著書:サイコロジーセールスを出版しました

バイアスとは|悪い影響を与える13種類のバイアス

バイアスとは、「思考のクセ」のことです。

たとえば、メガネをかけている人に対して、「頭が良さそう〜」と評価してしまうことってありませんか。実は、これはハローバイアスというバイアスによるものです。つまり、「メガネをかけている人は、頭がいい!」という思考にクセがあるわけです。

しかし、なぜバイアスについて理解を深める必要があるのでしょうか。

というわけで、本日は

本日のテーマ

バイアスとは|悪い影響を与える13種類のバイアス

というテーマでブログを執筆していこうと思います。

バイアス とは

バイアス

思考のクセ、偏見、認知の偏り

バイアスとは、ある特定の方向やグループに対して偏った見方や評価を行うことです。これは、個人の経験、教育、文化的背景、感情などが影響することが一般的です。バイアスは、様々な形で現れることがあり、以下にいくつかの例を挙げます。

バイアスは、意思決定や判断、評価、コミュニケーションなどのさまざまな状況で問題を引き起こす可能性があります。したがって、自分自身や他人のバイアスに対して意識的であることが重要です。バイアスを理解し、それを克服することで、より公正で正確な判断や意思決定を行うことができます。

バイアスのメリット・デメリット

バイアスは一般的にはネガティブなイメージがありますが、メリットも存在します。以下に、バイアスのメリットとデメリットの例を紹介します。

メリット

1:速やかな意思決定

例えば、火事が発生した際、自分たちの家族や友人が危険にさらされていると無意識に感じるバイアスが働くことがあります。このバイアスのおかげで、迅速に避難行動を取ることができるでしょう。しかし、時には冷静な判断が必要な状況でも、バイアスが働くことで過剰に反応してしまうことがあります。

デメリット

1:誤った判断

例えば、友人が新しいレストランをすすめる際に、その友人がいつも好みが合わないというバイアスが働くことで、そのレストランに行かないと決めてしまうことがあります。しかし、実際には、そのレストランは自分の好みに合っている可能性があるため、このバイアスが誤った判断を引き起こすことがあります。

2:差別や偏見

ある街で犯罪が多いという情報を聞いたことがあり、その街に住む人々に対して否定的なイメージを持ってしまうことがあります。これは代表性バイアスの一例であり、その街の全ての人々が犯罪に関与しているわけではないにもかかわらず、偏見を持ってしまうことがあります。

バイアスがもたらすメリットとデメリットを理解し、その影響を適切に評価することで、より公正で正確な判断や意思決定を行うことができます。状況や目的に応じて、バイアスを適切に利用することも重要です。ただし、バイアスがもたらすデメリットに注意し、常に客観的で公平な視点を持つことが望ましいです。

バイアスとヒューリスティック

バイアスとヒューリスティックは、どちらも人間の判断や意思決定に関連する概念ですが、その違いを以下のように説明できます。

  • バイアス:ある特定の方向やグループに対して偏った見方や評価を行うこと
  • ヒューリスティック:情報を簡略化し、問題解決や意思決定を迅速化するためのショートカットのこと

事例を用いて、バイアスとヒューリスティックの違いを分かりやすく説明します。

バイアスの事例

あなたがテレビのニュースで特定の政治家が不正を行ったという報道を目にしたとします。あなたはその政治家が所属する政党全体に対して否定的なイメージを持つようになります。これは代表性バイアスの例であり、特定の個人の行動をその所属するグループ全体に当てはめてしまう傾向があります。

ヒューリスティックの事例

あなたがスーパーマーケットで新しい飲料を選ぼうとしています。その中から、一番手に取りやすい場所に置かれている商品を選ぶことを決めました。この場合、手に取りやすい場所にある商品がおそらく人気があり、美味しいだろうという代表性ヒューリスティックを使っています。これにより、短時間で選択肢を絞り込むことができます。

このように、バイアスは偏った判断をもたらす一方、ヒューリスティックは迅速な意思決定を支援する役割を果たします。ただし、ヒューリスティックが過度に使用されると、バイアスが生じることもあります。したがって、バイアスとヒューリスティックの違いを理解し、適切に対処することが重要です。

バイアスに惑わされない方法

バイアスに惑わされないためには、自分自身のバイアスに気づき、客観的な視点を持つことが重要です。以下に、バイアスに惑わされないための方法と事例を挙げます。

  1. 情報源の多様化
  2. 反証探し
  3. グループ内で異なる意見を尊重
  4. 感情と判断の分離

方法1:情報源の多様化

確認バイアスに陥らないためには、異なる視点や意見を持つ情報源から情報を入手することが重要です。例えば、政治的な問題について調べる際、自分と同じ意見を持つメディアだけでなく、対立する意見を持つメディアからも情報を得ることで、よりバランスの取れた理解ができます。

方法2:反証探し

自分の信念や仮説に反する情報や証拠を意図的に探し、自分の考えを客観的に検討することです。例えば、新しいスマートフォンを選ぶ際、自分が好きなブランドだけでなく、競合するブランドの製品も調べ、それらの利点と欠点を比較検討します。

方法3:グループ内で異なる意見を尊重

グループで意思決定を行う際、異なる意見を持つメンバーが自由に意見を述べられる環境を作ることで、グループ全体のバイアスを軽減できます。例えば、プロジェクトチームで新しいアイデアを検討する際、各メンバーに自分の意見を述べさせ、全ての意見を公平に検討することで、よりバイアスのない意思決定ができます。

方法4:感情と判断の分離

感情が判断に影響を与えるバイアスを避けるために、感情と判断を分離し、冷静に考えることが重要です。例えば、友人との関係で問題が発生した際、感情的になることなく、客観的に事実を確認し、冷静に話し合いを行うことで、適切な解決策を見つけることができます。

バイアス13選

以降では、あなたの目標達成を妨げるであろう13のバイアスを紹介していきます。

ハロー効果

ハロー効果(後光効果)

ある突出した特徴によって、その他の要素が歪められて判断されてしまう傾向

ハロー効果(halo effect)は、ある特徴や側面が良好であるという印象が、その人や物について他の特徴や側面も良好であると考える傾向です。これは、人々が第一印象や特定の特徴に基づいて全体的な評価を行ってしまうために起こります。

例えば、外見が魅力的な人に対して、その人が友好的で、信頼できるといった他の良い特徴を持っていると無意識に考えることがハロー効果です。この場合、外見の魅力が、他の特徴に対する評価に影響を与えています。

ハロー効果は、人間関係や職場での評価、商品の選択などで問題を引き起こすことがあります。例えば、外見や話し方が魅力的なために実際の能力や適性に関係なく昇進させてしまったり、美しいパッケージに惹かれて中身の品質を考慮せずに商品を購入してしまうことがあります。

現状維持バイアス

現状維持バイアス

現状を維持しようとする傾向のこと

現状維持バイアス(status quo bias)は、人々が既存の状況や選択肢を変更することに抵抗感を持ち、現状を維持しようとする心理的な傾向です。このバイアスは、変更に対する不確実性や恐怖、損失回避の原理に基づいています。人々は、損失を避けるためにリスクを冒さず、現状を維持することを好む傾向があります。

現状維持バイアスは、様々な状況で影響を及ぼすことがあります。例えば、投資においては、人々は既存の投資ポートフォリオを維持し、新しい投資機会を探求することを避けることがあります。また、消費者は、新しい製品やサービスを試すことに抵抗感を持ち、既に利用しているものを続けることを選ぶことがよくあります。

現状維持バイアスは、意思決定の効率性や正確さを損なうことがあります。新しい情報や状況が現れた場合、適切な変更を行わずに現状を維持することで、最適な選択肢を見逃す可能性があります。このバイアスに対処するためには、自分の選択肢や状況を定期的に見直し、客観的な基準に基づいて判断を行うことが重要です。また、変更に対する恐怖や不確実性を克服し、柔軟性を持って新しい選択肢や情報に対処することも有効です。

確証バイアス

確証バイアス

自分に都合の良い情報しか認識できなくなるという傾向

確証バイアス(confirmation bias)は、人々が自分の信念や仮説に一致する情報を探し求め、重視し、一方でそれに反する情報を無視したり、過小評価する心理的な傾向です。このバイアスは、人々が自分の考えを支持する証拠を見つけることに喜びを感じ、自分の信念に矛盾する情報に対して不快感を感じるために発生します。

確証バイアスは、意思決定や判断、情報の評価に影響を与えることがあります。例えば、政治的な議論において、自分の意見に賛成する情報源や意見だけを探し求め、異なる意見を持つ情報源や意見を無視する傾向があります。この結果、偏った見解を持ち続けることがあり、他者との対話や協力が難しくなることがあります。

サンクコストバイアス

サンクコストバイアス

コスト(お金・時間・労力)を投下した対象の価値を高く見積もってしまうという傾向

サンクコストバイアス(sunk cost fallacy)は、人々が過去に投資したコスト(時間、労力、金銭など)を無駄にしないように感じ、それに基づいて将来の判断や意思決定を行ってしまう心理的な傾向です。このバイアスは、損失回避の原理に基づいており、過去に投資したコストを取り戻そうとする欲求が強く働くために発生します。

サンクコストバイアスは、合理的でない判断や意思決定を引き起こすことがあります。過去の投資に囚われることで、現在や将来において最善の選択肢を見逃すことがあるのです。例えば、あるプロジェクトに多くの資金や労力を投じたにも関わらず、そのプロジェクトが失敗に終わりそうな兆候がある場合、サンクコストバイアスによってさらに資金や労力を投入してしまうことがあります。

正常性バイアス

正常性バイアス

自分に都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりする傾向

正常性バイアス(normalcy bias)は、人々が過去の経験や現状を基に、将来も現状が継続し、大きな変化や災害が起こらないという楽観的な見方をする心理的な傾向です。このバイアスは、人々が安全で安定した状況に慣れ親しんでいるために発生し、想定外の事態やリスクに対して準備や対策を怠ることがあります。

正常性バイアスは、リスク評価や意思決定に悪影響を与えることがあります。例えば、地震や洪水といった自然災害が起こる可能性がある地域に住んでいる人々が、過去に大きな被害がなかったため、今後も同様の事態が起こらないと考え、適切な防災対策を講じないことがあります。

自己奉仕バイアス

自己奉仕バイス

成功を自分の資質のためとし、失敗を他者や環境のせいにするという傾向

自己奉仕バイアス(self-serving bias)は、人々が自分の成功を自分自身の能力や努力に帰する一方、失敗を外部要因や他人の責任に帰する心理的な傾向です。このバイアスは、自尊心を保ち、自分を良い光で見せたいという欲求に基づいています。

自己奉仕バイアスは、自己評価や他人との関係に影響を与えることがあります。このバイアスにより、自分の能力や貢献を過大評価し、他人の貢献や意見を過小評価することがあります。また、自己奉仕バイアスは、自分の失敗や誤りに対して学ぶ機会を逃すことにもつながります。

フォールスコンセンサス

フォールス・コンセンサス

他人も自分と同じように感じ・考えるだろうと思ってしまう傾向

フォールス・コンセンサス効果(false consensus effect)は、人々が自分の意見や信念、行動が他人と共通していると過剰に推定する心理的な傾向です。このバイアスは、自分自身を基準に他人の考えや行動を推測するため、自分と同じように考える人が多いと誤って判断することがあります。

フォールス・コンセンサス効果は、他人とのコミュニケーションや意思決定に影響を与えることがあります。例えば、自分の意見が多数派であると過剰に推定することで、他人との意見の相違に気づかず、他者の意見や感情を理解できない状況が生じることがあります。また、このバイアスによって、異なる意見や視点に対する寛容性が低下することがあります。

後知恵バイアス

後知恵バイアス

何か事が起こってから、後で原因に言及する傾向

後知恵バイアス(hindsight bias)は、人々が過去の出来事や情報を知った後に、その結果が当初から予測できたかのように感じる心理的な傾向です。このバイアスは、「私は最初からそう思っていた」という考えに表れることが多く、過去の出来事が現在の知識によって明らかになったと誤って思い込むことがあります。

後知恵バイアスは、判断や意思決定、学習に悪影響を与えることがあります。このバイアスによって、過去の失敗や成功から学ぶ機会を逃すことがあるのです。また、後知恵バイアスは、他人の過ちや予測ミスを過剰に批判することにつながり、自分自身の予測能力を過大評価することがあります。

ダニングクルーガー効果

ダニング・クルーガー効果

能力の低い人は自分を過大評価し、能力の高い人は自分を過小評価するという傾向

ダニング・クルーガー効果は、人々が自分の能力や知識を過大評価する傾向があることを指す心理現象です。この効果は、実際には能力が低い人ほど、自分の能力や知識を過大評価し、逆に実際に能力が高い人ほど、自分の能力や知識を過小評価する傾向があることを示しています。

ダニング・クルーガー効果は、自己認識の歪みによって引き起こされます。能力が低い人は、自分が持っていない知識やスキルを理解できず、自分の能力を過大評価してしまいます。一方、能力が高い人は、自分が持っている知識やスキルが一般的であり、他人も同様のレベルにあると誤って考え、自分の能力を過小評価してしまいます。

ダニング・クルーガー効果は、意思決定、学習、他人との関係などに影響を与えることがあります。能力が低い人が自分の能力を過大評価することで、適切な助言や指導を受け入れず、自己改善の機会を逃すことがあります。また、能力が高い人が自分の能力を過小評価することで、リーダーシップの発揮や適切な意思決定を行うチャンスを逃してしまうことがあります。

内集団バイアス

内集団バイアス

自分が所属する集団内の人たちを「仲間」と見なし、集団外の人たちを「敵」と見なす傾向

内集団バイアス(in-group bias)は、人々が自分が所属する集団(内集団)のメンバーに対して肯定的な評価や好意を抱き、他の集団(外集団)のメンバーに対しては否定的な評価や敵意を抱く心理的な傾向です。このバイアスは、自分のアイデンティティを保ち、所属感や自尊心を維持するために発生します。

内集団バイアスは、人間関係や意思決定に影響を与えることがあります。例えば、このバイアスによって、内集団のメンバーの意見や能力を過大評価し、外集団のメンバーの意見や能力を過小評価することがあります。また、内集団バイアスは、対立や差別、偏見を生む要因となることがあります。

情報バイアス

情報バイアス

情報量が増えると、正しい選択ができると感じてしまう傾向

情報バイアス(information bias)とは、人々が意思決定や判断を行う際に、無関係であるか、あまり役に立たない情報に過剰に依存し、その情報によって誤った結論や判断を導き出す心理的な傾向です。このバイアスは、情報が増えることで自信を持って判断できると考えるため、不必要な情報に重きを置いてしまうことがあります。

情報バイアスは、意思決定の質や効率に悪影響を与えることがあります。例えば、関連性の低い情報に基づいて誤った判断を行うことで、適切な行動や選択肢を見逃すことがあります。また、情報バイアスは、無駄な情報収集に時間やリソースを費やすことにつながり、意思決定の過程が遅れることがあります。

敵意帰属バイアス

敵意帰属バイアス

他者の言動を“悪意のあるもの”と感じてしまう傾向

敵意帰属バイアス(hostile attribution bias)は、人々が他人の行動や意図を解釈する際に、敵意的であると誤って推測する心理的な傾向です。このバイアスは、他人の行動が曖昧で意図が不明確な場合や、対人関係での緊張や不安がある状況で特に顕著に現れることがあります。

敵意帰属バイアスは、対人関係や意思決定に悪影響を与えることがあります。例えば、このバイアスによって他人の行動や言動を敵意的と誤解し、過剰な防御や攻撃的な行動をとることがあります。また、敵意帰属バイアスは、他人との信頼関係の損失やコミュニケーションの障害を引き起こすことがあります。

レイクウォビゴン効果

レイク・ウォビゴン効果

自分を他者と比べると平均以上だと思ってしまう心理現象

レイクウォビゴン効果(Lake Wobegon effect)は、人々が自分自身や自分が所属する集団を過剰に肯定的に評価する傾向を指す心理現象です。この名前は、アメリカのラジオショー「A Prairie Home Companion」に登場する架空の町「レイクウォビゴン」に由来しており、この町ではすべての子どもたちが「平均よりも優れている」と語られていました。

レイクウォビゴン効果は、自尊心を維持するために、自分や自分の集団に対する評価を過剰に肯定的にする傾向があります。この効果は、他のバイアスと重なることがあり、自己奉仕バイアスや内集団バイアスなどと関連しています。

レイクウォビゴン効果は、意思決定や行動に影響を与えることがあります。例えば、自分や自分の集団の能力を過大評価することで、現実的でない目標を立てたり、リスクを過小評価することがあります。また、自分や自分の集団の欠点や問題点を認識しないため、改善や成長の機会を逃すことがあります。

created by Rinker
フォレスト出版
¥1,760 (2024/04/21 15:15:19時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

本日の記事の中で、あなたが翻弄されていたバイアスは見つかりましたでしょうか。バイアスを知らなければ、それらに翻弄され続ける人生を送ることになります。

なので、これからはバイアスについて意識しながら生活していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です