著書:サイコロジーセールスを出版しました

コールドリーディング:営業の新たな武器としての活用法

オータニ

営業の現場で、顧客の反応を正確に読み取り、それに基づいて戦略を立てることは難しいと感じたことはありませんか?

顧客の情報を事前に得ることなく、その反応や行動を観察し、それを基に情報を推測する技術が求められます。これこそが、コールドリーディングという技術です。この記事では、コールドリーディングの基本と、それを営業に活用する方法について解説します。

というわけで本日は、

本日のテーマ

コールドリーディング:営業の新たな武器としての活用法

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

コールドリーディングとは

コールドリーディング

相手の非言語的な手がかりや反応、行動などを観察し、それを基に相手の情報を推測し、相手が信じやすいように情報を伝える技術のこと

コールドリーディングとは、情報を事前に得ることなく、相手の非言語的な手がかりや反応、行動などを観察し、それを基に相手の情報を推測し、相手が信じやすいように情報を伝える技術のことを指します。これは、心理学、観察力、直感、そして人間の行動パターンについての知識を駆使するものです。

コールドリーディングは、霊媒師、占い師、心理カウンセラーなどがよく使用する技術で、相手が自分について何も話していなくても、その人の性格や過去、現在の状況、未来の可能性などを「読み取る」ことができるとされています。

しかし、この技術は批判も受けています。なぜなら、コールドリーディングはしばしば詐欺的な手法として使用され、人々を誤解に導く可能性があるからです。そのため、コールドリーディングを受ける際には、その情報の信憑性を常に疑問に思うことが重要です。

コールドリーディングとホットリーディング

コールドリーディングとホットリーディングは、どちらも他人の情報を「読み取る」ための技術ですが、その手法と情報源に大きな違いがあります。

コールドリーディングは、事前に特定の情報を得ることなく、相手の非言語的な手がかりや反応、行動などを観察し、それを基に相手の情報を推測する技術です。これは、心理学、観察力、直感、そして人間の行動パターンについての知識を駆使するものです。つまり、コールドリーディングは「現場での観察と直感」に依存しています。

一方、ホットリーディングは、事前に得た情報を基に、相手についての詳細な情報を伝える技術です。これは、公的な記録、インターネット、または他の情報源から得た情報を基に行われます。つまり、ホットリーディングは「事前の調査と情報収集」に依存しています。

これらの違いを簡単にまとめると、コールドリーディングは「観察と直感」に基づき、ホットリーディングは「事前の情報収集」に基づいています。どちらの技術も、その情報の信憑性を常に疑問に思うことが重要であり、詐欺的な手法として使用される可能性があることを理解することが重要です。

コールドリーディングの具体例

ではここからは、コールドリーディングの日常的な事例を3つ紹介していきます。

  1. 営業やマーケティング
  2. カウンセリングや心理療法
  3. 占い師や霊媒師

事例1:営業やマーケティング

営業マンやマーケターは、顧客の反応や態度、言葉遣いなどから、その人が何を求めているのか、どのような背景を持っているのかを推測します。そして、その情報を基に商品やサービスを売り込むための戦略を立てます。

事例2:カウンセリングや心理療法

カウンセラーや心理療法士は、クライアントの非言語的な手がかり(例えば、身体の言語や表情)や、話し方、反応などから、その人の感情や考え方、問題を推測します。そして、その情報を基に適切なアドバイスや治療法を提供します。

事例3:占い師や霊媒師

占い師や霊媒師は、クライアントが自分について何も話していなくても、その人の性格や過去、現在の状況、未来の可能性などを「読み取る」ことができるとされています。これは、クライアントの非言語的な手がかり(例えば、身体の言語や表情)、話し方、反応などから、その人の情報を推測し、それを基にアドバイスを提供するためです。

コールドリーディングの目的

コールドリーディングの主な目的は、相手の情報を「読み取る」ことで、その人を理解し、効果的にコミュニケーションを取ることです。特に、相手から信頼を得るというプロセスは、コールドリーディングの重要な部分を占めています。

コールドリーディングでは、相手の非言語的な手がかり(例えば、身体の言語や表情)、話し方、反応などを観察し、それを基に相手の情報を推測します。これにより、相手が自分について何も話していなくても、その人の性格や過去、現在の状況、未来の可能性などを推測することができます。

このプロセスは、相手が自分を理解し、信頼してくれていると感じさせることができます。なぜなら、相手の情報を正確に「読み取る」ことで、その人が自分のことを理解し、共感してくれていると感じるからです。これは、営業マンやマーケターが顧客との信頼関係を構築するため、また心理カウンセラーや占い師がクライアントを理解し、適切なアドバイスを提供するために重要です。

コールドリーディングを営業に活用する方法

ここではコールドリーディングを営業に活用する方法を紹介します。具体的には、営業初心者でも読み取ることができる4つの情報について言及していきます。

  1. 身体情報
  2. 表情
  3. 視線
  4. 声のトーンと速度

情報1:身体情報

  1. 姿勢: 直立した姿勢は自信や意欲を示す可能性があります。一方、猫背や肩を落とす姿勢は不安や自己評価の低さを示す可能性があります。
  2. 身体の向き: 相手が体全体をあなたに向けている場合、その人はあなたに対して開放的か、興味を持っている可能性があります。
  3. 手の動き: 手を組む、手をポケットに入れるなどの動きは防御的な態度を示す可能性があります。一方、手を広げて見せる動きは開放的な態度を示す可能性があります。

情報2:表情

  1. : 目が輝いている場合、その人は興奮しているか、あなたに対して好意的な感情を持っている可能性があります。一方、目を細める、目をそらすなどの動きは不安や疑念を示す可能性があります。
  2. : 眉を上げる動きは驚きや興奮を示す可能性があります。一方、眉をひそめる動きは困惑や不満を示す可能性があります。
  3. 口を固く閉じる: 相手が口を固く閉じている場合、その人は緊張しているか、何かを隠している可能性があります。また、不満や不快感を示すこともあります。
  4. 口角の動き: 口角が上がっている場合、その人は幸せや満足感を感じている可能性があります。逆に、口角が下がっている場合、その人は不満や悲しみを感じている可能性があります。

情報3:視線

  1. 直接的な視線: 直接的な視線は誠実さや興味を示す可能性があります。
  2. 視線をそらす: 視線をそらす動きは不安や何かを隠している可能性を示す可能性があります。

情報4:声のトーンと速度

  1. 高いトーン: 高いトーンは興奮や喜びを示す可能性があります。
  2. 低いトーン: 低いトーンは落ち着きや自信を示す可能性があります。
  3. 早口: 早口は興奮や緊張を示す可能性があります。
  4. ゆっくりとした話し方: ゆっくりとした話し方は落ち着きや自信を示す可能性があります。

コールドリーディングのテクニック

ではここからは、コールドリーディングで使えるテクニックをいくつか紹介します。

  1. バーナム効果
  2. 観察力
  3. 情報の再解釈

テク1:バーナム効果

一般的であいまいな記述を用いて、それが特定の個人に当てはまるように見せかけます。例えば、「あなたは時々、自己評価が低くなることがあります」のような表現は、ほとんどの人に当てはまる可能性があります。

テク2:観察力

相手の服装、アクセサリー、身体言語、表情、話し方などを注意深く観察します。これらの情報は、その人の性格や感情状態、価値観などを推測するのに役立ちます。こちらについては前述した4つの情報を読み取ることができれば問題ありません。

テク3:情報の再解釈

相手から得た情報を再解釈し、それを新たな情報として提供します。例えば、相手が「最近、仕事が忙しい」と言った場合、それを「あなたは仕事に対する責任感が強い人ですね」と再解釈することができます。すると、最初は納得していなかったのに「確かに!」と納得させることができるようになります。

created by Rinker
フォレスト出版
¥1,760 (2024/05/19 15:15:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

本日のテーマ

コールドリーディング:営業の新たな武器としての活用法

コールドリーディングは、相手の非言語的な手がかりを観察し、それを基に情報を推測する技術です。具体的な方法としては、顧客の身体情報、表情、視線、声のトーンと速度を読み取り、それを基に戦略を立てます。

これらの技術は、顧客との信頼関係を構築し、効果的なコミュニケーションを取るためには非常に重要なものとなります。今までコールドリーディングについて知らなかった方は、ぜひこれを機に勉強していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です