Googleアナリティクスの登録・設定方法を解説【→初心者向け】

Googleアナリティクスの登録方法を知りたい…

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

Googleアナリティクスは、サイト集客を促進させる上で絶対に欠かせないツールです。

なので、ぜひこの記事を読んで、Googleアナリティクスに登録し、今度のサイト運営に活かしていただければと思います。

もしも、Googleアナリティクスの使い方について知りたい方は、『Googleアナリティクスの使い方・見方を解説』を参考にしてください。

Googleアナリティクスの使い方・見方を解説

\\おすすめブログテーマ//

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクス

Googleが無料で提供しているアクセス解析ツール

結論、サイト集客で成果を上げている人たちで、Googleアナリティクスを導入していない人は一人もいません。

なぜなら、Googleアナリティクスを導入することで、下記のような情報を取得し、戦略を立てることができるからです。

  • ユニークユーザー
  • セッション
  • ページビュー(PV)
  • 直帰率
  • 離脱率

これらの用語が分からない方は、こちらで説明しています

なので、サイト集客を成功させたい人は、必ずGoogleアナリティクスを導入し、効果的に使うようにしましょう。

Googleアナリティクスの登録・設定方法

では、早速Googleアナリティクスに登録していきましょう。

Googleアナリティクスの登録手順
  1. Googleアカウントに登録する
  2. Googleアナリティクスに登録する
  3. トラッキングコードを設置する

手順1.Googleアカウントに登録する

Googleアナリティクスに登録するためには、Googleアカウントが必要となります。

なので、まだGoogleのアカウントを作成していない方は、こちらから作成しましょう。

普段から、GmailなどのGoogleが提供するサービスを使っている方は、新たにアカウントを作る必要はありません。

その場合は、普通にログインするだけでOKです。

手順2.Googleアナリティクスに登録する

次に、先ほど作成したGoogleアカウントを使って、Googleアナリティクスに登録します。

そして、「測定を開始」というボタンをクリックしてください。

すると、下記の3つを設定画面に移りますので、それぞれを設定していきましょう。

  1. アカウントの設定
  2. プロパティの設定
  3. ビジネスの概要

①アカウントの設定

  • アカウント名:分かりやすい名前にしましょう。(後から変更可能)
  • アカウントのデータ共有設定:特にいじる必要はありません。(外したいものがあれば外してもかまいません)

設定が終わったら、「次へ」をクリックしましょう。

②プロパティの設定

  • プロパティ名:分かりやすい名前にしましょう。(1つのアカウントで複数のプロパティを用意することもあるので)
  • レポートのタイムゾーン:海外のサイトでなければ日本でOK。
  • 通貨:海外のサイトでなければ日本円(JPY¥)でOK。

設定が終わったら、「次へ」をクリックしましょう。

「アカウント名」と「プロパティ名」の違い

アカウント名プロパティ名は、Googleアナリティクスでは上記のように表記されます。

つまり、「オータニ」というアカウントに存在する「知のブログ」というプロパティという感じですね。

詳しく知る必要はありませんし、後ほど変更できますのでご安心を

③ビジネスの概要

  • 業種:当てはまるものを選択(無い場合は近いものを選択)
  • ビジネスの規模:当てはまるものを選択
  • 利用目的の選択:該当するものを全て選択しましょう

設定が終わったら、「作成」をクリックしましょう。

すると、下記のような画面に移ります。

画面上の「アメリカ合衆国」を「日本」に変更して、全てのチェック項目にチェックを入れたら、「同意する」をクリックしてください。

すると、下記のような画面が出現しますので、メールの受け取り条件を設定しましょう。

特にチェックいれる必要はありません

手順3.トラッキングコードを設置

トラッキングコード

サイト訪問者のデートを取得するためのコード

トラッキングコードの設置は下記の3つのステップで行います。

  1. ストリームを作成
  2. トラッキングコードを取得
  3. トラッキングコードを設置

①ストリームを作成

先ほど紹介した内容を全て入力し終わると、Googleアナリティクスのトップ画面に移ります。

そこで、iOSアプリ、Androidアプリ、ウェブのどのデータを取得したいのかを選択します。

ブログなどの運営の場合は、ウェブです

すると、下記のような画面に移りますので、「ウェブサイトのURL」「ストリーム名」などを入力して、「ストリームを作成」をクリックしましょう。

②トラッキングコードを取得

次に、トラッキングコードを取得します。

画面の通り「グローバルサイトダグ」をクリックしてください。

すると、下記のように、トラッキングコードを取得することができます。

③トラッキングコードを設置

では最後に、これをコピペしてWordPressに貼り付けていきましょう。

まずは、WordPressの管理画面へいき、「外観→テーマ→テーマエディター」の順に選択します。

そこから、右にある「テーマファイル」から「header.php」を選択します。

そして、</head>の前にトラッキングコードを貼り付けます。

「command+F」で検索窓を出して、</head>を入力して探すと確実ですよ。

ラスト:動作確認

動作を確認する際は、リアルタイムレポートを確認しましょう。

なぜなら、リアルタイムレポートは、Googleアナリティクス導入後にすぐに作動するからです。

しかし、ユーザー、セッション、直帰率、セッション継続時間などのデータは、導入してから24~48時間経過しないと取得することができません。

これはオータニのレポートなので、表示表されています

まとめ:Googleアナリティクスの登録方法

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ

Googleアナリティクスの登録方法

について詳しく解説してきました。

もしも、Googleアナリティクスの具体的な使い方・見るべきデータなどを知りたい方は、『Googleアナリティクスの使い方・見方を解説』を参考にしてください。

Googleアナリティクスの使い方・見方を解説

シェア嬉しい!

知のサロン

完全無料のオンラインサロンです

コミュ力UP講座

完全無料のコミュニケーション講座です

Twitter

暇つぶしに色々なことをつぶやいてます

YouTubeチャンネル

営業ノウハウのチャンネルです

➡︎質問は公式LINEからどうぞ
➡︎質問は公式LINEからどうぞ