【自己奉仕バイアス】成功は自分のおかげ、失敗は他人のせい

自己奉仕バイアスとは、成功を自分の資質のためとし、失敗を他者や環境のせいにするという現象のことです。

 

たとえば、車の衝突事故では、被害者が相手のせいにするのはもちろんですが、加害者側は自己奉仕バイスによって自分の責任を過小評価するようになります。

他にも、受験に成功した学生は「これは自分の能力だ!」と自分の資質を高く評価し、受験に失敗した学生は「〇〇塾のせいだ…」と外部のせいにします。

このように、われわれは自分にとって都合が良いように物事を解釈しようとするバイアスを持っています。

 

自己奉仕バイアスは、人間が持っている生得的なものなので、そこまで大きな問題はありません。

しかし、このバイアスが強すぎると、あなたの目標達成などを妨げ、理想の未来を実現できなくなる可能性が高くなってしまいます。

ではどうすれば、自己奉仕バイアスの罠から逃れることができるようになるのでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. 自己奉仕バイアスとは
  2. 自己奉仕バイアスの具体例
  3. 自己奉仕バイアスから脱却する方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

自己奉仕バイアスとは

自己奉仕バイアス

成功を自分の資質のためとし、失敗を他者や環境のせいにするという心理現象

つまり、「成功は自分のため、失敗は他人のせい」と考えてしまうことですね。

 

自己奉仕バイアスの具体例

ではいくつか具体例をみていきましょう。

 

スポーツ

たとえば、あなたがサッカーの試合をしているとします。

もしも、試合に勝った場合「これまで努力してきてよかった!」とそれを自分の実力だと考えるようになるでしょう。

しかし、試合に負けた場合は、「ちょっと不運続きだったな!」「あれは審判のせいだ!」とその原因を外部のせいだと考えるようになるのです。

 

学校の先生

たとえば、あなたが中学3年生の生徒を受け持っているとします。

もしも、生徒が受験に成功すれば「いや〜やっぱりオレの教え方は上手い!」と考えるようになるでしょう。

しかし、生徒が受験に失敗したら「あいつは勉強が足りない!」「あいつはやっぱ頭が悪いなぁ…」と他人のせいにするようになります。

 

上司と部下

たとえば、あなたがいつも気にかけている部下が、会社にとって大切な商談をしているとします。

もしも、部下が商談を成立させたら「オレが見込んだだけのことはある!」と自惚れるようになるでしょう。

しかし、部下が商談に失敗すれば「ちゃんと言われた通りにしないからだ!」と言い訳をするようになるのです。

 

彼氏の浮気

彼氏の浮気がバレたとしましょう。

もちろん、彼女はブチギレるわけですが、彼氏の方はというと「いや、オレを放っておいたお前が悪い!」と自分の失敗を過小評価し、彼女に逆ギレをすることもあります。

 

自己奉仕バイアスを構成する2つの要素

ではここからは、自己奉仕バイアスを形成する2つのバイアスについてそれぞれ解説していきます。

  • 「自己高揚バイアス」
  • 「自己保護バイアス」

についてそれぞれ解説していきます。

 

自己高揚バイアス

自己高揚バイアスとは、成功を自分の資質のおかげとするバイアスのことです。

つまり、「成功は自分のおかげ」の部分ですね。

 

自己高揚バイアスのメリット

「成功は自分のおかげ」と捉えることで、自尊心を高めることができるようになります。

だから、たくさんのことにチャレンジしたり、ちょっとの失敗でクヨクヨしなくなります。

 

自己奉仕バイアスのデメリット

「成功は自分のおかげ」と捉えることで、自惚れる可能性も高まります。

だから、それいじょう自分のスキルを高めたり、磨いたりしなくなってしまうこともあります。

レベルの高い人ほど、「いや、俺の力もまだまだだ!」と捉えていますよね?

つまり、レベルの高い人ほど、自己高揚バイアスとは逆の行動を取る傾向があるということです。

 

自己保護バイアス

自己保護バイアスとは、失敗を他者や環境などの外部要因にするバイアスのことです。

つまり、「失敗は他人のせい」の部分ですね。

 

自己保護バイアスのメリット

自己保護バイアスのメリットは正直ないですね。

なぜなら、自己保護バイアスが強い人は、人生の「裁量権(コントロール感)」が無く、幸福感が低いからです。

つまり、他人のせいということは、人生のコントロールを他者が握っている状態になるので、幸福感が低下してしまうのです。

 

様々な研究で、人生の「裁量権(コントロール感)」が低いと、人生の幸福度が下がるということが分かっています。

たとえば、日本のサラリーマンの幸福度が低いのは、

  • 定刻に出勤する
  • 休みは決められている
  • 上司の言われた通りにする

と、裁量権が低いからと言えるでしょう。

 

もちろん、「親が亡くなったのは、私のせいだ!」とコントロールできない部分を無理やり自分のせいにする必要はありません。

しかし、コントロールできる要素を拾い上げ、それを改善することはできます。

たとえば、交通事故でいうのであれば、「確かに〇〇な部分は、私が悪かったなぁ…」という感じですね。

 

自己保護バイアスのデメリット

「失敗は他人のせい」と捉えることで、現状維持に甘んじるようになります。

だから、それ以上の成長できなくなってしまうのです。

 

たとえば、ブログを執筆しているけど、なかなかアクセスが集まらないとします。

自己保護バイアスにかかっていない人は、「もっと素人でも分かりやすい具体例を使おう!」「もっとSEOを勉強しないとダメだ!」と成長する方に向かおうとするのですが、

自己保護バイアスがかかっている人は、「いや、これはまだ時代が追いついてない!」「リテラシーの低い読者ばかりだ!」と、外部のせいにばかりします。

 

このように、何かの失敗を外部のせいにしていたら、いつまで経っても成長することができなくなるのです。

 

動画にしました

 

自己奉仕バイアスから脱却する

自己奉仕バイアスに陥ると、いくつかのデメリットがあることは理解してもらえたのではないかと思います。

(もちろん、自己奉仕バイアスが全面的に悪いというわけではない)

というわけでここからは、自己奉仕バイアスから脱却する方法について解説します。

 

成功は他人のおかげ、失敗は自分のせい

自己奉仕バイアスに陥っていると感じたら、次の言葉を唱えるようにしてみてください。

成功は他人のおかげ、失敗は自分のせい

 

成功は他人のおかげ

このように、考えることで、他者に感謝できるようになります。

 

たとえば、サッカーの試合で得点を決めることができたとします。

自己奉仕バイアスにかかっている人は「オレってすげー!」と考えてしまうわけですが、これを他者のおかげと考えることで、様々な記憶が蘇ってきます。

  • 「あの時先生が練習時間がすぎても、練習に付き合ってくれたおかげだ!」
  • 「前の練習試合で、仲間が俺を責めずに、慰めてくれたおかげだ!」

 

そして、このような感謝の気持ちが生まれたら、積極的に感謝を伝えるようにしましょう。

すると、感謝をされた人たちからの評価が一気に上がり、それ以降も良好な関係を築けるようになるので。

 

失敗は自分のせい

文字だけ見ると、よくない表現に感じますが、これは「自分にできるところはなかったか?」と考えるということです。

外部のせいにするということは、これは成長を放棄することと一緒です。

 

なので、一見、外部的要因と思えることも、ひとまず自分がコントロールできる範囲だったかを考えるようにするのです。

そして、それがもしもコントロール圏内だったら、積極的に改善するようにしましょう。

そうすることで、同じ失敗をしなくなったり、改善する力を養うことができるようになります。

これについては、神学者ラインホルド・ニーバーの名言を紹介しておきます。

 

ニーバーの祈り

変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えられることのできないものについては、それを受け入れられる冷静さを与えたまえ。

そして、変えることのできるものと、変えることのできないものとを見分ける知恵を与えたまえ。

 

おすすめ図書:バイアス・ヒューリスティック

 

まとめ:自己奉仕バイアス

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ

  1. 自己奉仕バイアスとは
  2. 自己奉仕バイアスの具体例
  3. 自己奉仕バイアスから脱却する方法

というテーマでブログを執筆しました。

 

自己奉仕バイアスは、悪い言い方をすると、ものすごく自分勝手なバイアスということができます。

なぜなら、成功した時は自分のおかげと考えますが、失敗はすぐに他人のせいにするからです。

このバイアスに翻弄され続けると、あなたの成長を止め、目標達成を遠ざける結果となってしまうので、ぜひ自分の思考を客観視するようにしてみてください。

 

もしも、その他バイアスについての理解を深めたい方は、下記の記事を参考にしてもらえればと思います。

関連記事

【バイアス 】あなたの邪魔をする13のバイアス 【←人生をイージーにする】

シェア嬉しい!

オンラインサロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。