オズボーンのチェックリスト|画期的なアイディアを生み出す9つのチェック項目

オズボーンのチェックリストとは、特定のテーマに9項目の質問をすることで、画期的なアイディアを作り出すフレームワークのことです。

アイディア出しに困ってはいないでしょうか?

アイディアを出す力は、ビジネスなどにおいて非常に大切な力と言えるでしょう。

なぜなら、ちょっとしたアイディアがきっかけで、大きなビジネスを生む可能性がありますからです。

しかし、いざ「アイディアを出せ!」と言われてもなかなか出てこないものですよね?

そんなアイディア出しに一役買うのが「オズボーンのチェックリスト」なのです。

ぜひ、今回の記事をチェックして新しいアイディアを出せるようにしていきましょう。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. オズボーンのチェックリストとは
  2. オズボーンのチェックリストの具体例
  3. オズボーンのチェックリストのオススアプリ

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

オズボーンのチェックリストとは

オズボーンのチェックリスト

特定のテーマに9項目の質問をすることで、画期的なアイディアを作り出すフレームワーク

9つのチェック項目
  • 転用:他の使い道はないか?
  • 応用:他のアイディアを応用できないか?
  • 変更:変えてみたらどうか?
  • 拡大:拡大してみたらどうか?
  • 縮小:縮小してみたらどうか?
  • 代用:代用してみたらどうか?
  • 置換:入れ替えてみたらどうか?
  • 逆転:逆さにしてみたらどうか?
  • 結合:組み合わせてみたらどうか?

オズボーンのチェックリストの提唱者

オズボーンのチェックリストは、ブレイン・ストーミングの考案者でもあるアレックス・フェイクニー・オズボーン氏により提唱されました。

ブレイン・ストーミングとは

ブレイン・ストーミングとは、集団の場でアイディアを出し合うことで、創造的なアイディアを作り出す思考法のことです。

まずはみんなで評価を加えることなく、とにかく1つのテーマについてのアイディアを出しまくります。

そして、出たアイディアたちをそれぞれ結びつけることで創造的なアイディアを作っていくという思考法です。

ブレスト×オズボーン=最強

しかし、ただアイディアを出しまくると言っても、そう簡単なことではありません。

そんな時に、オズボーンのチェックリストを活用することで、違った視点からアイディアを出すことができるようになります。

このように、オズボーンのチェックリストは、ブレイン・ストーミングと一緒に使うこともできたりするフレームワークと言えるでしょう。

ブレインストーミングとは|やり方・進め方・ルールを解説

オズボーンのチェックリストを詳しく解説

ではここからは、オズボーンのチェックリストにある9つの要素についてそれぞれ解説していきます。

9つのチェック項目
  • 転用:他の使い道はないか?
  • 応用:他のアイディアを応用できないか?
  • 変更:変えてみたらどうか?
  • 拡大:拡大してみたらどうか?
  • 縮小:縮小してみたらどうか?
  • 代用:代用してみたらどうか?
  • 置換:入れ替えてみたらどうか?
  • 逆転:逆さにしてみたらどうか?
  • 結合:組み合わせてみたらどうか?

転用

転用

他の使い道はないか?

例:コップの使い道

「コップ」をテーマにオズボーンのチェックリストを活用した場合の話をしましょう。

本来「コップ」には「液体を入れる」という役割がありますが、これに別の使い道を検討するのです。

たとえば、よく家具店などに足を運ぶと、「入れ物」としてのコップが「装飾品」としてのコップとして使われていることがあります。

今では、コップを装飾品として扱うのが普通になっていますが、よく考えたらこれって面白いことですよね。

応用

応用

他のアイディアに応用できないか?

例:フクロウの羽

フクロウの羽はよくできています。

というのも、獲物に気づかれために、飛行時の騒音がカットされるような作りになっているからです。

これを基に、人類は新幹線が走る際の騒音をなんと30%もカットすることに成功しました。

つまり、動物の持って生まれた武器を文明に応用したわけです。

このように、その他の原理原則(つまり、アイディア)を借用して、今直面しているテーマに応用していく感じですね。

変更

変更

(色、形、デザイン、仕様、利用目的、意味、ターゲットなどを)変えてみたらどうか?

例:ランチョンマット

たとえば、ランチョンマットには、お洒落で可愛らしいものがたくさんありますが、ある発想によりランチョンマットがバカ売れするという自体が発生しました。

その発想とは、ランチョンマットの色を青色にするというものでした。

つまり、お洒落、可愛い、などの視点ではなく、ただを変更しただけ。

ではなぜ色を変えただけでバカ売れしたのでしょうか?

結論、ダイエットとして使えるからです。

人は青色を見ながら食事をすると食欲が減退するらしいのです。

拡大

拡大

(大きさ、高さ、個数、頻度、割合などを)拡大してみたらどうか?

例:マイケル・ジャクソンの間

たとえば、マイケル・ジャクソンは「間」をあえて長くとることで、観客を惹きつけることに成功しました。

1992年のルーマニアのブカレストで行われた『デンジャラス・ツアー』のオープニングは今でも伝説となっています。

なんと、マイケルがステージに登場してから、1分39秒も立ったまま微動だにしなかったのです。

この1分39秒の間、多くは観客は「きゃー!!!」と大声を叫びながらずっと感動していました。

このように、あえて極端に「間」を長くすることで、思わぬ魅力を作り出すことができたのです。

縮小

縮小

(大きさ、高さ、個数、頻度、割合などを)縮小してみたらどうか?

例:ポジショニング戦略

広くとっていたターゲットを小さく絞り込むことで、

読者に刺さるライティングができるようになり、結果、ネットでのコンバージョンをアップさせることができます。

これを、ポジショニング戦略といいます。

たとえば、下記の2つのターゲットをご覧ください。

2つのターゲット
  • 契約率を高めたい営業マン向けに〜
  • 契約率を高めたい保険営業マン向けに〜

前者と後者では、前者の方がターゲットをより具体的に絞り込んでいるため、読者に響く文章が書けるようになるのです。

代用

代用

他のもの(人、モノ、材料、製法、場所など)で代用できないか?

例:肉を使わないハンバーグ

アイディア料理ではたびたび代用が使われます。

たとえば、「肉を使わないハンバーグ」がそうですね。

肉を使わずに「豆腐」で代用することで、低カロリーな食事にすることができる上に、味は本来のものとそっくり。

他にも、「フットサル」は外で行っている「サッカー」の室内バージョンですよね?

これはボールを蹴る場所を室内で代用した例となります。(縮小も入っていますね)

置換

置換

(配置、順番、因果関係を)入れ替えたらどうか?

例:商品・サービスを提案する

たとえば、営業で商品を売る際に、

「低額のサービス→高額のサービス」という順番ではなく、「高額のサービス→低額のサービス」という順番にすることで契約率が高まります。

なぜなら、アンカリング効果という心理テクニックを使うことができるからです。

他にも、「朝キャバ」もそうですね。

普通夜に営業するものを、朝に入れ替えてみた例のひとつになります。

逆転

逆転

(上下、左右、前後、表裏などを)逆転させてみたらどうか?

例:映画『メメント』

たとえば、帽子は本来ツバがついている方を前に被りますが、これを前後逆にすることで逆にお洒落になったりします。

他にも、映画ではクライマックスを最後に持っていくのが普通ですよね?

しかし、2000年に公開された『メメント』という映画は、

なんとクライマックスを先に出してから、それに到るまでのプロセスを物語にすることで、当時大人気映画となりました。

つまり、時系列を逆にしたのです。

結合

結合

組み合わせてみたらどうか?

例:猫×カフェ

たとえば、「猫カフェ」や「ふくろうカフェ」「爬虫類カフェ」などはまさに結合による発想と言えます。

結論、結合は「足し算」「掛け算」する方法ですね。

他にも、「LGBT専用のマッチングアプリ」なども最近流行していたりします。

これは、他の8つのチェックリストよりも比較的使いやすいものではないでしょうか?

オズボーンのチェックリストにオススメのアプリ

ではここからは、オズボーンのチェックリストを効果的に使ってもらうためのオススメのアプリを紹介していきます。

いちいち紙に書いて行うのも面倒ですからね。

アイディアミキサー

アイディアミキサー
アイディアミキサー
開発元:ColorBoxStudio
無料
posted withアプリーチ

では、ここからは、“アイディアミキサー”の使い方を解説しますね。

手順1

手順2

手順3

手順4

もちろん、紙やその他のメモアプリでも大丈夫という方は、インストールする必要はありませんが、

もしも、「アイディアをしっかり管理したい!」という方は、ぜひインストールしておきましょう。

L-smartで論理的に

論理的に発言できない…
論理的に思考できない…
論理的に解決できない…

そんな悩みはL-smartで解決しましょう!

L-smart(エル・スマート)とは、「論理的思考力を身につけ、賢く」というコンセプトの個別プログラムです。

「Logical(論理的な)」「Smart(賢い)」から来ています

ロジカルシンキングの重要性

ロジカルシンキングとは、物事を筋道立てて考える思考法です。

これは、営業、マーケティングなど様々など分野で活躍するスキルといえるでしょう。

もちろん、論理的思考力を手にすることができれば、社会的成功も夢ではありません。

もしも、そんな力を手にすることができるL-smartの詳細について詳しく知りたいという方は、下記の記事を参考にしてください。

L-smart

まとめ:オズボーンのチェックリスト

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. オズボーンのチェックリストとは
  2. オズボーンのチェックリストの具体例
  3. オズボーンのチェックリストのオススアプリ

というテーマでブログを執筆しました。

オズボーンのチェックリストを使うことで、様々な角度からのアイディアを創出することができます。

なので、下記の9つの項目を写メにでも撮って、いつでも確認できるようにしておきましょう。

9つのチェック項目
  • 転用:他の使い道はないか?
  • 応用:他のアイディアを応用できないか?
  • 変更:変えてみたらどうか?
  • 拡大:拡大してみたらどうか?
  • 縮小:縮小してみたらどうか?
  • 代用:代用してみたらどうか?
  • 置換:入れ替えてみたらどうか?
  • 逆転:逆さにしてみたらどうか?
  • 結合:組み合わせてみたらどうか?

もしも、その他のアイディア出しの方法について知りたい方は、下記の記事なども参考にしてもらえればと思います。

シェア嬉しい!

➡︎オータニに質問する
➡︎オータニに質問する