【コミュ力UP講座】コミュ力を上げる方法を7つの動画で解説

コミュ力を上げたい…
人見知りを克服したい…
上手に話せるようになりたい…

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

この記事では、7つの動画を使って、コミュ障がコミュ力の達人になるための方法を紹介します。

動画一つひとつには、宿題も設置されています。

なので、それぞれの動画をしっかり視聴して、コミュ力を鍛えていきましょう。

宿題に関しては、添削などもしていますので、ぜひ気楽にどうぞ!

本格的に!WEBでコミュニケーションを学ぶ

コミュ力を上げる=人生を幸福に生きること

なぜなら、われわれは社会的な生き物だからです。

たとえば、この1週間、誰とも会話をしなかったなんてことがあるでしょうか?

もしも、このこれに対する答えが「YES」なのであれば、これ以上この記事を読む必要はありません。

しかし、この質問に99%の人たちが「NO」と答えるでしょう。

このように、われわれは、社会的な生き物である限り、誰とも会話をしないなんてことはあり得ないです。

コミュ力は汎用性はんようせいが高い

では、なぜコミュ力が大切なのか、もうお分かりですね?

結論、人との関わりの中で、幸福な人生を送るためです。

コミュ力は、仕事・交友・恋愛すべてに必要な誰もが鍛えるべき能力なのです。

なので、ぜひこの記事があなたのコミュ力を高めるきっかけとなってもらえればと思います。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  • 第1章:コミュ力を上げる上で大切なこと
  • 第2章:印象を操作する2つの要素
  • 第3章:相手の好意を操る自己開示の法則
  • 第4章:質問力で相手をコントロールする方法
  • 第5章:会話が途切れない【無限ループ話法】
  • 第6章:説得力を高める【PREP(プレップ)法】
  • 第7章:説得力をMAXにする【強化型PREP(プレップ)法】

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

第1章:コミュ力を上げる上で大切なこと

コミュ力を上げるために必要なことってなんだと思いますか?

結論:「どう話すか?」

しかし、多くの人は「何を話すか?」ばかりに注意が向いています。

分かりにくいと思うので、ひとつ具体例を出しましょう。

例:お笑い芸人から学ぶ「どう話すか?」

たとえば、ハリセンボンの近藤春菜さんの「シュレックじゃねぇ〜よ!」というセリフがありますが、ご存知でしょうか?

知らない人は、ぜひYouTubeでも確認してみてください

これには他にも、「角野卓造じゃねぇ〜よ!」「マイケル・ムーアー監督じゃねぇ〜よ!」など様々なバージョンがあるのですが、本当に面白いですよね?

「どう話すか?」を工夫する

しかし、なぜこんなにも笑えてしまうのでしょうか?

別に「シュレックじゃねぇ〜よ!」というセリフが面白いからではありません。

結論、その言い方が面白いからです。

表情・タイミング・声のトーン・声の大きさ・声のリズム…様々な要素が組み合わさって「面白い!」となっているのです。

これが、「どう話すか?」の力なのです。

動画にしました

第2章:印象を操作する2つの要素

われわれは、大きく分けると2つの要素で他者を評価しています。

何だと思いますか?

本格的に!WEBでコミュニケーションを学ぶ

結論:温かさ・強さ

これら2つを簡単に説明すると下記のような感じになります。

2つの要素
  • 温かさ=「いい人だなぁ〜」
  • 強さ=「すごい人だなぁ〜」

温かい人

たとえば、下記のような人にどんな印象を抱くでしょうか?

人の話をよく聞き、ものすごく褒め上手で、人の悪口を言わない

きっと「いい人だなぁ〜」って感じたのではないでしょうか?

これが「温かさ」です。

強さ

たとえば、下記のような人にどんな印象を抱くでしょうか?

自分の言いたいことをハッキリ伝え、話が分かりやすく、いつも自信満々

きっと「すごい人だなぁ〜」って感じたのではないでしょうか?

これが「強さ」です。

人間力と説得力

では、これら2つの要素を最大化するためには、どうすればいいのでしょうか?

結論、

「温かさ」を最大化したいのであれば、「人間力」を鍛えましょう。

「強さ」を最大化したいのであれば、「説得力」を鍛えましょう。

ではどうすれば、これら2つの力を鍛えることができるでしょうか?…

動画にしました

第3章:相手の好意を操る自己開示の法則

他者と簡単に信頼関係を構築する方法を知りたいですか?

その方法は…

結論:自己開示

なぜなら、自己開示をすることで、他者開示が起こるからです。

たとえば、下記のように連続で質問をされたらどうでしょうか?

質問
  • 出身は?
  • 年齢は?
  • 趣味は?

きっと、尋問されているような感覚になるのではないでしょうか?

そうなんです、実は、このように連続で質問をしてしまうと、不健康なコミュニケーションに陥ってしまうのです。

◯自己開示→質問

しかし、下記のように質問をしたらどうでしょうか?

質問
  • 僕は奈良県出身なのですが、あなたはどちら出身ですか?
  • 僕は28歳なのですが、あなたはおいくつですか?
  • 僕は映画鑑賞が趣味なのですが、あなたは休日って何をされていますか?

きっと「私も答えないと!」と感じますよね?

実は、これにはある法則が働いています。それは…

動画にしました

本格的に!WEBでコミュニケーションを学ぶ

第4章:質問力で相手をコントロールする方法

コミュ力を上げるために必要な能力ってなんだと思いますか?

それは…

結論:質問力

なぜなら、相手に話をさせることができるからです。

例えるなら、質問とは、コミュニケーションを円滑にするための潤滑剤と言えるでしょう。

基本的に、コミュニケーションは、お互いが質問を投げ合い、それにレスポンスをしていくという形で行われます。

つまり、質問をしなければ、円滑なコミュニケーションを行うことができないのです。

良い人とは

あなたは、よく質問をしてくれる人にどんな印象を抱くでしょうか?

きっと、「いい人だなぁ〜」という印象を抱くでしょう。

なぜなら、自分の話ができているからです。

他者には興味なし!

多くの人は、他人には全く興味はなく、自分にしか興味がありません。

つまり、人は自分が興味を持っている話をしたいのです。

たとえば、オータニはホラー映画が好きなのですが、ホラー映画の話をしたくてたまらないわけです。

このように、人はよく質問をしてくれ、話をさせてくれる人が大好きなのです。

では、具体的にどのような質問をしたらいいのでしょうか?…

動画にしました

第5章:会話が途切れない【無限ループ話法】

途中で会話が終わってしまう…

こんな悩みを持ったことはありませんか?

会話が途中で終わってしまうと、ものすごく気まずい空気になりますよね。。。

しかし、あることをするだけで、会話を無限に続けることができるようになるのです。

結論:無限ループ話法

無限ループ話法とは、下記のステップで構成されたフレームワーク(型)です。

無限ループ話法
  • 自己開示
  • 質問
  • バックトラッキング

断言します。これを繰り返し行うだけで、会話を無限に続けることができるようになります。

具体例

たとえば

僕は休日読書をすることが多いのですが(自己開示)、花子さんは休日は何をされているんですか?(質問)

映画鑑賞をしています

映画鑑賞をされているんですね!(バックトラッキング)
ちなみに、どのようなジャンルの映画をみられるんですか?(質問)

ホラー映画をよくみます

僕もホラー映画好きなんですが(自己開示)、今までみた中で一番印象に残っているホラー映画ってありますか?(質問)

チャイルド・プレーですかね?

チャイルド・プレーですか!(バックトラッキング)
聞いたことはあるんですけど(自己開示)、それってどのような・・・・・内容なんですか?(質問)

動画にしました

本格的に!WEBでコミュニケーションを学ぶ

第6章:説得力を高める【PREP(プレップ)法】

これ以降では、「温かさ」を強化する方法について学んできました。

しかし、ここからは「強さ」を強化する方法についてお伝えしていこうと思います。

PREP(プレップ)法

PREP(プレップ)法とは、説得力を高めるためのフレームワーク(型)のことです。

PREP(プレップ)法
  • 主張
  • 理由
  • 具体例
  • 主張

この順番で話をすることで、説得力を高めることができるようになります。

具体例

主張

コミュ力は必ず鍛えるようにしましょう。

理由

なぜなら、われわれは社会的な生き物だからです。

具体例

この1週間、誰とも会話をしなかったという人っていますか?

きっといないですよね。

主張

このように、人と関わっていかなければならない以上、コミュ力を鍛えることは必須なことだと言えるでしょう。

動画にしました

第7章:説得力をMAXにする【強化型PREP(プレップ)法】

先ほどは、PREP(プレップ)法について解説してきました。

ここからは、PREP(プレップ)法の応用版である「強化型PREP(プレップ)法」について解説していきます。

強化型PREP(プレップ)法

強化型PREP(プレップ)法とは、PREP(プレップ)法にプラスで「反論」を追加したフレームワークになります。

強化型PREP(プレップ)法
  • 主張
  • 理由
  • 具体例
  • 主張
  • 反論

具体例

主張

コミュ力は必ず鍛えるようにしましょう。

理由

なぜなら、われわれは社会的な生き物だからです。

具体例

この1週間、誰とも会話をしなかったという人っていますか?

きっといないですよね。

主張

このように、人と関わっていかなければならない以上、コミュ力を鍛えることは必須なことだと言えるでしょう。

反論

しかしとはいうものの、「そもそもどうやってコミュ力を鍛えればいいの?」という疑問を持つ人もいるでしょう。

これ以降では、この疑問にお応えしていこうと思います。

結論…

このように、PREP(プレップ)法に反論をプラスすることで、さらに説得力を高めることができるようになります。

動画にしました

宿題の提出方法

結論、YouTubeのコメン欄に記載してもらえればOKです。

もしも、宿題を提出する際に、わからないことなどがありましたら、一緒にコメント欄へ記載してください。

宿題を提出する理由

宿題の提出は、あくまでも自分のために行うようにしましょう。

なぜなら、人は情報をアウトプットすることで、記憶に強化されるからです。

動画を視聴しているだけでは、いつまで経ってもコミュ力を鍛えることはできません。

なので、ここで得たノウハウは、必ずアウトプットして終わるようにしましょう。

もしも、「個別でコミュ力を鍛えるサポートをしてもらいたい!」と感じた方は、公式LINEからメッセージをいただければと思います。

質問は公式LINEからどうぞ
質問は公式LINEからどうぞ