【超絶簡単!】サイトスピードを改善するプラグインを紹介

サイトスピード が遅くて困っていませんか?

サイトスピードとは、ページの読みがスタートしてから、ブラウザで完全に読み込まれるまでの速度のことです。

結論、サイトスピードはブログ運営において非常に大切な要素だと断言します。

理由は後ほど

たとえば、こんな経験はありませんか?

スマホで特定の記事を読もうとしたら、読み込むのに時間がかかって、別の記事を読んだ…

このように、サイトスピードの低下は、ユーザビリティの低下につながり、ひいてはサイトの評価までも低下してしまうのです。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. サイトスピードが低下するデメリット
  2. サイトスピードが低下する原因
  3. サイトスピード を調べる方法
  4. サイトスピードを改善する3つのプラグイン

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

\\おすすめブログテーマ//

サイトスピードが低下するデメリット

では、サイトスピードが低下すると、実際にサイトはどのようなデメリットを受けることになるのでしょうか?

3つのデメリット
  1. 検索順位の低下
  2. 離脱率の低下
  3. 回遊率の低下

デメリット1.検索順位の低下

サイトスピードは、SEOと大いに関係しています。

というのも、Googleはサイトスピードが遅く、ユーザビリティが低い記事を読者にみて欲しくないからです。

たとえば、読者がGoogleで『サイトスピード 改善』と調べたとする。

しかし、出力されてきた記事のサイトスピード が全て遅かったら、

読者から「もうGoogleで検索しない!Bing(Microsoftの検索エンジン)で検索する!」となってしまいます。

つまり、サイトスピードによってユーザビリティが低下し、それがGoogleの評価を低下させてしまうということです。

デメリット2.直帰率の上昇

サイトスピードが遅いと、直帰率の上昇につながります。

1ページ目で離脱した割合のこと

直帰率を下げることで、回遊率を高めることが可能です

というのも、読み込まれるまでの時間がかかると、読者に大きなストレスを与えてしまうからです。

デメリット3.回遊率の低下

サイトスピードが遅いと、回遊率の低下にもつながります。

読者が別のページに飛ぶ割合のこと

回遊率を高めることで、PV数を増やすことが可能です

というのも、ページを閲覧するストレスが高いと、読者も別のページへ回遊しようと思わないからです。

もちろん、直帰率もそうですが、回遊率の低下は離脱率にも影響します。

サイトスピードが低下する原因

しかし、サイトスピードはなぜ低下してしまうのでしょうか?

その原因を簡単に解説していきますね。

サイトスピード 低下の原因
  1. コンテンツが重いから
  2. JavaScriptを使っているから
  3. CSSファイルが重いから

原因1.コンテンツが重いから

コンテンツとは、文字、画像、動画、スライドショー、アニメーションなどのことです。

ページ内にこれらのコンテンツが多用されていると、読み込みが遅くなってしまいます。

なので、画像を圧縮したり、アニメーションの動きを減らしたり、無駄なコンテンツを使わない、などの工夫が必要になります。

原因2.JavaScriptを使っているから

JavaScriptとは、プログラミング言語のひとつで、動的コンテンツを作る際に必要な言語です。

たとえば、スライドショーなどがそうですね。

コンテンツが右から左へと動きます

例:スライドショー

スライドショー

原因3.CSSファイルが重いから

CSSとは、プログラミング言語のひとつで、コンテンツのスタイル指定する時に必要な言語です。

たとえば、テキストの色、大きさ、配置デザインなどがそうですね。

なので、あまりにもテキストを装飾し過ぎたりすると、その分ファイルが重たくなり、読み込みが遅くなってしまいます。

サイトスピードを調べる方法

では、そもそもどうやってサイトスピードを調べることができるのでしょうか?

その方法は、大きく分けると2つです。

サイトスピードを調べる2つの方法
  1. Page Speed Insights を使う
  2. Googleアナリティクス を使う

方法1.Page Speed Insightsを使う

Page Speed Insights

Page Speed Insightsとは、サイトスピードを調べることができるツールです。

Page Speed Insights使い方

使い方はものすごく簡単で、「ウェブページのURLを入力」という検索窓に、サイトのURLを入力するだけです。

すると、下記のように、パソコン、モバイル(スマホ)の両方のサイトスピードを調べることができます。

パソコンでのサイトスピード

>>Page Speed Insightsはこちら

方法2.Googleアナリティクスを使う

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールのことです。

Googleアナリティクスの使い方

「行動>>サイトの速度>>概要」という順番でサイトスピードの詳細を調べることが可能です。

画面を下にスクロールすると、ブラウザごとのサイトスピードも調べることができます。

しかし、これを調べたからといって特に改善策があるわけではありません。。。

>>Googleアナリティクスはこちら

もしも、Googleアナリティクスの使い方について理解を深めたいという方は、『Googleアナリティクスの使い方・見方を解説』という記事を参考にしてください。

Googleアナリティクスの使い方・見方を解説

サイトスピードを改善する4つのプラグイン

プラグインのインストール方法

さて、ここからはサイトスピードを改善する4つのプラグインを紹介していこうと思います。

さらには、それぞれの設定方法についても解説していきますね。

4つのプラグイン
  1. WP Fastest Cache
  2. Autoptimize
  3. EWWW Image Optimizer
  4. Optimize Database after Deleting Revisions

プラグインのインストール方法は、「プラグイン→新規追加→プラグイン名を入力」で出力されてきます。

プラグイン1.WP Fastest Cache

WP Fastest Cache

WP Fastest Cacheは、WordPressに溜まったキャッシュを削除してくれるプラグインです。

一度ダウンロードしたページを保存しておき、次回の閲覧時に(再ダウンロードすることなく)表示速度を上げる仕組みのこと

キャッシュ(Cache)は、日本語にすると、「貯蔵所」という意味合いがあります

キャッシュの概念は多少複雑です。

なので、ここで覚えておいて欲しいのが「キャッシュを削除するとサイトスピードが上がる」ということだけです。

これくらいの理解で全く問題なし

設定

デフォルトでは、全てアンチェックとなっています

まずは一番下の画面の「言語」のところを「日本語」にして「変更を保存」してから、設定を始めることをおすすめします

チェック項目
  1. キャッシュ
  2. 先読み(さらに設定必要)
  3. ログインユーザー
  4. モバイル
  5. 新規投稿(さらに設定必要)
  6. Update Post
  7. Gzip圧縮
2.先読み
「先読み」の設定

「先読み」をクリックすると、上記のような設定画面が出現します。

ここでは、読者が頻繁に使う項目にチェックを入れましょう。

基本的には、上記画面と同じ設定で全く問題ありません。

5.新規投稿
「新規投稿」の設定

ここでは、「Clear All Cache」を選択してください。

プラグイン2.Autoptimize

Autoptimize

Autoptimizeは、CSS、JS、画像、Google フォントなどを軽量化・最適化してくれるプラグインです。

では、ここからはAutoptimizeの設定画面でチェックをいれるべき項目を簡単に解説しますね。

JC、CSS、HTML

JC、CSS、HTML
チェック項目
  1. JavaScriptオプション
  2. CSSオプション
  3. HTMLオプション
  4. その他オプション

1.JavaScriptオプション
2.CSSオプション
3.HTMLオプション
4.その他オプション

追加

ここでは、「webfont.js で非同期にフォントを結合して読み込む。 (廃止予定)」だけにチェックを入れておけばOKです。

プラグイン3.EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、WordPress 内の画像のファイルサイズを縮小してくれるプラグインです。

もっと具体的に説明すると、

サイト内に存在するページの画像のファイルサイズをまとめて縮小してくれたり、

新規記事を作成する際、画像をライブラリにアップする時に、自動でサイズを縮小してくれたりもします。

EWWW Image Optimizerの設定

ではここからは、EWWW Image Optimizerの設定画面でチェックを入れるべき項目を簡単に解説しますね。

チェック項目
  1. 基本
  2. 変換
1.基本
2.変換

まとめてメディアを最適化する方法

EWWW Image Optimizerでは、今までアップロードしてきた画像を一括で最適化する機能があります。

方法は、「メディア→一括最適化」で行えます。

そして、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

スキャンがスタートして、下記の画面のようになったら終了となります。

プラグイン4.Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisionsは、リビジョンを削除したり、データベースを最適化してくれるプラグインです。

記事を更新する前のデータのこと

リビジョン機能があると、“更新された記事”を“前の記事の状態”に戻すことが可能になります

すごく便利な機能ですが、リビジョンがたくさん溜まると、それだけサイトスピードが低下してしまいます

なので、Optimize Database after Deleting Revisionsを使って掃除しましょう

設定(リビジョンの削除画面)

リビジョンの削除設定
詳細
  • Delete revisions older than:指定した日数よりも古いリビジョンを削除します
  • Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page:指定した数のリビジョンを保存し、それを超えたリビジョンは削除します

リビジョンは、くらいあれば問題ないかと思います

設定(データベースの最適化画面)

データベース最適化画面

デフォルトでは、どこにもチェックが入っていません

WordPressについてそこまで知識がない方は、触らなくてもOKです。

4つのプラグインによる成果

3つのプラグイン
  1. WP Fastest
  2. CacheAutoptimize
  3. EWWW Image Optimizer
  4. Optimize Database after Deleting Revisions

これら3つのプラグインを使うことでサイトスピード を改善することができました!

Page Speed Insights調べ(モバイル)

↓3時間ほどで

Page Speed Insights調べ(モバイル)

きっと、これを見ると「スコア低くない?」と感じる人もいるでしょう。

しかし、数々のインフルエンサーのサイトスピードを調べてみたところ、モバイルのサイトスピード のスコアは良くて30~40でした。

なので、この結果は、御の字と言えるでしょう。

ただし、その他の方法を使うことで、さらにサイトスピードを上げることができます

ブログ・アフィリエイトで成功したい

ブログ・アフィリエイトを基礎からしっかり学びたい
継続しているものの、なかなか成果が出ない…
本業とは別の副収入が欲しい

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

正直、GoogleやYouTubeなどを使って、ブログの知識を得て、挑戦するにもアリだとは思います。

ただ、当たり前の話ですが、そのような独学による学習では、それなりの時間がかかるということは否定できません。

だから、しっかりコーチの指導を受けて、サイト運営をすることが必要となります。

おすすめ:副業の学校

そんなあなたにオータニがオススメするのが「オンラインで副業のスキルが学べる【副業の学校】」

【副業の学校】は、初心者でもブログ・アフィリエイトの専門的な知識をしっかり習得することができるオンラインスクールです。

なので、もしも「ブログ・アフィリエイトで成果を出したい!」「副収入が欲しい!」という方は、【副業の学校】を覗いてみてください。

\\副業の学校はこちら//

まとめ:サイトスピードを改善する方法

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. サイトスピードが低下するデメリット
  2. サイトスピードが低下する原因
  3. サイトスピード を調べる方法
  4. サイトスピードを改善する3つのプラグイン

というテーマでブログを執筆しました。

サイトスピードは、SEO対策において非常に大切な要素です。

なので、サイトスピードが気になっている方も、そうでない方も、ぜひ本日紹介した2つのプラグインはインストールしておくようにしましょう!

シェア嬉しい!

➡︎質問は公式LINEからどうぞ
➡︎質問は公式LINEからどうぞ