エレベーターピッチのテンプレート|一瞬で魅了するプレゼン術

“お悩みくん”
  • 正々堂々と自分や商品・サービスを紹介できるようになりたい…
  • 一瞬で相手の心を掴めるようになりたい
“オータニ”
こんな悩みを抱えていないでしょうか?

 

昔はオータニも、自分や商品・サービス、企画などを正々堂々と紹介することができませんでした。

なので、他者からポジティブな評価をもらったことは皆無でしたし、その度に、悔しい思いをたくさんしてきました。。。

 

しかし、あるものを設計することで、臆することなく、正々堂々と自分や商品・サービスをアピールすることができるようになったのです。

それが、エレベーターピッチだったのです。

なので、ぜひこの記事を読みながら、一緒にエレベーターピッチを作成していきましょう。

 

というわけで本日は、

本日のテーマ

  1. エレベータピッチとは
  2. エレベータピッチのメリット
  3. GTCメモの作り方
  4. エレベータピッチの作り方
  5. エレベータピッチの具体例

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

エレベーターピッチとは

エレベーターピッチ

短時間で、自分、商品・サービス、企画などを売り込むこと

日本語に訳すと、「エレベーター(elevator)=エレベーター」「ピッチ(pitch)=打ち出し」となります。

エレベーターピッチは、基本的に15~30秒で設計されることが多いですね。

▼▼

 

エレベーターピッチの語源

エレベーターピッチの発祥の地は、数々の優秀なビジネスパーソンが在籍するシリコンバレーです。

エレベーターピッチの語源は、

「起業家が、エレベーターに乗った投資家に、目的階へ到着するまでに、商品・サービス、企画を売り込む」

というところから来ています。

 

例:30秒でチャンスを掴んだ男

投資家として有名なウォーレン・バフェット氏に関するある有名な話があります。

 

ある日、ダイヤモンド販売チェーンのオーナーであるハーツバーグJr氏は、

ニューヨークのホテルでウォーレン・バフェットを見かけると、彼に駆け寄り「自社がいかに投資に値するか?」を説明しました。

説明を聞き終えたバフェットは、「詳しい資料を送ってください」と伝えその場は終わりました。

 

結果、その1年後に、ハーツバーグ氏は、自社を売却することに成功したそうです。

そのエレベーターで話をした時間は、たったの30秒だったそうです。

 

エレベーターピッチのメリット

しかし、エレベーターピッチにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

結論:正々堂々と伝えることができる

エレベーターピッチを作成しておくことで、自信満々に商品・サービスなどを伝えることができます。

なぜなら、しっかり準備ができている状態だからです。

たとえば、ガリガリの体で、マッチョの相手と闘うのって怖いですよね?

 

このように、エレベーターピッチを作成するという準備をしておくことは自信に繋がります。

なので、「自己紹介してください」なんて言われた時も、正々堂々と自分や商品・サービス、企画をアピールすることができるようになるのです。

 

最重要:大切なのは「どう伝えるか?」

自信を持って伝えるか?弱々しく伝えるか? は生死を分けると言えるでしょう。

なぜなら、人は「どう伝えるか?」に影響を受けるからです。

つまり、主張が一緒だったとしても、それをどう伝えるか?で全く別の解釈をされてしまうのです。

 

例:契約率を高めるには

あなたが顧客だとして、営業マンから「〇〇さんをしっかりサポートさせていただきます」という主張を伝えられるとする。

 

その際、下記の二人の営業マンのどちらからだったら、安心して商品・サービスを購入できますか?

営業マンA

「〇〇さんをしっかりサポートさせていただきます!!!」と正々堂々と伝えられる

営業マンB

「〇〇さんを…し、し、しっかりサポートさせて…いただきます」と弱々しく伝えられる

 

言わなくても分かりますよね?

つまり、主張は一緒でも、伝え方ひとつでその解釈が180°変化するのです。

だから、エレベーターピッチを作成し、自信を持つことが大切なのです。

 

エレベーターピッチと「GTCメモ」

GTCメモ

エレベーターピッチに欠かせないメモ

GTCメモ

  • G=Goal(自分が望む結果)
  • T=Target(相手が望む結果)
  • C=Connect(自分と相手の結果を結びつけるもの)

それぞれ解説していきます。

 

G=Gaol(自分が望む結果)

まずは、自分の目的を明確にしましょう。

なぜなら、目的が明確になっていないと、端的に要点を伝えることができないからです。

 

💡ポイント

エレベーターピッチ内の目的は1つに絞り込むようにしましょう。

なぜなら、短い時間でたくさんのメッセージを詰め込むと、聞き手も混乱してしまうからです。

 

例:パソコン

パソコンを買ってもらう!

 

他にも営業コンサルタントをやっているのであれば、「セミナーに参加してもらう」というものでも大丈夫です。

つまり、直近の目的を明確にすればいいのです。

このように、まずは「聞き手に最終的にどのような行動を取ってもらいたいのか?」を明確にするようにしましょう。

 

T=Target(相手が望む結果)

次に、相手のニーズを明確にしましょう。

なぜなら、商品・サービスは、相手のニーズを満たすための手段だからです。

 

💡ポイント

なので、エレベーターピッチでは、相手のリサーチが必要になります。

なぜなら、ニーズはひとそれぞれだからです。

 

たとえば、「パソコンが欲しい!」というニーズも下記のように細分化することができます。

  1. デスクトップパソコンが欲しい
  2. 軽いパソコンが欲しい
  3. 簡単に動画編集ができるパソコンが欲しい

①のニーズを持った人に、②のエレベーターピッチをしても、絶対に響かないですよね?

 

例:パソコン

  • デスクトップパソコンが欲しい
  • 軽いパソコンが欲しい
  • 簡単に動画編集ができるパソコンが欲しい

前述した通り、ニーズは人によって違いますので、必ずリサーチするようにしましょう。

 

C=Connect(相手と自分を結びつけるもの)

ラストは、相手と自分を結びつける理由を伝えます。

 

例:パソコン

たとえば、自分と相手が望む結果が下記ものだったとする。

  • G(自分が望む結果)=パソコンを買ってもらう!
  • T(相手が望む結果)=簡単に動画編集ができるパソコンが欲しい

 

その場合は、Connect(自分と相手を結びつけるもの)は下記のようになります。

  1. MacBookのパソコンは、簡単に動画編集できるソフトがたくさん揃っているから
  2. 有名YouTuberさんの多くは、MacBookを使って動画編集をしているから
  3. 動画編集をしている人たちの多くは、MacBookユーザーなので、分からないことがあれば、すぐに助けを求めることができるから

このように、自分と相手を結びつける「理由」を伝えるようにしましょう。

 

動画にしました

 

エレベーターピッチを作成する

エレベーターピッチを作成する順番はこちらです。

  1. フック
  2. ポイント
  3. クロージング

これを、先ほど作った「GTCメモ」に当てはめて作成していきます。

 

ステップ1.フック

フックとは、相手の心を掴む第一声のことです。

ここでは「GTCメモ」の、「T(相手の望む結果)」を使います。

例:パソコン

簡単に動画編集ができるパソコンが欲しい

 

💡ポイント

フックは、「質問形式」で行うようにしましょう。

なぜなら、人は質問をされると、反射的に注意が向くようになるからです。

たとえば、「好きな映画はなんですか?」と質問をされて、シカトするなんてことは少ないですよね?

 

さらに、クイズのような質問をすることで、さらに興味を引きつけることができます。

もしも、相手の興味を引きつける質問の方法を知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

【興味付け】相手から興味を引き出す3つの質問話法

 

例:パソコン

簡単に動画編集ができるパソコンって、どのメーカーさんからのものかご存知ですか?

結論、MacBookなんですよ!

 

ステップ2.ポイント

ポイントとは、自分と相手を結びつける商品・サービスのメリットのことです。

ここでは「GTCメモ」の、「C(自分と相手を結びつけるもの)」を使います。

例:パソコン

  1. MacBookのパソコンは、簡単に動画編集できるソフトがたくさん揃っているから
  2. 有名YouTuberさんの多くは、MacBookを使って動画編集をしているから
  3. 動画編集をしている人たちの多くは、MacBookユーザーなので、分からないことがあれば、すぐに助けを求めることができるから

 

💡ポイント

ポイントの数は、3つにするようにしましょう。

なぜなら、1~2個だと「物足りない…」と感じさせてしまいますし、4個だと「クドイ…」と感じさせてしまうからです。

もちろん、3つ無ければ無理に作る必要はありませんが、なるべく3つまで提示するようにしましょう。

 

例:パソコン

  1. 1つ目は、MacBookのパソコンは、簡単に動画編集できるソフトがたくさん揃っているからです。
  2. 2つ目は、有名YouTuberさんの多くは、MacBookを使って動画編集をしているからです。
  3. 3つ名は、動画編集をしている人たちの多くは、MacBookユーザーなので、分からないことがあれば、すぐに助けを求めることができるからです。

 

ステップ3.クロージング

クロージングとは、行動要請のことです。

ここでは「GTCメモ」の、「G(自分が望む結果)」を使います。

例:パソコン

パソコンを買ってもらう

 

💡ポイント

商品・サービスに限定性を持たせるようにしましょう。

なぜなら、人は限定された対象の価値を高く見積もる性質があるからです。

たとえば、バーゲンセールなどで、「限定100個!」などと言われると、「なんとしても手に入れないと!」と感じてしまいますよね?

 

限定する対象

  • 数量
  • 日数
  • 地域
  • 会員

 

もしも、限定性について詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

【希少性の原理】を営業・マーケティングに活用する方法

 

例:パソコン

かなりの人気商品で、残り在庫が3つほどしかないのですが、お持ちしましょうか?

 

エレベーターピッチを完成させる

簡単に動画編集ができるパソコンって、どのメーカーさんのものかご存知ですか?

結論、MacBookなんですよ!

 

もしよろしければ、15秒ほどお時間いただけますか?

動画編集をされるのであれば、MacBookがオススメです。

理由は3つあります。

  1. 簡単に動画編集できるソフトがたくさん揃っているから
  2. 他にも、有名YouTuberさんの多くは、MacBookを使って動画編集をしているから
  3. さらに、動画編集をしている人たちの多くは、MacBookユーザーなので、分からないことがあれば、すぐに助けを求めることができるから

以上のことから、MacBookがオススメとなります。

 

かなりの人気商品で、残り在庫が3つほどしかないのですが、お持ちしましょうか?

 

エレベーターピッチの例

では、「営業コンサルタント」としてのエレベーターピッチを作成します。

 

GTCメモを作る

ではまずは、GTCメモを作りましょう。

 

G=Goal(自分が望む結果)

あなたが最終的に望む結果は?

セミナーに参加してもらう

 

T=Target(相手が望む結果)

相手が最終的に望む結果は?

紹介の数を増やしたい

 

C=Connect(相手と自分を結びつけるもの)

相手は、なぜあなたの望みに従う?

  1. 弊社のセミナー講師は、10年間紹介だけで売上を作り続けているから
  2. 紹介営業をマスターすれば、営業に力を入れなくても、契約を取ることができるから
  3. 「多忙な営業マン」から「余裕のある営業マン」になることができるから

 

エレベーターピッチを作成する

では、GTCメモを元に、エレベーターピッチを作成しましょう。

 

フック

(Tを参考に)

「紹介だけで、売上を上げ続けたい!」と思いませんか?

 

ポイント

(Cを参考に)

  1. 弊社のセミナー講師は、10年間紹介だけで売上を作り続けているベテランだからです
  2. さらに、紹介営業をマスターすれば、営業に力を入れなくても、契約を取ることができるから
  3. これにより、「多忙な営業マン」から「余裕のある営業マン」になることができるから

 

クロージング

(Gを参考に)

今月はあと3名で満席となってしまうのですが、25日の19時ってお時間空いていますでしょうか?

 

エレベーターピッチを完成させる

「紹介だけで、売上をあげ続けたい!」と思いませんか?

もしも、よろしければ、弊社で開催しているセミナーについてお話させていただければと思うのですが、15秒程お時間いただけますか?

紹介だけで売上を上げたいのであれば、弊社のセミナーがオススメです。

 

理由は大きく分けて3つあります。

  1. 弊社のセミナー講師は、10年間紹介だけで売上を作り続けているベテランだからです!
  2. さらに、紹介営業をマスターすれば、営業に力を入れなくても、契約を取ることができるようになります。
  3. これにより、「多忙な営業マン」から「余裕のある営業マン」になることができるからです。

 

実は、今月はあと3名で満席となってしまうのですが、25日の19時ってお時間空いていますでしょうか?

 

おすすめ図書:営業

 

まとめ:エレベーターピッチのテンプレート

では最後にまとめましょう

本日は、

本日のテーマ

  1. エレベータピッチとは
  2. エレベータピッチのメリット
  3. GTCメモの作り方
  4. エレベータピッチの作り方
  5. エレベータピッチの具体例

というテーマでブログを執筆しました。

 

エレベーターピッチを作成することで、正々堂々とプレゼンテーションを行うことができます。

結果、あなた、商品・サービス、企画 の売り込みに成功できる可能性が大きく上がるでしょう。

なので、本日の記事を読みながら、ぜひエレベーターピッチを設計してもらえればと思います。

 

もしも、営業についてさらに理解を深めたいという方は、下記の記事なども参考にしてください。

 

 

シェア嬉しい!

オンラインサロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。