スマホで読書をする3つのメリット【→電子書籍を推奨】

紙の書籍か電子書籍のどちらがおすすめ?
読書の習慣を持ちたい…

こんな悩み・疑問を持っていないでしょうか?

オータニは、昔、“紙の本”で読書をしていました。

というのも、「読書は“紙の本”で行うべきだ!!!」とただ理由もなく“電子書籍”を否定していたからです。

この気持ちを分かってくれる人いませんか?…

しかし、ここ2、3年はずっとスマホ(電子書籍)で読書をしています。

では、なぜ“電子書籍アンチ”が、“電子書籍ファン”へと変貌を遂げたのでしょうか?

というわけで本日は、

本日のテーマ
  1. スマホで読書をする3つのメリット
  2. 読書習慣を形成する上で大切なこと

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

\\フォーカス・リーディング習得ハンドブック//

スマホで読書する3つのメリット

3つのメリット
  1. 読書習慣が持てる
  2. かさばらない
  3. すぐに届く

メリット1:読書習慣が持てる

“紙の本”よりも、“電子書籍”の方が、読書習慣を形成しやすくなります。

なぜなら、“紙の本”と比べると、“電子書籍”の方が、読書にとりかかるストレスが小さくなるからです。

例:ジムに通う

たとえば、「ジムに通うこと」を習慣化する上で大変なのは、

「ジムでトレーニングをすること」ではなく、「ジムに通うこと」なんですよね。

つまり、「うわぁ〜ジムに行くのダリぃ〜」となって、途中で諦めてしまうのです。

では、どうすれば、ジムを習慣にすることができるようになるのでしょうか?

結論、ジムに近い家に引っ越しましょう。

すると、ジムへ行くストレスが軽減されるので、習慣化しやすくなります。

読書とストレス

では、あなたに質問があります。

質問

“紙の本”か“電子書籍”だったら、どちらの方が読書へのストレスが小さいでしょうか?

答えは、“電子書籍”です。

なぜなら、いつでもスマホって握りしめてしますよね?

つまり、「読書しようかなぁ〜」と思った時に、すぐに読書に取り掛かりやすいわけです。

なので、“電子書籍”での読書は、スマホ(Kindleやkoboではなく)で行うようにしましょうね

20秒ルール

20秒ルール

作業に取り掛かるまでの時間を20秒以内にするというメソッド

>>20秒ルールの詳細はこちら

例:朝のウォーキング

たとえば、「朝のウォーキング」を習慣にしたいのであれば、ランニングウエアを着て寝ましょう。

すると、朝起きてからすぐにウォーキングに繰り出すことができるので、習慣化しやすくなります。

このように、何かに取り掛かるまでの時間を20秒以内にすると、習慣化しやすくなるのです。

もしも、20秒ルールについて詳しく知りたい方は、20秒ルールとは|良習慣を作り、悪習慣を断つ究極のメソッドを参考にしてください。

メリット2:かさばらない

当たり前の話ですが、“電子書籍”は、“紙の本”と比べるとかさばりません。

なので、持ち運びの時に非常に便利です。

オータニの経験

オータニは、普段カフェでブログを執筆したり、動画の台本を作成したりしているのですが、たまに下記のようなことが起こります。

『嫌われる勇気』の内容を引用したいんだけど、本になんて書いてあったっけな?

こんな時、“紙の本”の場合、「自宅に帰って本を取りに帰る」という必要になりますが、

“電子書籍”の場合は、スマホにダウンロードされているものを呼び起こすだけでOKです。

なので、スムーズに書籍の内容を引用することができます。つまり、全てのソースをスマホというデバイスに一元化できるのです。

メリット3:すぐに届く

これも当たり前ですが、“電子書籍”の場合は、「欲しい!」と思ったら、お目お当ての本がすぐに手元に届きます。

オータニの経験

たとえば、コンテンツ(ブログや動画)を作成する時に、頻繁に下記のようなことが起こります。

『自己肯定感』についての記事を書きたいけど、ソースがない…

こんな時、“紙の本”の場合は、本屋でテーマに沿った本を購入するか、Amazonなどで購入して1〜2日待たなければなりません。

しかし、“電子書籍”の場合は、ネットで購入すれば、一瞬で読み始めることができます。

結果、記事作成までの時間を短縮することができるのです。

このように、“電子書籍”では、手に入れたい情報をすぐに手にすることができます。

読書習慣を形成する上で大切なこと

先ほど、「スマホで読書をすれば、読書習慣を形成できる!」という話をしましたが、これは1つのテクニックに過ぎません。

実は、あるものが土台にないと、いくらテクニックを使ったとしても、安定した読書習慣を形成することができないのです。

読書をする目的を持つ

では、そのあるものとは一体なんなのでしょうか?

結論、読書をする目的を持ちましょう。

なぜなら、読書とは、ある目的を達成するための手段に過ぎないからです。

たとえば、目的地が定まっていないのに、飛行機(手段)に乗っているなんてことはあり得ないですよね?

疑問:オータニは読書好き?

結論、オータニは読書が大嫌いです。

というよりも、勉強がそこまで好きではありません。

しかし、こんなことを言うと「え!嘘だぁ〜!!!」と感じるでしょう。

というのも、オータニは動画内では、本棚を背にして話をしているのですが、それを見た人たちは「オータニは本が好きなんだなぁ〜」と感じているからです。

じゃあ、オータニさんは、本棚の本は全て読んでないの?…

オータニの目的

オータニは、毎日1冊以上の本を読んでいます。

なので、普通の人ち比べると、読書量はえぐいでしょう。

では、なぜオータニは、勉強が嫌いなのに、毎日読書をすることができるのでしょうか?

結論、目的が明確だからです。

具体的には、「コンテンツ(ブログ・動画)を作る」という目的が存在します。

オータニは、本から知識を仕入れているので、読書をしないとコンテンツが作れなくなってしまうのです。

更なる目的

しかし、ここでこんな疑問を感じた人もいるでしょう。

なんで、コンテンツを作ることに必死なの?

結論、ノマドライフを送るためです。

時間や場所に縛られない生活のこと

つまり、オータニにとって「読書をするか?しないか?」は「夢を実現できるか?できないか?」に直結しているわけです。

別の言い方をすると、「夢を人質にされているから、取引として読書をしている」というイメージですね。

まとめると
  • ノマドライフ(目的の目的)
  • コンテンツの作成(目的)
  • 読書(手段)

\\無料で!1ヶ月読書を楽しむ!//

『Kindle unlimited』は、月額980円(税込み)で12万冊の和書が読み放題!というサービスです。

Kindle unlimitedはとにかくコスパが良すぎます。本ってだいたい1冊が1,500円くらいですよね。

Kindle unlimitedが月額980円なので、なんと月に1冊読めば、もう元が取れるんですよね。

もしろ、お釣りがくるくらいの勢いです(?)。まだ登録していない方はぜひ!

音声学習もアリ

読書は面倒だし、好きじゃない・・・

こんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか?

もしも、「読書が嫌いで無理だ!」という方は、安心してください。

その場合は、音声学習をすればOK です。

最近は、AmazonからAudible (オーディブル)などのサービスで、本を読むのではなく、聴くことができる時代です。

なので、文章を読むのが苦手で、もっと楽に本からの情報を取得したいという方は、音声学習に取り組むようにしましょう。

オータニも、電車に乗っている時やウォーキングをしている時によく音声学習に励んでいます。

もちろん、音声学習は、車通勤の人などにもおすすめの手段です。

もしも、「音声学習をしていきたい!」と思った方は、Audible (オーディブル)とは|使い方・メリットを徹底解説を参考にしてください。

まとめ:スマホで読書をする3つのメリット

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ
  1. スマホで読書をする3つのメリット
  2. 読書習慣を形成する上で大切なこと

というテーマでブログを執筆しました。

スマホで読書をするメリットはいくつか挙げられますが、特に「読書習慣を形成したい!」という方は、スマホで読書するようにしましょう。

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。