【アフォーダンス理論】意味・具体例・活用法を解説

let's share

アフォーダンスとは、「人と物の間に存在する関係性」のことです。

たとえば、ドアノブが付いているドアがあったとします。

これにより、われわれは「このドアはノブをひねって開けるんだ!」と感じることができます。

他にも、ブログ記事の中に「>>続きはこちら」と記載されていると「ここをクリックしよう!」と思いますよね?

(ちなみに、これをクリックするとブログの冒頭に戻ります)

 

このように、物・環境がアフォード(提供)したものを、われわれがピックアップ(受け取る)するという関係があります。

この関係性こそが「フォーダンス理論」なのです。

 

しかし、「アフォーダンス理論を学ぶことでどんなメリットがあるの?」など様々な疑問が生まれたのではないでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. アフォーダンス理論とは
  2. アフォーダンス理論の具体例
  3. アフォーダンス理論の活用方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

アフォーダンス理論とは

アフォーダンス理論

「物・環境がアフォード(提供)したものを、人間・動物がピックアップ(受け取る)する」という理論

 

アフォーダンス理論の提唱者

アフォーダンス理論は、1950年代後半にアメリカの心理学者ジェームス・J・ギブソンにより提唱されました。

語源としては、「アフォーダンス」(affordance)は、「与える・提供する」の意味がある「Afford」から来ています

 

アフォーダンス理論の具体例

ではいくつか具体例をみていきましょう。

 

イス

こんな形の物があったら、それは100%イスですよね?

しかし、イスには「座っていいですよ!」なんて書かれていないのにも関わらず、われわれはそれに座るわけですが、

これはイスがその情報をアフォード(提供)しているからです。

そして、われわれがそれをピップアップして、結果、「座る」という行為に繋がっているのです。

 

 

ドアを開ける

左のイラストはドアノブが付いているドアで、右のイラストは引き手の付いたドアです。

これら2つは、壁を隔てた一枚の厚い板になりますが、それぞれのドアは別々の情報をアフォード(提供)をしています。

それを人間がピックアップ(受け取る)しているのです。

 

電車に並ぶ

朝通勤をしているとよく目にする光景ですが、多くの駅には通勤者が電車に並ぶためのラインが敷かれています。

そのおかげで、通勤者は無意識にでも電車に並ぶことができているのですが、

これは駅に敷かれてあるラインがそれをアフォード(提供)しているということになりますね。

そして、これを通勤者がピックアップ(受け取る)し、機械的に並ぶという行為をとることができているのです。

 

ゴミ箱

最近のゴミ箱は、何をどこに捨てればいいのかが一目瞭然になりました。

たとえば、燃えるゴミだったら「炎のマーク」が施されていたり、キャップに関してはキャップの大きさの穴までできているほどです。

これは、ゴミ箱が何をどこに捨てるべきかの情報をアフォード(提供)していて、それをわれわれがピックアップ(受け取る)しているからと言えます。

 

動画のボタン

動画が普及した現代であれば、このボタンが何を意味するか分かりますよね?

左から、「再生ボタン」「一時停止ボタン」「リピートボタン」ですね。

それぞれのボタンは、それぞれ別々の情報をアフォード(提供)していて、それをわれわれ人間がピックアップ(受け取る)しているということです。

 

アフォーダンス理論をマーケティングに活用する方法

ではここからは、アフォーダンス理論をマーケティングに活用する方法について解説します。

 

ウェブデザインに活用する

アフォーダンス理論を活用することで、読者を回遊させたり、クリック率を高めたりすることができるようになります。

 

リンクを工夫する

ブログのSEO(検索エンジン最適化)では、別のページに飛んでもらうことが大切になります。

なので、別の記事に飛んでもらうための工夫をしなければなりません。

 

では、下記の2つのうちどちらのリンクの方がクリックしようと思うでしょうか?

100%下のリンクですよね。

これはどこのブログでも採用されているものなので、あまり意識する必要はありませんが、

もしもリンクが光っていない場合は、すぐに上記のように目立つように改善しましょう。

 

ボタンを工夫する

CTR(クリック率)を高めるためには、ボタンの工夫は死ぬほど大切になります。

たとえば、下記の2つのボタンだったら、どちらのボタンの方がクリックしようと思いますか?

どう考えても下のボタンですよね。

このように、立体感を持たせ、矢印のアイコンをいれたボタンを作成することで、

「押す」という情報をアフォード(提供)し、クリック率を高めることができるようになるのです。

 

ひとめで分かるアイコン

虫眼鏡アイコン

たとえば、虫眼鏡のアイコンを使うことで、「ここで検索するんだ!」と思わせることができるようになります。

 

ハンバーガーアイコン

他にも、ハンバーガーアイコンによって、カテゴリー別に記事を見てもらうことができるため、回遊率が非常に高まります。

※左上の横3本線のアイコンがハンバーガーアイコンになります

 

SNSに誘導

オータニのブログの場合、オータニが更新しているSNS情報をトップページに記載しているのですが、下記のような感じに仕上げています。

このようにした結果、公式LINEへの登録率が1.5倍ほどアップしました。

興味がある方は、ぜひトップページをご覧ください。

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. アフォーダンス理論とは
  2. アフォーダンス理論の具体例
  3. アフォーダンス理論の活用方法

というテーマでブログを執筆しました。

 

参考図書

let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。