KJ法とは|例・やり方を具体的に解説

KJ法とは、ブレインストーミングにより出たアイディアをまとめることで、創造的な解決策を生み出すフレームワークのことです。

 

“お悩みくん”
ブレインストーミングによって、アイディアを出したのはいいものの、それをどうやってまとめて実際に使える形に落とし込んでいくのか?…
“オータニ”
と困った経験がある人も多いのではないでしょうか?

この記事では、このような悩みを解決していこうと思います。

 

もしも、まだブレインストーミングについての知識が無い方は、下記の記事をチェックしてもらえればと思います。

ブレインストーミングとは|やり方・進め方・ルールを解説

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. KJ法とは
  2. KJ法に必要なツール
  3. KJ法の進め方

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

KJ法とは

ブレインストーミングにより出たアイディアをまとめることで、創造的な解決策を生み出すフレームワーク

 

KJ法の提唱者

1967年、文化人類学者であり、東京工業大学名誉教授である川喜田二郎氏により考案されました。

由来はというと、彼の苗字と名前の頭文字をとって「KJ法」と名付けられました。

KJ法の前に準備するもの

KJ法を行う前には、最低限下記の2つのものを用意してからにしましょう。

  • ポストイット
  • カード
  • 図解用の紙

 

ポストイット

(カードでも可)

ポストイットの場合は、2〜3種類の色のものを用意しましょう。

なぜなら、カード作り用(アイディアを出すカード)表札用(グループ化した時に使うカード)が必要だからです。

 

カード

(ポストイットでも可)

カードの場合は、名刺サイズほどの小さなものにするようにしましょう。

なぜなら、あまりにも大きすぎると、たくさん広げた時に場所を取るからです。

 

カードは全てが同じ色で統一されていることがあります。(主に白色)

なので、カード用と表札用で分けるため色違いのペンを2〜3種類は用意しておくようにしましょう。

 

図解用の紙

割と大きめの紙を1枚用意しましょう。

なぜなら、出たアイディアを図解化する際に、必要になるからです。

この紙に矢印(相関関係や対立などの)や文字を書いていくからです。

 

個人的にはA3くらいがオススメなのですが、

アイディアの量が多くなると想定されるのであれば、A2、A1でもいいかもしれません。

 

KJ法のやり方

  1. カード作り
  2. グループ化
  3. 図解化
  4. 文章化

上記のような4ステップでKJ法を進めていきます。

 

1.カード作り

  1. カード作り
  2. グループ化
  3. 図解化
  4. 文章化

 

ここでは、ブレインストーミングを用います。

ブレインストーミングを行う際には、4つのルールを守るようにしましょう。

ブレインストーミングの4つのルール

  1. 批判しない
  2. 自由に発想する
  3. 質よりも量
  4. アイディアを結合する

①~③を意識して、アイディアをとにかく書き出すようにしましょう。

(④に関してはKJ法です)

 

関連記事

ブレインストーミングとは|やり方・進め方・ルールを解説

 

カード作りのコツ

カード作りをする際は、下記の2つのことを意識するようにしましょう。

  1. 1カード、1メッセージ
  2. そのままの形で記載する

 

⑴1カード、1メッセージ

ひとつのカードには、ひとつのメッセージを記載するようにしましょう。

つまり、ひとつのカードにいくつもの内容を書いてはいけません。

なぜなら、ひとつのカードにいくつもの内容を書いてしまうと、分割できないため後でまとめる際に面倒になるからです。

 

⑵そのままの形で記載する

書記係がいる場合は、発言者の言葉をそのままの形でカードに記載するようにしましょう。

なぜなら、発言者の発言を無理に抽象化してしまうと、書記係の主観が入ってしまうからです。

すると、それはもう書記係の意見になってしまいますからね。

 

2.グループ化

  1. カード作り
  2. グループ化
  3. 図解化
  4. 文章化

 

グループ化の3ステップ

グループ化では、下記のことを行います。

  1. 全てのカードに目を通す
  2. 近い内容のカードをまとめる
  3. 表札を作る

 

ステップ1.全てのカードに目を通す

枚数が多い場合には大変ですが、全てのカードに目を通すようにしましょう。

作成したカードを広く並べて、俯瞰的に確認するのがオススメです。

 

ステップ2.近い内容のカードをまとめる

①をすると、似たような内容のカードが見つかるハズです。

なので、それらを1つのグループとしてまとめます。

 

ポイントは、5枚1組以下くらいになるようにしましょう。

なぜなら、一気にグループ化し過ぎると、図解化に苦労するからです。

(図解化については後ほど解説)

 

ステップ3.表札を作る

表札とは、そのグループ全体をまとめたものです。

たとえば、「サッカー」「バスケットボール」「テニス」で構成されたグループであれば、それに「スポーツ」という表札を作ります。

表札の色は、必ずアイディアのカードと違う色にしましょう。

なぜなら、単純に分かりにくくなるからです。

もしも、カードの色が全て一緒なのであれば、色違いのペンを使って表札を作るようにしましょう。

とにかく、表札であることがすぐにわかればよしです。

 

グループ化のコツ

グループ化では、下記の4つのことを意識していきましょう。

  1. どのグループにも属さないカードはそのままにする
  2. 小グループから大グループへ
  3. カードの枚数が多い場合は中グループを作るのもアリ
  4. グループ化したらチェックし直す

 

ポイント1.どのグループにも属さないカードはそのままにする

多くのカードを作ると、どこにも属さないカードもちらほら出てくるハズです。

しかし、それらのカードを無理にどこかのグループに所属させないようにしましょう。

というのも、群れから外れたカードはそれだけで価値がある、または見当違いのアイディアである可能性があるからです。

さらに、後から大グループを作る際に、どこかに所属する可能性もあるからです。

 

ポイント2.小グループから大グループへ

必ず小グループを作ってから、大グループを作るようにしましょう。

 

なぜなら、大グループから小グループへと砕いていくのは作業効率が悪いからです。

一度まとめたものを、また一枚一枚見直して、それを砕いていくのって面倒ですよね?

 

しかし、細かくグループ化したものを、また繋いでいく作業は簡単です。

だから、小グループから大グループを作っていくようにしましょう。

 

ポイント3.カードの枚数が多い場合は中グループを作る

カードの枚数が多い場合は、小グループからいっきに大グループを作る必要はありません。

「小グループ→中グループ→大グループ」という感じで、「中グループ」を挟むようにしましょう。

むしろ、「中グループ」ができるということは、それだけ複数のアイディアが出せたということなので、いい傾向と言えます。

 

ポイント4.グループ化したらチェックし直す

一度グループ化したら、もう一度それが正しくグループ化されているかどうかを確認しましょう。

なぜなら、「小グループ」を作る時は、数が多く直感でグループ化することになるので、グループ化の精度が落ちているからです。

 

だから、そのグループが似た要素でまとまっているかどうかを改めてチェックします。

すると、意外なことに「これってこっちのグループの内容じゃん!」という気づきがあったりも。

つまり、一度作ったグループを再確認することで、グループ化の精度をあげることができるのです。

 

3.図解化

  1. カード作り
  2. グループ化
  3. 図解化
  4. 文章化

 

図解化の2ステップ

図解化では、下記のことを行います。

  1. 空間配置
  2. フレームワークを使う

 

ステップ1.空間配置

上記のような感じで、関連性のあるグループを近くに設置します。

この際、予め買っておいた画用紙の上に設置することがオススメです。

なぜなら、後からこれを文章化するからです。

 

ステップ2.フレームワークを使う

次は、相関関係や対立構造などをフレームワークを使って図解化していきます。

図解化に使える4つのフレームワーク

 

ツリー型

ツリー型は、ロジックツリーとも言われており、論理構造を表す時に使うフレームワークになります。

たとえば、Aという主張をがあった時に、B、C、Dという3つの理由があるのであれば、上記の図のように表現します。

 

フロー型

フロー型は、時系列や因果関係を表す時に使うフレームワークになります。

基本的には、左から右へ図解していきます。(だいたい分かりますよね?)

 

サテライト型

サテライト型は、相互依存的な関係を表すフレームワークになります。

たとえば、人間は「血」「肉」「骨」で構成されているわけですが、これら3つの要素はサテライト型でまとめることができます。

 

サイクル型

サイクル型は、その名の通り循環などを表すフレームワークになります。

たとえば、ビジネスで使われるフレームワークに「PDCAサイクル」がありますが、これはまさにサイクル型で表現できるものですよね。

PDCAサイクル

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)を繰り返して目標達成率を高める計画術

関連記事

PDCAサイクルはもう古い?|目標達成率UPのフレームワークを解説

 

図解化に使える矢印

 

4.文章化

  1. カード作り
  2. グループ化
  3. 図解化
  4. 文章化

ラストは、図解化したものを文章していきます。

文章化する時は、紙でもネットでもどちらでもOKです。

 

文章化のコツ

文章化のコツは、いっきに全てを文章化しないことです。

それぞれのグループで文章化していき、後からそれを論理的にまとめるようにしましょう。

なぜなら、いっきに全てを文章化しようとすると、なかなか文章化できないことがあるからです。

 

この場合、まずはAとBの因果関係を文章化していきます。

次に、Bと対立関係であるCとDについて文章化していくのです。

 

そして、後から「AB」と「CD」の対立関係を文章化していく感じですね。

他のE、F、Gに関しても全く一緒です。

これら全ての作業が終わったら、全てを1つの文章にまとめていきましょう。

 

まとめ:KJ法

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ

  1. KJ法とは
  2. KJ法に必要なツール
  3. KJ法の進め方

というテーマでブログを執筆しました。

 

KJ法を使うことで、みんなで出したアイディアを画期的な1つのアイディアに仕上げることができます。

なので、今までブレインストーミングで終わっていた人は、ぜひKJ法も活用していきましょう。

 

もしも、その他のアイディア術について知りたい方は、下記の記事なども参考にしてもらえればと思います。

 

参考図書

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。