無料のオンラインサロンはこちら

【PDCAサイクル】効率的に成果をあげるフレームワークを解説

PDCAサイクルとは、4つのプロセスぐるぐる回すことで目標達成率を高めるフレームワークになります。

 

これは、教育、スポーツ、ビジネスなど様々な場面で使われるフレームワークです。

つまり、どの分野にでも応用できる汎用性はんようせいの高いフレームワークと言えるでしょう。

ぜひ、この記事でPDCAサイクルをしっかり理解し、あなたの業界に応用していただければと思います。

本日のテーマ

  1. PDCAサイクルとは
  2. PDCAサイクルの具体例
  3. PDCAサイクルのデメリット
  4. OODA(ウーダ)ループとは

 

PDCAサイクルとは

PDCAサイクル

4つのプロセスぐるぐる回すことで目標達成率を高めるフレームワーク

PDCAサイクルは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」の頭文字をとったもので、

基本的には「Plan(計画)」から「Act(改善)」へ向かってグルグル回していくフレームワークとなります。

(後ほど例外を紹介します)

 

4つの要素を理解する

では、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」をそれぞれどのようなことを行うのか?をみていきましょう。

 

Plan(計画)

まずは、目標とそれを達成するための行動計画を立てます。

この時、目標と行動計画は具体的にするようにしましょう。

なぜなら、目標や行動計画が具体的じゃないと、実際の行動が具体的にならないので、目標達成率を下げることに繋がってしまうので注意です。

 

「5W1H」「数字」を使うことで、より具体的にすることができます。

5W1H

  • Who(誰が?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • What(何を?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

 

Do(実行)

Plan(計画)で立てたことを実行に移します。

Plan(実行)では、行動計画になるべく忠実に、そして後から記録をつけることを意識しながら実行するようにしましょう。

なぜなら、行動の質を高めるための正確な改善ができなくなってしまうからです。

 

Check(評価)

実際の自分の行動を評価していきます。

ここでは、「達成できたか?できなかったか?」という二択ではなく、「どれくらい達成できたか?」を意識して評価するようにしましょう。

つまり、計画の内容と行動の内容のギャップを明確にするのです。

これにより、そのギャップを埋めるための具体的に改善をすることができるようになるので、目標達成率がグンと高まります。

 

ACT(改善)

ギャップを埋めるための方法を思考していきます。

この時、立案した計画の修正・継続・中止の判断を行うようにしましょう。

なぜなら、間違った計画をずっと継続し続けても、それはコストの無駄になるからです。

たとえば、あまりにも大きすぎる計画だった場合は目標を小さくして続行したり、

そもそも見当違いの計画を立てていたのであれば、計画を中止して別の角度から計画し直すことが大切になります。

 

PDCAサイクルの具体例

では上記のことを踏まえて、具体例をみていきましょう。

 

野球部でレギュラーに入る

Plan(計画)

あなたは、「野球部でレギュラーに入る!」という目標を立てたとする。

そこで、レギュラーに入れるようにするために、「土日以外は朝5時に起床して30分の素振りをする」という計画を立てます。

 

Do(実行)

そこで、立てた計画をとりあえず1週間実行することにしました。

 

Check(評価)

しかし、1週間も経過することなく、4日目には朝起きれなくてサボるようになってしまったのです。

ではなぜサボるようになってしまったのでしょうか?

それは、夜に行うゲームに問題がありました。

その結果、寝不足となり二度寝してしまい、結局起床する頃には学校に登校する時間となってしまっていたわけです。

 

Act(改善)

この評価を受けて、「夜10時以降はゲームをしない!」という計画を立てることにします。

さらに、「24時までには何があっても必ず就寝する!」という目標も同時に追加することにしました。

 

PDCAを使って成果をあげる

ではここからは、PDCAサイクルを使って成果をあげる具体例を紹介していきます。

 

営業成績をあげる

 

plan(計画)

まずは、「月に20万円の単価の商品を5件販売する!(売上100万円)」という目標を立てます。

細分化するとこんな感じです。

<目標要素> <営業目標>
売上目標 100万円
契約目標 5件(契約率50%と仮定)
集客目標 10件

※単価は20万円、契約率は50%だとする

 

次に、上記の目標を達成するための行動目標を立てることにします。

<行動内容> <行動目標>
広告を回す 最低5名の集客
紹介をもらう 最低5名の集客

つまり、この戦略によって合計で10名の見込み顧客を集めればいいわけですね。

 

補足説明

他にも、単価を上げたり、契約率を上げるための営業の強化などもあげられます

 

Do(実行)

上記で立てた目標を1ヶ月ほど継続してみます。

 

Check(評価)

では実際の結果を振り返っていきまましょう。

結果はこうなりました。

<目標要素> <営業目標> <営業結果>
売上目標 100万円 80万円
契約目標 5件(契約率50%と仮定) 4件
集客目標 10件 5件

 

残念ながら、20万円分の目標達成をすることができませんでした。

 

では、どこに問題があったのかをみていきましょう。

5件の集客をして4件の契約が決まっているということは、一見、営業力にはさほど問題はなさそうですね。

(マーケティングがしっかりしている可能性もアリ)

 

しかし、図を見てもらえれば分かる通り、集客目標が全く達成されていません。

つまり、ボトルネック(目標達成できない原因)は、集客数にあることが分かりました。

しかも、集客の内訳は下記のような結果でした。

<行動内容> <行動目標> <行動結果>
広告を回す 最低5名の集客 集客数1名(不成約)
紹介をもらう 最低5名の集客 集客数4名(全員成約)

 

つまり、広告が全く役になっていなかったのです。

広告による売上はゼロだったということになりますね。

 

Act(改善)

上記の結果を基に改善していきます。

今回は、広告に敗因があったということが分かりましたので、広告の中身を変えていきます。

たとえば、ターゲット、ライティング、デザイン、CTA(行動要請)などですね。

 

さらに、月間での紹介依頼の数も増やすことにしました。

というのも、紹介からの契約率が高いということが分かったからです。

 

そして、今月も目標達成を狙っていきます。

もしも、またボトルネックが発見できたら、その都度また改善していく感じですね。

 

PDCAサイクルのデメリット

ではここからは、PDCAサイクルのデメリットについて解説していきます。

 

PDCAサイクルの目的

PDCAサイクルは、もともと工場の生産性向上のために作られたフレームワークになります。

 

大量生産・大量消費

PDCAサイクルが作られた時代は「大量生産・大量消費の時代」でした。

だから、大量の商品をムダなく効率的に生産していくこと、ミスが起きた時にそれをすぐに改善することが大切だったのです。

そこで積極的に使われたのが、PDCAサイクル。

 

この戦略により、自動車メーカーの『トヨタ』や携帯事業で有名な『ソフトバンク』などが売上を上げることに成功しました。

しかし、それがなぜか表面上の理由だけで教育やスポーツ、ビジネスなどに応用されるようになったというわけです。

 

作業工程が明確さ

PDCAサイクルは、前述した通り、工場の生産性向上に使われていたもので、

もっと具体的に説明するのであれば、「作業工程が明確化されている対象」に使われていたフレームワークなのです。

 

たとえば、車を製造する際にはその工程がありますよね?

「工程A→工程B→工程C」のような感じで。

 

ある時、ヘンテコな車が出来上がってしまったとする。<Do(実行)>

そこで、それぞれの工程をチェックしたところ、工程Bに問題があっとよう。<Check(評価)>

なので、工程Bを改善して、<Act(改善)>また車を製造してみることに。

すると、以前のような問題は起こらなくなりました。

※Plan(計画)は作業工程のこと

 

このように、PDCAサイクルは、ある特定の業務を改善するために使われていたのです。

つまり、教育、ビジネス、スポーツなどの作業工程が明確化されていない対象には不向きであると言えるでしょう。

“オータニ”
まぁ、使えなくはないのですが

 

PDCAサイクルとOODAループ

では教育、ビジネス、スポーツなどではどうすればいいのでしょうか?

そこでオススメするのが「OODA(ウーダ)ループ」というフレームワーク。

これは、「PDACサイクル」とよく比較されるフレームワークです。

【OODA(ウーダ)ループ】「PDCAサイクル」に変わるフレームワーク

 

OODA(ウーダ)ループ

OODAループ

先が読めない状況で迅速な意思決定を行うためのフレームワーク

OODAループは、「Observe(観察する)」「Orient(方向づける)」「Decide(決断する)」「Act(実行する)」の頭文字をとったもので、

基本的には、「Observe(観察する)」から「Act(実行する)」へ向かってぐるぐる回していくフレームワークとなります。

 

OODA(ウーダ)ループの具体例

では、上記の内容を基に具体例をみていきましょう。

 

YouTubeやろうか?否か?

最近では、YouTubeでマーケティングをする人たちが増えていますが、今回はそれを例として扱っていこうかと思います。

 

Observe(観察する)

最近、多くのビジネスマンがYouTubeに参入しているなぁ〜

ここで大切なことは、事実をありのままに観察することです。

 

Orient(方向づける)

もしかしたら、私もYouTubeに参入した方がいいのかもしれない

ここでは、観察した内容を基に仮説を立てます。

 

Decide(決断する)

よし!私もYouTubeをやってみよう!

観察した内容と仮説を基に意思決定を行います。

 

Act(実行する)

YouTubeのチャンネルを解説したり、実際に動画を撮影したりします。

 

PDCAサイクルでは、最初に計画を立てることをしますが、

OODA(ウーダ)ループの特徴としては、行動までのスパンが短く、「やってみないと分からない!」という思考に基づいているところです。

 

ここでは、YouTubeの具体例を取り上げましたが、これって大抵の分野でも同じことが言えますよね。

結局、やってみないと何も分からないし、行動することからしか問題点を抽出することはできないので、まずはとにかく行動です。

 

もしも、行動の重要性について理解を深めたい方は、こちらの動画をチェックしてもらえればと思います。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. PDCAサイクルとは
  2. PDCAサイクルの具体例
  3. PDCAサイクルのデメリット
  4. OODA(ウーダ)ループとは

というテーマでブログを執筆しました。

 

PDCAサイクルとは

4つのプロセスぐるぐる回すことで目標達成率を高めるフレームワーク。

 

オススメ図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。