【ダニング・クルーガー効果】能力の低い人が能力を高く見積もる理由

let's share

【メインチャンネル】の登録はこちら!
↓↓↓

 

 

ダニング・クルーガー効果とは、能力の低い人は、自分の能力を高く見積もる傾向があるという心理効果のことです。

 

たとえば、学力の無い人に、自分の点数を予想させると、高めに見積もる傾向があり、予想とかけ離れた点数になっていることがあります。

他にも、スポーツなどで、全く練習をしていないのに選抜されると思い込んだりする人もいます。

さらに、あるアメリカの調査では、83%の人たちが「車の運転に自信がある」と回答しているようです。

このように、能力の低い人たちは、自分の能力を高く見積もる傾向があるようです。

 

しかし、なぜこのようね現象が起きてしまうのでしょうか?

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. ダニング・クルーガー効果とは
  2. ダニング・クルーガー効果から脱する方法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

ダニング・クルーガー効果とは

ダニング・クルーガー効果

能力の低い人は、自分の能力を高く見積もる傾向があるという心理効果

 

ダニング・クルーガー効果の由来

ダニング・クルーガー効果は、アメリカ・コーネル大学のデビット・ダニング教授とジャスティン・クルーガー教授により発見され、

これらふたりの名前をそれぞれ取って「ダニング・クルーガー効果」と名付けられました。

 

ダニング・クルーガー効果の実験

ダニング教授は、被験者の学生に45点満点の大学試験で、どれくらいの点数が取れると思うかを見積もらせました。

その後、実際に大学試験を受けてもらい、彼らを上位25%と下位25%に分けました。

 

すると、下記のような結果になりました。

  • 上位25%
    →ほぼ正確に自分の点数を予測できていた
  • 下位25%
    →予想:33点
    →結果:25点(8点の差があった)

 

能力がある人は、自分の能力をほぼ正確に見積もることができていたのですが、

一方で、能力が無い人は、自分の能力を過大評価し、正確に見積もることができていなかったのです。

つまり、能力の無い人たちは、自分の能力が無いことにも気づけていないということですね。

 

ダニング・クルーガー効果はなぜ発動するのか

理由は大きく分けて2つです。

  1. 無知だから
  2. 自分を保護したいから

 

①無知だから

能力の無い人が自分の能力を過大評価してしまうのは、自分の能力をはかるための知的材料がないからです。

そのため、自分に能力があると勘違いしてしまうのです。

つまり、自分の能力をはかることができないので、希望的観測で自分の能力を評価してしまうということです。

 

ソクラテスの名言

無知の知を知るなり

 

これは、「自分はまだ何も知らないということを自覚しましょう」という意味でソクラテスが放った名言になります。

これにより、「真の知」を追求できるとしています。

 

たとえば、「私は営業についてなんでも知っている!」と考えてしまうと、それ以上学ぼうとしなくなるため、レベルが上がっていかないわけです。

「いや、私はまだまだだ!」と自覚することで、営業についてさらに理解を深めることができるようになるのです。

 

②自分を保護したいから

能力の無い人が自分の能力を過大評価してしまうのは、自分には能力が無いと思いたくないからです。

もしもそのような感じてしまうと、自尊心が低下してしまい、精神的に辛くなってしまいます。

だから、無意識の中で「自分には能力がある!」と思い込むことで、その自尊感情を高めているわけです。

 

ダニング・クルーガー効果の2つのデメリット

ではここからは、ダニング・クルーガー効果によるデメリットを2つ解説していきます。

  1. 成長できない
  2. 周りからの評価が下がる

 

①成長できない

ダニング・クルーガー効果に陥っている人は、自分の能力を高く見積もっているため、それいじょう成長するためのアクションを取ろうとしません。

なので、ずっと無能のまま。

だから、どこかのタイミングで自分の「無能さ」に気づかなければならないですよね。

 

たとえば、いつも遅刻ばかりで、周りと比べると全く練習をしていないにも関わらず、「絶対に選抜に選ばれるに違いない!」と勘違いし続けていたら、

ダニング・クルーガー効果の影響を受けていない周りの人たちとドンドン差が開いてしまいます。

 

このように、「自分に能力が無い」と思うことは決して悪いことではなく、むしろあなたを成長させてくれる素晴らしい感覚なのです。

 

②周りからの評価が下がる

ダニング・クルーガー効果に陥っている人は、自分の能力を過大評価しているため、周りからのアドバイスを過小評価する傾向があります。

 

たとえば、同じチームメートのA君が、あなたにアドバイスをくれたとする。

しかし、あなたは自分の能力を過大評価しているため、それに一切耳をかしません。

その結果、A君からの評価だけではなく、彼の周りからの評価も落とすことにつながります。

(まだ、自分に能力があればいいのですが…)

 

ダニング・クルーガー効果から脱する方法

ではここからは、ダニング・クルーガー効果から脱するための方法について解説します。

  1. 自己分析をする
  2. フィードバックがもらえる環境を作る
  3. 学び続ける

 

①自己分析をする

自己分析をすることで、自分の能力を評価するようにしましょう。

 

自己分析で大切なことは、「数字」を意識することです。

 

たとえば、ブログの月間アクセス数の目標が5万だとする。

しかし、現在の月間アクセス数は1万。

その場合、まだ4万アクセス必要になるので、簡単に「能力が無い」と判断することができます。

そう判断することができれば、あとはそのギャップを埋めるための戦略を積極的に取るだけ。

 

②フィードバックがもらえる環境を作る

ダニング・クルーガー効果は、無意識のうちに発動してしまうため、周りからフィードバックが非常に大切です。

なので、「自分の能力はまだま」と感じる環境に飛び込むことが大切となります。

 

たとえば、小さな売上で「俺は営業の全てを知っている!」なんて思ってしまったら、それ以上の売上を作ることは難しくなってしまいます。

しかし、もっと売上を上げている営業マンがたくさんいる環境へと移ることで、

「いや、俺はまだまだだ!」と感じるようになるので、その勘違いを取っ払うことができるようになります。

違う環境に飛び込むためのコツはこちら

 

③学び続ける

仮にダニング・クルーガー効果の影響を受けていたとしても、「学び続ける」というアクションさえしていれば、全く問題はありません。

 

オータニの例

オータニは、心理学や営業に関する情報をブログやYouTubeで配信しているのですが、

たまに「俺の心理学・営業の知識は最強だ!」と勘違いしてしまうことがあります。

しかし、そんな時に読書をしていたりすると、「新しい用語」や「新しい考え方」に出会い、「危ない!勘違いしていた!」と自分の無能さに気づかされることがあります。

 

このように、学び続けていると、それと同時に自分の無能さに気づけるようになるので、ぜひ学び続けるという姿勢を忘れないでもらえればと思います。

効果的な勉強法についてはこちら

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. ダニング・クルーガー効果とは
  2. ダニング・クルーガー効果から脱する方法

というテーマでブログを執筆しました。

 

オススメ記事

本日は、自己奉仕バイアスという認知バイアスについて触れましたが、

もしもこれ以外の認知バイスについても理解を深めたいという方は、こちらの記事を参考にしていただければと思います。

【バイアス 】あなたの邪魔をする13のバイアス 【←人生をイージーにする】

2020年4月13日
let's share
有料サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。