オープンチャットを始めました

SXOとは|新時代のSEO対策を解説

SXOってなに?
SEOと何が違うの?

なかなかページが上位表示されない…

こんな悩みを抱えていないでしょうか?

結論、それはもしかしたら、SXOを意識していないからかもしれませんよ?

SXOは、SEOと同じくらい大切なものです。

なので、この記事でSXOをしっかり理解し、そしてランキング上位を狙っていきましょう。

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. SEOとは
  2. SXOとは
  3. SXO対策をするためには

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

オータニが使うおすすめテーマ

SEOとは

SEO

検索エンジン最適化のこと

Search Engine Optimization」の略となります。

検索エンジンとは、Google、Yahoo!、Bing(Microsoftが提供する検索エンジン)などの情報を出力するシステムのことです。

つまり、SEOとは「検索エンジンで上位表示させる施策のこと」ですね。

もっと砕いて説明するのであれば、「いかに検索エンジンから気にいられるか?」という言い方もできるでしょう。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、SEO対策において大切な3つの要素のことです。

E-A-T
  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • TrustWorthiness:信頼性

それぞれの頭文字を取ってE-A-Tと言われています

Expertise(専門性)

Expertise(専門性)

サイト運営者の尖り具合のこと

専門性を高めるには、特化型のサイトを構築するようにしましょう。

なぜなら、特化しているサイトの方が、情報の質が高い可能性が見込めるからです。

つまり、ゼネラリストが提供する情報よりは、スペシャリストからの情報の方が、読者の問題を解決できる可能性が高いと予想されるからです。

たとえば、スポーツで説明すると、スポーツの中でも「サッカー」に特化した情報という感じにすると、Googleからの評価は上がります。

他にも、「営業マン向け」にするよりも、「訪問営業マン向け」の営業ノウハウにした方が専門性は一気に高まります。

Authoritativeness(権威性)

Authoritativeness(権威性)

サイト運営者の強さのこと

サイトを長期的に運用し続けることで、ドメインパワーが上がり、権威性が高まります。

なぜなら、メディアの長期運用は、Googleから特定の分野について知見を持っていると判断されるからです。

なので、記事は定期的に更新するようにしましょう。

(記事を定期的に更新することは、Googleのガイドラインにも記載されています)

もしも、ブログを継続的に更新していきたいと考えている方は、『ブログが続かない9の理由と対策』を参考にしてください。

TrustWorthiness(信頼性)

TrustWorthiness(信頼性)

サイト運営者の信頼性のこと

信頼性を高めるには、サイト運営者の情報はなるべく開示するようにしましょう。

なぜなら、そのほうがユーザーが安心して情報を取得することができるからです。

たとえば、名前、住所、年齢、経歴、会社名などですね。

オータニは、サイトのフッターメニューのところに個人情報を記載しています。
もしよかったら、確認してみてください

このように、どこぞの者か分からない人からの情報は信頼性に欠けるので、必ず情報は開示するようにしましょう。

もしも、E-A-Tの対策をより具体的に行いたいという方は、E-A-Tとは|SEOで大切な重要指標を解説【→初心者向け】を参考にしてください。

SXOとは

SXO

検索体験最適化のこと

Search Experience Optimization」の略となります。

普通に略すと「SEO」と同じになってしまうため、Experienceのところは、「X」を取っているようです

SEOとSXOの関係

SEOとSXOの関係

結論、SEO対策の中に、新しくSXO対策が追加されたというイメージですね。

なので、SEO対策もSXO対策も同じように重要だということがいえます。

SEOとSXOの違い

結論、SEOとSXOでは、記事を作成する視点が全く違います。

2つの視点
  • SEO対策検索エンジン視点の対策
  • SXO対策ユーザー視点の対策

今までは、検索エンジンに気に入ってもらうための対策がメインでした。

しかし、現代では、検索エンジンを使うユーザー視点の対策が大切になってきたということですね。

理由:Googleの収益

そもそも、Google収益は8~9割が広告によるものです。

ユーザーが使いやすい検索エンジンにすることで、さらにユーザーを集めることができます。

すると、ユーザーに有料広告をクリックしてもらえるようになるので、Googleの収益が増加するのです。

だから、Googleとしては、ユーザー視点に立った質の高い記事をランキング上位にしようとするわけです。

つまり、まとめるとこんな感じになります。

Googleがユーザーファーストになる理由
  • ユーザー視点に立つ
  • ユーザーが増える
  • 有料広告のクリックが増える
  • Googleの収益が増加

U-R-Aとは

U-R-Aとは、SXOにおいて大切な3つの要素のことです。

U-R-A
  • Usability:操作性
  • Relevance:適合性
  • Authority:権威性

それぞれの頭文字を取ってU-R-Aと言われています

Usability(操作性)

Usability(操作性)

使いやすさのこと

ユーザビリティを高める3つの方法
  1. サイトスピード
  2. モバイルフレンドリー
  3. 読みやすさ

方法1:サイトスピード

サイトスピードとは、ページのダウンロードを開始してから完了するまでの早さのことです。

サイトスピードが遅いと、ユーザーにストレスを与えてしまい、それがページの離脱に繋がってしまいます。

ある研究では、ページを読み込むスピードが3秒以上になると、離脱率が一気に増加するということがわかっています

そのようなページをGoogleは、ユーザビリティの低い記事として評価するため、ランキングが一気に落ちてしまいます。

もしも、「サイトスピードを知りたい!」「サイトスピードを高めたい!」という方は、『【超絶簡単!】サイトスピードを改善するプラグインを紹介』を参考にしてください。

方法2:モバイルフレンドリー

モバイルフレンドリーとは、スマホでの使いやすさのことです。

現代では、スマホを使って検索することが増えてきました。

なので、サイト自体をスマホ対応させておかないと、ユーザビリティが一気に低下してしまいます。

しかし、昨今ではモバイルフレンドリーなブログテーマなどが一般化しているので特に問題ないかと思います

ここで大切なことは、「作成した記事がスマホで見た時に、どう表示されているか?」と言うところです。

たとえば、文字が小さい、モバイルでのサイトスピードが遅いなど。なので、記事を作成したら、逐一スマホで確認するようにしましょう。

もしも、「スマホに対応したブログテーマにしたい!」という方は、STORK(ストーク)19というテーマをおすすめします。

STORK(ストーク)19でできることを知りたいと言う方は、レビュー記事を参考にしてもらえればと思います。

方法3.読みやすさ

読みやすさは、ユーザービリティの向上に非常に大切なことです。

たとえば、文字がツメツメの文章って読んでられないですね?他にも、文字ばかりで画像が一切なかったり、漢字が羅列された文章など。

このように、読みやすさは、ユーザビリティにかなりの影響を与えます。

もしも、読みやすい記事の作り方について知りたい方は、『【放っておいてはダメ!】ブログの書き方のコツ|14のポイント』を参考にしてください。

Relevance(適合性)

Relevance(適合性)

記事の内容が、読者の検索意図とマッチしているかどうか?ということ

ここが一番重要です!!!

ユーザーの検索意図を知る

たとえば、「SXOとは」と検索したユーザーは、何を知りたいと思っているでしょうか?

SXOについて知りたい
SEOとの違いは?
検索順位を上げたい

これらの悩み・疑問に応える記事作成が非常に大切なのです。

つまり、検索意図と無関係な記事を書いてしまうと、

「欲しい情報がない!」となってしまい、ユーザーに離脱されてしまうので、検索エンジンからの評価が低下してしまうのです。

もしも、「検索意図を満たした記事を作成したい!」という方は、『ブログのリライトのコツと手順を解説【→9つの内容を見直そう】』を参考にしてください。

Authority(権威性)

「E-A-T」のところで解説しました

>>E-A-Tについてはこちら

まとめ:SXOとは

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. SEOとは
  2. SXOとは
  3. SXO対策をするためには

というテーマでブログを執筆しました。

SEO対策同様、SXO対策も非常に大切な試作だということがわかっていただけましたか?

なので、今まで「どうすればランキングで上位を狙えるだろう?…」と疑問を持っていた方は、ぜひSXOという視点から記事を書いてみるようにしましょう。

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。