無料のオンラインサロンはこちら

ブログに必要な文字数とは?|3,000文字を楽々に書けるコツを紹介

“お悩みくん”
  • ブログでは1記事あたりどれくらいの文字数が必要なの?…
  • どうすれば長い文章を書くことができるの?…
“オータニ”
このような悩みを抱えていないでしょうか?

実際、Googleの社員は、「文字数は関係ない、重要なのはコンテンツの質だ」と答えています。

しかしその一方で、Googleで検索してみると、やはり2,000~3,000文字の記事が評価されているようにも見て取れます。

実際のところ、どうなのでしょうか?…

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. SEOで大切なことは?
  2. ブログの文字数を増やすコツ

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

この記事を最後まで読んでいただけると、毎日3,000文字の記事を量産することができるようになります。

 

ちなみに、オータニは平均で毎日5,000文字ほどの記事を生産しています。

その証拠がこちら。

その方法もこの記事で共有しますね。

 

ブログに必要な文字数は?

結論から言うと、SEOにとって最適な文字数というのは存在していません。

 

あくまでもユーザーファースト

Googleが評価する記事はあくまでもユーザーファーストになります。

 

ではユーザーファーストの記事とは、どのようなものなのでしょうか?

それは、読者の抱える問題を解決する記事のことです。

つまり、極端なことをいうと「読者の問題が解決されれば、別に文字数はどうでもいい」ということが言えますね。

 

文字数は結果論

しかし、Googleで検索してみると、やはり検索上位を占めているのは文字数が多い記事ですよね?

ということは、やはり文字数も関係あると言えるのではないでしょうか?

結論をお伝えすると、「文字数の多さは、ユーザーファーストの結果」と言えます。

 

「ブログ 文字数」で検索した読者

たとえば、読者が「ブログ 文字数」で調べ物をしたとしますよね?

 

この時に、読者が解決したい問題ってなんだろう?と考えてみましょう。

  • SEOに文字数は関係あるのか?
  • やっぱり1記事あたり3,000文字は書かないといけないの?
  • 文字数が必要なのであれば、どうすれば文字数を膨らませることができるの?

こんな感じでしょう。

 

「ブログ 文字数」と検索した読者に向けて、上記のことについて書かなければならないわけです。

そうすると、自然と文字数って増えますよね?(この記事の文字数は3,800文字

つまり、ブログ記事を執筆する上で大切なことは「網羅性」ということですね。

 

小まとめ

ここまでの内容をまとめると、「ユーザーファーストで記事を執筆しようとすると、自然と文字数が増えざるを得ない」ということですね。

「文字数を増やす→ユーザーファースト」ではない・・・・ということをしっかり理解しておきましょう。

 

ブログの文字数が自然と増えてしまうテクニック

ではどうすれば、読者の問題を解決する記事を作ることができるのでしょうか?

 

結論:ライバルの記事をチェックする

これが一番、手っ取り早いです。

なぜなら、基本的にGoogleで上位表示されている記事は、網羅性がある質の高い記事だからです。

 

たとえば、「ブログ 文字数」で上位表示を狙っているとします。

まずは、「シークレットウィンドウ」を開き、次に、1ページ目の記事を全てチェックしていきます。

シークレットウィンドウ

シークレットウィンドウで検索すれば、閲覧履歴やダウンロード履歴が考慮されない自然な検索結果が出力されます

つまり、純粋な検索結果を知ることができるのです

 

 

↓これがシークレットウィンドウ(ブラウザが黒いです。

そして、これらの記事を全てチェックしていきます。

すると、狙っているキーワードに必要な「要素」を抽出することができます。

 

目次をチェックしよう

オータニは、ライバルの記事をチェックする際は、「目次」を意識して見るようにしています。

なぜなら、「目次」を見るだけで書くべき内容が分かるからです。

 

たとえば、「目次」を読んでから本を読むと非常に読みやすいですよね?

このように、目次をチェックするだけで、その記事が伝えたいことを理解することができるのです。

(もちろん、時間が有り余っているのであれば、全ての記事を読み込んでいくのもアリ)

 

「ブログ 文字数」で検索すると、記事が出力されてくるのですが、その中の1つの記事を参考にしていきましょう。

引用:INFACT(ブログに最適な文字数とは|読者を惹き付ける文字量|SEO対策

他のサイトの目次もチェックしてみてください。

すると、Aサイトでは触れられていなかったことが、Bサイトでは触れられているなんてこともありますので。

 

ブログの文字数を増やせない時は…

もちろん、上記のことをやっていても、文字数を増やすことができないこともあります。

しかし、あることを意識するだけで、誰でも簡単に文字数を増やすことができるようになるのです。

その方法は…

 

結論:具体例を使う

具体例とは、分からないことを分かりやすくするための材料です。

なかなか文字数を増やすことができない人の特徴としてあげられるのが、主張と理由しか伝えていないということ。

しかし、これだけでは読者は問題を解決することができませんし、さらには、文字数も増やすことができません。

 

返報性の原理とは?

たとえば、『返報性の原理』という心理法則をご存知でしょうか?

これは、「貰い物をしたら、お返しをしなければならないと思う心理法則のこと」です。

 

どうですか?しっかりと理解できましたか?

きっと、返報性の原理を全く聞いたことがない人からすると分かりにくい説明ですよね。

 

そんな時に使うのが、具体例なのです!

たとえば、こんな感じで説明します。

たとえば、バレンタインデーにチョコレートをもらったら、ホワイトデーにお返しをしないと!と義務感のようなものを背負いますよね?(具体例)

これが返報性の原理です。

 

このように、説明されると「なるほど!」と思えますよね?

さらに、文字数もかなり増やすことができています。

 

注意:具体例をただただ増やさない

具体例が文字数増やしに使えるからといって使いすぎるのはNG。

なぜなら、クドイ文章が出来上がってしまい、それが離脱に繋がってしまうからです。

 

確証バイアスとは

きっと、この記事を読んでいる人で「確証バイアス」という言葉を聞いたことがある人は少ないかと思います。

【確証バイアス】意味・具体例・回避法を徹底解説

 

このサイトの中に、<【確証バイアス】意味・具体例・回避法を徹底解説>という記事があるのですが、

確証バイアスは理解が難しいために、下記の3つの具体例を盛り込んでいます。

  1. 浮気性の彼氏と別れられない女性
  2. なかなか人を信頼できない人
  3. 占いにどハマりするのは

 

この具体例だけで986文字もあります。これは原稿用紙3枚分ですね。笑

ではこれはクドイと言えるでしょうか?

そんなことありません。なぜなら、分かりにくいものを、分かりやすくするためだからです。

ただ具体例を入れすぎるのはNGですが、より内容を理解してもらおうとする場合には、なるべく具体例を入れて説明することが望ましいと言えるでしょう。

 

まとめ:ブログに必要な文字数とは

では最後に本日の内容をまとめましょう。

 

ブログに必要な文字数とは

ブログで大切なことは、「ユーザーファースト」です。

もっと具体的に説明すると、「文字数の多さは、ユーザーファーストの結果」でしたね。つまり、大切なことは網羅性ということになります。

では網羅性があり、文字数が多い記事を作るためには、何をするべきだったか?

それは、ライバルの記事をチェックする。特に目次をチェックするのがいい。

さらに、具体例なんかも使うとものすごくよかったですね。

 

これらのことを意識するだけで、文字数を気にしなくても、文字数が多い記事を執筆することができるようになります。

ぜひ繰り返し意識してもらえればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。