無料のオンラインサロンはこちら

【バイアス 】あなたの邪魔をする13のバイアス 【←人生をイージーにする】

 

バイアスとは、ざっくり言うと「偏見」のことです。

その他の定義

「認知の偏り」「思考のクセ」など

われわれは、バイアスにより、脳に様々なエラーが生じてしまっています。

たとえば、

  • メガネをかけている男性を見て、「あの人は頭が良いに違いない!」と感じてしまって、投資詐欺に騙されてしまったり…
    (ハロー効果)
  • まだ大事な仕事が終わっていないのに、簡単な仕事から処理しようとして、期日までに大切な仕事が終わらなかったり…
    (達成バイアス)
  • 自分にとって都合の悪いモノは認識することができなくなったり…
    (確証バイアス)

などですね。

 

これらバイアスは、われわれの生活の中に転がっているため、しっかり回避していく必要があります。

だから、これらバイアス は、「思考の罠」と表現をするのもすごくいいでしょう。

 

ではどうすれば、「思考の罠」を避けることができるのでしょうか?

その方法は、「どんな罠がどこに落ちているのか?」を知るだけです。

 

というわけで、本日は

本日のテーマ

  1. バイアスとは
  2. バイアス の種類
  3. バイスの対策

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

 

【バイアス 】あなたの邪魔をする13のバイアス

バイアス

偏見、認知の偏り、思考のクセ

ではここからは、13のバイスについてそれぞれ詳しく解説していこうと思います。

 

ハロー効果

ハロー効果とは、ある突出した特徴によって、その他の要素が歪められて判断されてしまう心理現象のことです。

 

具体例

  • メガネをかけた人を「頭が良いに違いない!」と判断してしまう
  • 髪の毛がボサボサな人を「この人は仕事ができないに違いない!」と判断してしまう
  • 言葉遣いが悪い人を「この人は冷たいに違いない!」と判断してしまう

 

対策

ある特徴だけをみて、全てを判断しないこと!

 

現状維持バイアス

現状維持バイアスとは、現状を維持しようとする人間の本能のことです。

これは、変化することに恐怖を感じることから起こるバイアスですね。

 

具体例

  • 転職したいけど、なかなか踏み出せない…
  • 副業・起業にチャレンジできない…
  • 新しい習慣を送れない…

 

対策

いきなり大きな行動をするのではなく、小さな行動からスターとする!

たとえば、毎日3000文字のブログ記事を執筆するのであれば、スタートは毎日300文字の記事を執筆する。

現状維持バイアスの具体的な対策はこちら

 

確証バイアス

確証バイアスとは、自分に都合の良い情報しか認識できなくなるという心理現象のことです。

これは、「自分のことを信じたい!」という欲求から起こるバイアスですね。

 

具体例

  • 優しかった時のことが忘れられなくて、ダメ彼氏と別れられない…
  • 占いが当たったから、それ以降の占い結果を全て信じ込んでしまう…
  • 浮気をしたことがある彼氏の行動が、全て浮気を疑う行動に見えてくる

 

対策

全てのことに「?」を付けること!

 

確証バイアスの具体的な解説はこちら

 

達成バイアス

達成バイアスとは、重大なタスクを先延ばしにして、すぐに達成できる小さなタスクから取り組もうとする心理現象のことです。

これは、「大変なタスクを後回しにしたい…」という欲求から起こるバイアスですね。

 

具体例

  • 3,000文字のブログを執筆する前に、ダラダラとTwitterを呟く…
  • 重患よりも先に軽患を先に治療した結果、重患が亡くなってしまった…

 

対策

  • 5秒ルールを使うこと!
  • 条件型の計画(if thenプラン)を立てること!

 

メル・ロビンスの5秒ルール|やる気を高め人生を変えるコツ
【習慣化のコツ】ブログを280日連続更新できる理由【←if thenプランニング】

 

サンクコストバイアス

サンクコストバイアスとは、コスト(お金・時間・労力)を投下した対象の価値を高く見積もってしまうという心理現象のことです。

これは、「もったいない!」という欲求から起こるバイアスですね。

 

具体例

  • パチンコで1万円負けてしまったため、元を取ろうとさらに1万円を投下する…
  • かなり時間をかけて購入した株が下落しているが、なかなか損切りができない…
  • それまでたくさんの貢物をしてきたため、彼女から別れを告げられても納得できない…

 

対策

  1. コストをかけるボーダーラインを決める
  2. 客観視する
  3. 失敗だと認める

 

サンクコスト効果の具体的な対策はこちら

 

正常性バイス

正常性バイアスとは、自分に都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりする心理現象のことです。

これは、「自分を信じたい!」という欲求から起きるバイアスですね。

 

具体例

  • 「地震が起きているけど、私の住んでいる地域は絶対に大丈夫だ!」
  • 「私が絶対に投資詐欺に引っかかるわけがない!」

 

対策

「自分なら大丈夫!」と思わないこと!

つまり、誰にでも平等に事態は起こると考えるましょう。

 

自己奉仕バイアス

自己奉仕バイアスとは、成功を自分の資質のためとし、失敗を他者や環境のせいにするという心理現象のことです。

補足説明

  • 成功を自分の資質のためとすることを「自己高揚バイアス」
  • 失敗を他者や環境のせいにすることを「自己保護バイアス」

ともいいます。

これは、「自分をよりよく見せたい!」「自尊心を高く保ちたい!」という欲求から起こるバイアスですね。

 

具体例

  • 「テストで100点取れたのは、私の頭が良いからだ!」
  • 「私が遅刻したのは、電車が遅延していたからだ!
  • 「私の絵が売れないのは、人々の感性が低いからだ!」

 

対策

全てのできごとをなるべく、外部要因ではなく内部要因にすること!

その方が、成長につながります。

自己奉仕バイアスの具体的な解説はこちら

 

フォールス・コンセンサス効果

フォールス・コンセンサスとは、他人も自分と同じように感じ・考えるだろうという心理効果のことです。

自分の考えが適切だと考えているため、それに逸脱した人を見た時、「特別な人だ!」とか「変わっているなぁ〜」と感じます。

 

具体例

  • 「彼は、私とは別次元にいる人だ!」
  • 「彼はなんて自分勝手な人なんだ!」
  • 「こんな簡単なテストなのに、50点しか取れないの!?」

 

対策

自分の考えと他人の考えを切り離そう!

 

後知恵

後知恵あとぢえとは、何か事が起こってから、後で原因に言及することです。

「後からだったらなんとでも言える」ってやつですね。

 

具体例

  • 「絶対にコイツが犯人だと思ってた!」
  • 「絶対に経済が後退すると思っていた!」
  • 「そんなことずっと前から分かってたよ?」

 

対策

事後にその原因を決めつけるのではなく、「?」を付ける!

決めつけてしまうと、そこで思考にロックがかかるので、成長が止まってしまいます。

 

ダニング・クルーガー効果

ダニング・クルーガー効果とは、能力の低い人は自分を過大評価し、能力の高い人は自分を過小評価するという心理現象のことです。

 

具体例

  • テストの予想点数が80点だったが、結果は50点だった…
  • 周りから技術を評価されているが、自分では「いや、まだまだだ!」と評価する

 

対策

  • 自分の能力をあげるため、コンフォートゾーン(現状維持をしている空間)から抜け出す!
  • 「自己効力感」を高める!

レベル上げのために、コンフォートゾーンから抜け出すのは良いのですが、他者とのレベルの差にショックを受けてしまったらショックを受けてしまうので、それと同時に「自己効力感」も高めましょう。

 

コンフォートゾーンから抜け出す方法はこちら
自己効力感を高める方法はこちら

 

内集団・外集団バイアス

内集団・外集団バイアスとは、集団内の人たちを「仲間」と見なし、集団外の人たちを「敵」と見なす心理現象のことです。

これは、人間の本能によるバイアスですね。

だから、相手との共通点を発見することで、信頼を獲得することができるようになります。

>>共通点の発見の方法はこちら

 

具体例

  • 〇〇さんも、阪神ファンなんですね!
  • 私が大好きな「ネコ」を否定するなんて!

 

対策

  • 共通点を発見する!
  • 他者を否定しないこと!

 

共通点を発見する具体的な方法はこちら

 

情報バイアス

情報バイアスとは、情報の量が増えると、決断できなくなったり、決断の質が低下する心理現象のことです。

補足説明

情報の量が増えると、決断できなくなる現象を「選択回避」といいます

 

具体例

  • 「品揃えを増やしてしまったため、売上が落ちてしまった…」
  • 「決断することが多く、夕方になると脳疲労がすごい…」

 

対策

  • 販売者は、消費者に選択肢を与えすぎないこと!(せいぜい3つ)
  • 日々の生活の中の決断を減らすこと!

 

日々の生活の中の決断を減らす方法はこちら

 

単一原因の誤謬

単一原因の誤謬とは、あるできごとの成功・失敗の原因は、たった1つだと勘違いをしてしまうことです。

特定のものごとは、多くの原因が重なった結果起こったことです。

 

具体例

  • 彼が成功した理由は、「人柄」だ
  • 彼が上手く行かないのは、「行動不足」だ
  • 彼の自殺の原因は、「家族環境」だ

 

対策

特定の成功・失敗の原因を最低でも3つは探すこと!

すると、目標達成するスピードが上がります。

単一原因の誤謬を克服する具体的な方法はこちら

 

まとめ

本日は、

本日のまとめ

  1. バイアスとは
  2. バイアス の種類
  3. バイスの対策

というテーマでブログを執筆しました。

 

ヒューリスティックとは

「バイアス」と似たような概念が「ヒューリスティック」です。

ヒューリスティックもバイアス同様にあなたの足を引っ張る「思考の罠」となりうる存在なので、ぜひこちらの記事をチェックしていただければと思います。

ヒューリスティクス

【ヒューリスティック】とは?4種類のヒューリスティックとその対策

 

オススメ図書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。