェスファネル」と「インフルエンスファネル」を融合させたファネルのこと

つまり、簡単に説明するのであれば、自社の影響も使いながら、他者からの影響も使うという最強の戦略のことですね。

なので、「パーチェスファネル」と「インフルエンスファネル」のファネルを意識しながら、改善を進めていきましょう。

まとめ:ファネル分析

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. ファネル分析とは
  2. ファネル分析のやり方
  3. 3つのファネル

というテーマでブログを執筆しました。

ファネル分析は、売上を上げるためには必要不可欠な分析法と言えます。

なぜなら、ファネル分析をしなければ、改善ができないからです。

なので、もしも、売上が上がらずに悩んでいるようであれば、まずはファネルを徹底的に分析するようにしましょう。

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。