【起承転結の例】魅力的なエピソードトークを作る方法

“お悩みくん”
  • もっと上手く話せるようになりたい…
  • もっと面白く話せるようになりたい
  • 起承転結ってなに?…
“オータニ”
こんな悩みを抱えていないでしょうか?

 

お笑い芸人さんなどのエピソードトークを聞いていると、本当に上手に!面白く! 話ができていますよね。

それを見ていると、「自分ってなんて話が下手なんだ…」とショックを受けてしまいます。

しかし、「起承転結」を理解することで、あなたもお笑い芸人さんのような、上手に!面白く! 話ができるようになるのです。

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. 起承転結とは
  2. 起承転結の具体例
  3. 起承転結の作り方

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

起承転結とは

起承転結

上手に!面白く!話をするためのフレームワーク(型)

起承転結は、映画、小説、アニメ、漫画、エピソードトーク  など様々なところで活用されています。

 

起承転結

  • =きっかけ
  • =続き
  • =変化
  • =結末

結論、上記の順番で話をすることができれば、上手く!面白い! 話ができるようになります。

では、それぞれで意識した方がいいポイントを見ていきましょう。

 

起=きっかけ

「起」では、物語の「きっかけ」を意識してスタートさせましょう。

たとえば、下記のような感じです。

桃太郎

川上から大きな桃がどんぶらこ〜どんぶらこ〜と流れてきました

 

ポイント

「起」では、「5W1H」を意識するようにしましょう。

5W1H

  • Who(誰が?)
  • What(何を?)
  • When(いつ?)
  • Where(どこで?)
  • Why(なぜ?)
  • How(どのように?)

 

『桃太郎』の場合は、

「昔々あるところに、おじいさんと、おばあさんが住んでおりました

おじいさんは、山へ芝刈りへ、おばあさんは、川へ洗濯へいきました」

のところですね。

なぜなら、状況が詳細に説明されていないと、イメージがわかないからです。

なので、聞き手が理解できるレベルで、具体的に説明するようにしましょう。

 

承=続き

「承」では、「起」の続きを説明していきます。

たとえば、下記のような感じです。

桃太郎

桃太郎は、鬼退治へいくことを決意

鬼ヶ島へいく途中、イヌ、サル、キジをお供につける

 

ポイント

「承」では、何かしらの事件を伝えるようにしましょう。

たとえば、『桃太郎』でいうのであれば、「鬼たちが悪さをしている」というものですね。

それを聞いた桃太郎が最終的に鬼退治へと向かいます。

 

転=変化

「転」では、物語の流れが大きく変わることを意識しましょう。

たとえば、下記のような感じです。

桃太郎

桃太郎たちは、鬼ヶ島に乗り込み、鬼を退治することに成功しました

※ポイントは特にありません

 

結=結末

「結」では、物語の結末を伝えましょう。

たとえば、下記のような感じです。

桃太郎

桃太郎たちは、金銀財宝を持って、村へ帰還しました

 

ポイント

結末は、そもまで長くならないようにしましょう。

なぜなら、結末を長く語っても、そこからの展開はほとんどないので、聞き手が飽きてしまうからです。

なので、結末はなるべくコンパクトにまとめるようにしましょう。

 

起承転結の例:アニメ・ドラマ

では、ここからはアニメ・ドラマを使って、起承転結の例をいくつか紹介していこうと思います。

  1. ドラえもん
  2. アンパンマン
  3. 恋愛ドラマ
  4. 学園ドラマ
  5. ミステリー

 

例1.ドラえもん

  • 起=のび太がジャイアンにいじめられ、ドラえもんが秘密道具(きっかけ)を出してくれる
  • 承=秘密道具でジャイアンを倒す
  • 転=のび太が私利私欲のために道具を使う
  • 結=自業自得な結果となる

『ドラえもん』の場合は、「ジャイアンを倒す」ところがメインではなく、「のび太が自業自得な結果となる」ところがメインになります。

 

例2.アンパンマン

  • 起=バイキンマンが悪さ(きっかけ)をする
  • 承=アンパンマンがバイキンマンを倒そうとする
  • 転=顔を濡らされてピンチとなる
  • 結=元気100倍になり、バイキンマンを倒す

 

例3.恋愛ドラマ

  • 起=男女が最悪な形で出会う(きっかけ)
  • 承=徐々にお互いが惹かれあっていく
  • 転=二人を引き裂く事件が発生
  • 結=困難を乗り越え、二人が結ばれる

これは、恋愛ドラマの常套手段ですね。

 

例4.学園ドラマ(魔法少女サイト)

  • 起=クラスメイトから酷いイジメを受けている中、魔法のステッキ(きっかけ)を手にする
  • 承=魔法のステッキを使って、イジメを解決
  • 転=魔法のステッキには様々な秘密があることを知る
  • 結=それが地獄の始まりだった…

これは、『魔法少女サイト』というアニメの例です。

アニメでは、微妙な形で終わるので、「結」の部分が抽象的になっています。

 

例5.ミステリー(僕だけがいない街)

  • 起=主人公のお母さんが殺される(きっかけ)
  • 承=小学生の時までリバイバル(過去にタイムスリップすること)してしまう
  • 転=犯人がまさかの人物だと知ったが、犯人により昏睡状態となってしまう
  • 結=15年の時を経て目を覚まし、犯人を捕まえる

これは、『僕だけがいない街』というアニメの例です。

 

起承転結の例:お笑い芸人

では、ここからはお笑い芸人さんのエピソードトークを使って、起承転結の例をいくつか紹介していこうと思います。

エピソードトークの場合、「結」の部分がオチに当たります。

 

例1.バカリズムさん

  • 起=ソファーでくつろぎながらテレビを観ていたら、尿意を催したのでそのまま放尿した(きっかけ)
  • 承=それを何度か繰り返した
  • 転=ある日起床すると、お漏らしをしていた
  • 結=オムツ生活を強いられてしまった

これは、『松本人志のすべらない話』でのエピソードトークです。

 

例2.宮川大輔さん

  • 起=憧れの女の子とデートすることになった
  • 承=パスタを食べたり、映画を観終わった
  • 転=「どんなパンツ履いてるの?」ときいたら、「キティーちゃんのパンツを履いている」と言ってきた
  • 結=パンツを見せてもらったら、キティーちゃんの繊維から毛がカーっと生えていた

 

例3.兵動大樹さん

  • 起=マクドナルドで「滑舌の悪い男性」と「女性」のカップルの会話を聞く
  • 承=女性が男性にプレゼントに「阪神の帽子」をあげる
  • 転=男性の顔が曇る
  • 結=男性は女性に「ハンチングの帽子は欲しいと言ったけど、普通間違える?」と言った

 

動画にしました

 

起承転結の作り方

ではここからは、エピソードトークの作り方について解説していきます。

作る順番



  1. 起・承

 

手順1.結

まずは、結末(オチ)を明確にしましょう。

なぜなら、オチを伝えるために、それまでのプロセスが存在するからです。

 

話が下手な人は、オチが明確にせず、見切り発車していることがほとんど。

なのでまずは、オチをどのように伝えるのか?を明確にしておきましょう。

 

宮川大輔さんのエピソード

<結>

キティーちゃんの繊維から、毛がガッサーって出てたんですよ!!!

 

手順2.転

次は、オチに持っていくための変化を考えましょう。

なぜなら、「転」はオチに入るための助走となるところだからです。

なので、「転」がしっかりしているかしていないかで、オチのインパクトは大きく変わるでしょう。

 

宮川大輔さんのエピソード

<転>

ところで、どんなパンツ履いてんのぉ〜?って話になったんですよ〜

 

手順3.起→承

「結」と「転」が完成したら、あとは「起」と「承」を順番に設計するだけです。

「起」と「承」に関しては、前述したポイントを押さえて設計してもらえればと思います。

 

宮川大輔さんのエピソード

<起>

高校1年生の時の話なんですけど〜

ある日、友達の自宅に行って、卒業アルバムを見て、可愛い子を発見して〜

<承>

デートに行けることになって〜

ご飯行って、映画にも行って〜

 

まとめ:起承転結の例

では最後にまとめましょう。

本日は、

本日のテーマ

  1. 起承転結とは
  2. 起承転結の具体例
  3. 起承転結の作り方

というテーマでブログを執筆しました。

 

起承転結を意識するだけで、あなたは上手に!面白く! 話をすることができるようになります。

なので、ぜひエピソードトークを1つ作ってみてください。

何度も作っているうちに、頭の中だけで作成できるようになりますよ!

 

もしも、その他の話し方のフレームワークについて詳しく知りたい方は、下記の記事なども参考にしてみてください。

シェア嬉しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。