無料のオンラインサロンはこちら

【5W1H】6つの問いから生まれるアイディア術

5W1Hとは、あるテーマや課題、問題に6つの質問をぶつけることで、多面的に考察するフレームワークです。

 

これにより、思考が広がり、それまで気付いていなかった視点を手にすることができるようになります。

なので、「もっと、問題について多面的に考えたい!」という方にはうってつけのフレームワークですね。

さらに、もしも「面白い企画や商品のアイディアを出したい!」という方は参考にしていただければと思います。

本日のテーマ5W1Hで創造的なアイディアを出すコツ

 

6W2Hとは

5W1H

あるテーマや課題、問題に6つの質問をぶつけることで、多面的に考察するフレームワーク

5W1Hとは
  • Who(誰が?)
  • What(何を?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

これ以降では、5W1Hを使って「恋活イベント」のアイディアを出すという具体例を使って説明していきます。

 

1.Who(誰が?)を変える

従来の商品・サービスは「誰が?」使っていたのかを考えます。

もしも、ターゲットを変えることに成功したら、全く新しいアイディアとなる可能性は大です。

  • 年齢
  • 性別
  • 年収
  • 地域
  • 業種
  • 価値観

 

新しい恋活イベントを作る

たとえば、この場合は、「性別」を変えてみましょう。

すると、「同性愛者の恋活イベントってないな?」と考えるわけです。

性別にコンプレックスを持っている人たちも多く、出会いの場が限られていることもあるので、かなりいいアイディアですよね?

あとは、同性愛者の人口などを調べ、コストと見合うかどうかなどを検討に入れます。

 

2.What(何を?)を変える

従来の商品・サービスは、「何を?」提供しているのかを分析します。

つまり、「どのような価値を提供しているのか?」を考えるのです。

たとえば、

  • 即効性(すぐに〜できる など)
  • 利便性(〜できて便利 など)
  • 価格(激安の〜 など)
  • 情動(楽しい! など)

などが挙げられますね。

吉野家の牛丼であれば、「早い!うまい!安い!」を掲げているわけですが、これにより時間がないサラリーマンなどが利用者が多いですよね。

 

新しい恋活イベントを作る

たとえば、「テニスが好きな人たちが集う恋活イベント」なんてどうでしょうか?

そうすることで、変な緊張感を払拭できて「楽しく!」恋活できる空間を提供することができそう。

しかも、運動をすると心拍数が上昇して、脳はそれを恋だと錯覚するので、マッチング率がUPし、今後のイベント実績として使えそうですよね。

 

3.When(いつ?)を変える

従来の商品・サービスは「いつ?」提供しているのかを分析します。

たとえば、

  • 時間
  • 季節
  • タイミング(〇〇の前後)
  • 順番

などですね。

 

新しいマッチングアプリを作る

たとえば、人肌恋しい冬ではなく、あえて灼熱の夏に行う「真夏の!沖縄恋活イベント」を行ったり、

男性から告白するのではなく、逆に「女性から告白する恋活イベント」など。

 

4.Where(どこで?)を変える

従来の商品・サービスは「どこで?」提供しているのかを分析します。

やることは同じでも、「どこで?」を変えるだけで、全く新しいイベントになる可能性が大です。

たとえば、

  • 場所
  • 位置

などですね。

 

新しい恋活イベントを作る

たとえば、

  • 運動場
  • 神社
  • バス
  • 自宅(ビデオ通話)

などにしたり。

 

5.Why(なぜ?)を変える

従来の商品・サービスは、「なぜ?」選ばれていたのかを分析します。

実は、「5W1H」の中で「なぜ?」が一番大切と言えるでしょう。

なぜなら、消費者が商品・サービスを選択する真の理由が眠っている可能性が高いからです。

 

欲求を分析する

消費者がどのような欲求を満たすために、商品・サービスを選んでいたのかを分析しましょう。

そのために、大切なのが『マズローの欲求五段階説』です。

マズローの欲求五段階説とは、人間の欲求を5つに分け、それぞれを数値化した概念のこと。

それぞれの要素を詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてもらえればと思います。

【マズローの欲求五段階説】を徹底解説

 

新しい恋活イベントを作る

たとえば、従来の恋活イベントであれば、「社会的欲求」に刺したものが基本ですよね。

つまり、「人と交わりたい」「恋人が欲しい」など。

しかし、それにプラスαして、

「食事をしたい!(生理的欲求)」「歌を自慢したい!(承認欲求)」など別の欲求に刺したイベントにすると、さらに集客できるかもしれないですよね。

 

ベネフィットを理解する

ベネフィットとは、顧客が得られる未来のことです。

 

たとえば、ワイヤレスの掃除機があったとする。

ワイヤレスであることは商品のメリットになりますが、これにより消費者はどのような未来を手にすることができるでしょうか?

それは、「手間をかけることなく掃除ができる!」です。

 

販売では、メリットではなくベネフィットを意識して販売することで、契約率を一気に高めることができるのです。

なので、今すぐあなたの提供する商品・サービスのベネフィットを書き出してみることをオススメします。

もしも、ベネフィットについての理解をさらに深めたい方は、下記の記事をチェックしてもらえればと思います。

【ホイラーの法則】人にモノを買わせる5つの公式

 

なぜなぜ分析をする

なぜなぜ分析

ある課題に「なぜ?」という質問を繰り返すことで、本質的な原因を究明するフレームワーク

 

あなたの販売する商品・サービスに対して、「なぜ?」という質問を最低5回はぶつけてみましょう。

なぜなら、消費者が商品・サービスを購入する真の理由を発見することができるから。

そして、それを基にすることで、別の視点から新しい企画や商品・サービスを作ることができるようになるのです。

 

もしも、『なぜなぜ分析』への理解を深めたい方は、下記の記事をチェックしてもらえればと思います。

【なぜなぜ分析】本質的な原因を発見する7つのポイント

 

6.How(どのように?)を変える

従来の商品・サービスは、「どのように?」使われていたのかを分析します。

より具体的に説明すると、消費者がどのような順番で商品・サービスを利用しているかを考えるのです。

 

新しい恋活イベントを作る

たとえば、まず消費者がイベントに参加するまでには、ネットで『恋活 イベント』と検索をして、そこから参加申し込みをするという流れだとする。

しかし、これを口コミだけの集客にするのです。

すると、紹介する側も変な人を紹介できないので、質の高い恋活イベントになるでしょう。

 

さらに、その際は、紹介者が同行する恋活イベントでもいいですね。

紹介者には紹介料の代わりに、お食事が食べ放題となり、連れてきたお友達を積極的に異性に紹介する。

すると、人見知りなイベント参加者でも、しっかり対話を楽しむことができますし、紹介側も恋のキューピットとなれますからね。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ5W1Hで創造的なアイディアを出すコツ

 

5W1Hとは

  • Who(誰が?)
  • What(何を?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

 

オススメ図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。