営業職の面接でアピールするべきこと【→実績不要】

“お悩みくん”
  • 面接で意識するべきことは?…
  • 面接では何をアピールした方がいいの?…
“オータニ”
こんな悩みを抱えていないでしょうか?

 

実際、面接って営業職に限らず緊張しますよね。

特に「集団面接」ともなると、複数の人に見られているので、いつものようなパフォーマンスを発揮できなかったりします。

 

しかし、安心してください。

なぜなら、本日の記事を読んでいただくことで、面接に合格するための対策をすることができるからです。

しっかり対策しておくことで、安心感を生み、本番でも正々堂々と自分をアピールすることができるようになります。

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. 面接で意識するべきこと
  2. 面接官を落とすたった1つのこと

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

営業職の面接で意識するべきこと

では早速、特に営業の面接で一番大切なことをお伝えしようと思います。

 

結論:非言語コミュニケーション

きっと多くの人は「何を伝えるか?」にフォーカスして面接に臨むでしょう。

たとえば、「志望動機」「実績」「転職理由」など。

 

しかし、実際はこのような「何を伝えるか?」ってそこまで影響を与えません。

なぜなら、面接にいちばん影響を与えるのは、「非言語コミュニケーション」だからです。

ポイント

  • 言語コミュニケーション=何を伝えるか?
  • 非言語コミュニケーション=どう伝えるか?

 

メラビアンの法則

メラビアンの法則をご存知でしょうか?

これは、聞き手に与える影響を3つに分け、それぞれを数値化した概念になります。

 

図にするとこんな感じです

ポイント

  • 視覚情報、聴覚情報=非言語コミュニケーション
  • 言語情報=非言語コミュニケーション

 

これが意味するところは、上記3つの矛盾した情報に直面した時に、どれを優先するのか?を表したものとなります。

具体例をみていきましょう。

 

例:笑いながら叱る

この場合、聞き手はどのような印象を受けるでしょうか?

 

これをメラビアンの法則に沿って整理すると下記のような感じです。

  • 笑う=視覚情報(55%)聴覚情報(38%)
  • 叱る=言語情報(7%)

なので、この場合「笑う」という視覚情報と聴覚情報が優先され、聞き手は「叱られている」と感じなくなります。

 

このように、われわれは、言語情報よりも非言語的な視覚情報・聴覚情報の影響を受けるということが分かりますね。

当たり前ですが、これは面接官の時も一緒です。

つまり、あなたの、言語情報よりも、非言語情報を見て優秀かそうじゃないかを判断します。

 

関連記事

【メラビアンの法則とは】「話し方」が影響を与える心理学

 

非言語コミュニケーションで営業の面接を攻略する方法

しかし「非言語情報が大切です!」といっても、では面接の時には、具体的に何を意識することが大切なのでしょうか?

これ以降では、「視覚情報」と「聴覚情報」に分けて解説していきます。

 

視覚情報をコントロールする

  • ルックス
  • 髪型
  • 服装
  • 笑顔
  • ボディーランゲージ

 

ルックス

男性の場合、ルックスはコントロールするのが難しいでしょう。

しかし、女性の場合、化粧などでコントロール可能なので、なるべく綺麗めにするようにしましょう。

なぜなら、ぶっちゃけ面接に受かってしまえば、こちらの勝ちだからです。

 

髪型

清潔感のある髪型であれば、なんでもOKです。

 

服装

もちろん、スーツで面接に向かうようにしましょう。

シワなどをしっかりと伸ばした状態であれば、特に問題なしです。

 

靴は意外と見られています。

というのも、その人の身だしなみは靴に現れるとも言われているからです。

なので、面接当日だけでもいいので、必ず靴は磨いた状態で面接に臨むようにしましょう。

 

笑顔

笑顔は最強の武器です。

なぜなら、笑顔が無い状態は、無愛想だと感じられ、これは営業職において大きなマイナス点だからです。

 

いちおう、笑顔のコツをお伝えしておくと、口だけで笑うのではなく、目も笑うようにするようにしましょう。

といのも、口角だけ上げても、作り笑いに見えてしまうからです。

 

ボディーランゲージ

自信が無い人は小さく表現し、自信がある人は大きく表現しようとします。

つまり、面接官に自信がある印象を与えたいのであれば、大きく表現するようにしましょう。

特に、営業ではやる気を伝えることが非常に大切なので、これは結構大きなファクターと言えるでしょう。

 

聴覚情報をコントロールする

  • 声の大きさ
  • 声の高さ
  • 話すスピード

 

声の大きさ

自信が無い人は声が小さく、自信がある人は声が大きくなります。

なので、全体として声が小さい人は、大きな声で話すようにしましょう。

ただ、大切なのはメリハリです。

つまり、強調したいところはあえて大きな声で話すレベルの工夫で問題ありません。

 

声の高さ

声の高さには、安心感と相関関係があります。

声が高いと相手に温かさを伝え、声が高いと相手に強さを伝えることができるようになります。

 

テクニックとしては、最初は高い声で話すのが良いでしょう。

なぜなら、いきなり低い声で話すと、面接官に高圧的だと感じられてしまうからです。

だから、自分の強みをアピールするなどの時に以外は、高い声の方がいいでしょう。

 

話すスピード

話すスピードは大切ですが、そこまで意識する必要はありません。

なぜなら、改善するのが難しいからです。

 

なので、遅すぎず、早すぎずを心がけるようにすればOKです。

もしも、話すスピードを感覚で理解したい方は、オータニのYouTubeチャンネルを視聴してみてください。

 

非言語コミュニケーションを改善する注意点

結論、ここまでにお伝えした全ての非言語情報を意識しすぎないようにしましょう。

なぜなら、一度に全てのことを意識していては、面接に集中できないからです。

われわれの脳はマルチタスクができない作りとなっており、一度に複数のタスクをこなそうとすると、全てが中途半端になってしまいます。

 

なので、自分ができていないところをピンポイントで、あるいは意識できることを1つ2つ改善するようにしてもらえればと思います。

面接までかなり時間がある人は、それまでに友達などとの会話で意識して改善するようにしてみるのもアリですね。

関連記事

マルチタスクとは|仕事効率を最大化させる方法とは

 

営業職の面接官を落とすたった1つの方法

ではここからは、多くの人たちが勘違いしている、面接官に好印象を与えるコツについて解説していこうと思います。

 

結論:「実績」よりも「ポテンシャル」

もちろん、実績もある程度は大切です。しかし、それよりも大切なことがあります。

それは、ポテンシャルです。

つまり、「こいつならやってくれるかもしれない!」という期待を面接官に持たせることが大切なのです。

 

スタンフォード大学の研究

米国スタンフォード大学のザッカリー・トルマラ氏は、被験者を2つのグループに分けます。

  1. 過去5年間で自分があげた得点についての実績のみが書かれたプロフィールを見せられたグループ
  2. ①の情報とプラスして、「6年目にはこれだけの得点をあげることができるだろう」という期待が書かれたプロフィールを見せられたグループ

 

そのあと、被験者たちに、6年目に支払いたい年俸を答えさせたところ、下記のような結果となりました。

  1. 426万ドル(実績のみ)
  2. 525万ドル(実績&ポテンシャル)

過去5年間の実績が同じでも、そこにポテンシャルが加わると、年俸が100万ドル近くも跳ね上がるという結果となりました。

 

朗報:営業の面接ではポテンシャルだけでもOK

なぜなら、実績をアピールすると、自慢しているようであまりウケがよくないからです。

 

もちろん、「あなたの実績を教えていただけますか?」などと質問をされたら伝えるべきですが、

それ以外では、ポテンシャル重視のアピールをする方がウケが良かったりします。

これはポジティブな言い方をするのであれば、実績がなかったとしても、採用してもらえる可能性は全然あるということです。

 

ポテンシャル+実績

もしも、実績を理解してもらいたい場合は、角が立たないように伝えるのがいいでしょう。

というのも、いきなり「私には〇〇という実績があります」なんて伝えてしまうと生意気に感じるからです。

 

そこで使えるのが、下記の方程式になります。

面接の方程式

ポテンシャル+実績

 

たとえば、下記のように伝えるのがよいでしょう。

私には、この1年間で、新人賞をとる力があります。(ポテンシャル)

なぜなら、今までに、コミュニケーションスクールに1年間通い、そこで講師をしていた経験もあるからです。(実績)

イメージとしてはこんな感じですね。

 

コツ:理由づけが大切

この時に大切なことは、ポテンシャルを伝えた後に、理由づけをすることです。

「なぜなら〜だからです」というやつですね。

なぜなら、理由づけをすることで、説得力を高め、承諾率を高めることができるからです。

 

エレン・ランガーの実験

心理学者エレン・ランガー氏がコピー機のあるオフィスで実験を行いました。

コピー機に並んでいる人たちに対して実験者が「先にコピーをとらせてもらえませんか?」というお願いをするのですが、そのお願いの仕方を3つに分けました。

 

A「先にコピーをとらせてもらえませんか?」という普通のお願いをした場合は、60%近くの人たちがコピーを譲ってくれました。

しかし、B急いでいるので・・・・・・・、先にコピーをとらせてもらえませんか?」というお願いをした場合は、94%の人たちがコピーを譲ってくれるようになったのです。

さらに、Cコピーをとらないといけないので・・・・・・・・・・・・・・・、コピーを先にとらせてもらえませんか?」というお願いをした場合は、93%の人たちがコピーを譲ってくれたのです。

 

このように、理由をつけるだけで、説得力を高めることができるので、もしも実績を伝えるのであれば、理由として添えるようにしましょう。

 

まとめ:営業の面接を攻略する方法

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ

  1. 面接で意識するべきこと
  2. 面接官を落とすたった1つのこと

というテーマでブログを執筆しました。

 

営業の面接で意識することは、「非言語コミュニケーション」「ポテンシャルのアピール」です。

これにより、自信のある人間に見せ、面接を一発合格させることができますので、必ず意識するようにしてもらえればと思います。

 

もしも、面接を合格したら営業についての勉強が必要になりますので、ぜひ動画でも学びを深めていただければと思います。

 

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。